「大徳川展」感想

  • 2007/10/31(水) 11:06:10

長いレポートになりましたが、ここでお話したのは
「大徳川展」のほんの一部ですよ



「大徳川展」とはなんですか?という方は →
 こちら 「大徳川展」HPです




徳川260年分の品ですからそれは見ごたえありますよね。




今回見学を始めてすぐに感じたのは

その展示品の「保存状態の良さ」です




ウォーキングや旅の途中で

博物館にはよく立ち寄りますが、

ここまでほとんどの品が

当時のままにきれいに保存されていることは

あまりありません。




さすが天下の将軍様の品々ですよね




武士の頭領としての威厳、

ご子孫の保存に対する意気込み&努力、

そして保存できるだけの財力あってのものでしょうね。




これからも後世に残してもらいたいものです。




そして 今回は日本の歴史を間近に感じさせてくれました。



明治位まではまだ近代なので、

自分達の歴史とつながっているようにも感じますが、

(子供達には昭和の時代も昔のようですが…^^;)

江戸時代となると厚い壁で仕切られているような感覚です。




でも「徳川家康任征夷大将軍宣旨(せんじ)」や

「大政奉還上意書」

「大政奉還勅許写」

「徳川慶喜将軍辞職につき御沙汰書」など

日本の歴史に直接関わったものを見ると、

確かにこの世界に存在し、

歴史が流れていったことが実感できるのです。





そして、それを見学できる今の時代に生きていることに

ささやかな幸せを感じます




ちょっとおおげさなことをいってしまいましたが、つまりは

「大いに見る価値はありますよ」


ということが言いたかったのです




どうぞ興味がある方は行ってみて下さいね。




ちなみに見学の際には入場口で貸し出している

「音声ガイド」を利用するといいですよ




有料(500円)なのですが 

展示の解説文には書いていないことも

聞くことができます。(イメージ音楽入り^^)





メインの展示品だけのガイドではありますが、

解説を聞きながら品物を見ると

よりその品が目に焼きつき 鮮明に記憶に残ります。




しかもボタンひとつで

何度も同じ説明が聞けますしね^^




ルンちゃんは以前、

この音声ガイドを使用してからその良さに気づいたので、

それ以来利用するようになりました。




よろしければ一度試してみてくださいね





長くなりましたが、

これで「大徳川展」レポートは終了です。

読んで頂いてありがとうございました

次回からまた新選組記事になりますので、

また遊びに来てくださいね





徳川関連本


rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「「大徳川展」感想」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「大徳川展」レポート 〜その2〜 (2007/10/27)
『大徳川展』開催です (2007/10/04)
「大徳川展」レポート (2007/10/25)

「大徳川展」レポート 〜その3〜

  • 2007/10/29(月) 10:59:46

「姫君のみやび」

こちらが「大徳川展」の三つめのテーマです


「大徳川展」とはなんですか?という方は →
 こちら 「大徳川展」HPです




こちらには「婚礼調度」、つまり嫁入り道具がメインに展示され、

往時の華やかな婚礼の様子を思い描くことができます。




まず目に入ってくるのが立派な乗物

「竹葵牡丹紋散蒔絵女乗物」
です。

徳川綱吉に嫁いだ鷹司信子(従姫)所用と伝わる女乗物です。





よく時代劇で見るお姫様の乗物ですね。

人や小物が入ると内部は狭く感じますが、

何もないと結構広く感じますよ。




さすが女性の乗物なので、

内部にも絵がほどこされ長旅の慰めになっています。




外側は金と青金の平蒔絵、そして竹と、

両家の紋模様の「葵と牡丹」が全体にほどこされ、

婚礼は家と家とのつながりであることを

実感させるものとなっています。




「婚礼調度」は化粧道具や文具、飲食器、遊戯具など

生活のほとんどすべてのものをたずさえてくるので、

その品は数百種類にもおよぶそうですよ




でもその品々は親戚に受け継がれたり、形見になったり、

特に幕末期には財政困難で使いまわされることも

多かったみたいです。


ですから調度品すべてが現存しているわけではありません。




それでも今回は多くの姫君の雅やかな調度品が

展示されています。




私が惹かれた品は、

「葵紋松竹唐草蒔絵婚礼調度」
です。



鏡台、たらい、湯桶などかなりきちんと残っていました。

しかもこの調度品には、

これと同じ形の雛道具が(つまりミニチュアね^^)

これもきちんと残っているのです。


それは見事に複製され、当時の職人の技術の高さを

感じずにはいられません。




ここまで婚礼調度と雛道具が共に残されているものは

ないそうなので、是非見比べて欲しいところです。

(私は結構じっくり見てしまいました)




さて最後は幕末関連です^^




まず天璋院(篤姫)所用の

「萌黄地葵唐草筥牡丹文二陪織小袿」
(もえぎじあおいからくさはこぼたんもんふたえおりこうちぎ)




篤姫様は緑色がお好きだったのでしょうか?

緑地に萌黄の葵唐草、そして紫の筥牡丹が

規則正しく配置された着物です。




そのはっきりとした地と柄のコントラストは

しっかりとした意志をお持ちの篤姫様にとてもお似合いですね。



そして静寛院宮(和宮)の品々が並びます。

婚礼調度、打掛等 数多く展示され

これも圧巻なのですが、

私が以前からとても見たかった品がありましたよ。




それが「空蝉の袈裟」です。

「家茂のみやげの西陣織」
といえば

あなたもおわかりになるのではありませんか?




14代将軍家茂が征長のため西国に出陣する際、

和宮が凱旋みやげとして望んだ「西陣織」です。

しかし家茂は途中で急死し、形見として

この西陣織が和宮に届くのです。




宮は「空蝉の唐織り衣なにかせん あやも錦も君ありてこそ」

の和歌を添えて、この西陣織を増上寺に奉納し、

袈裟に仕立てて家茂の追善法要に用いたそうです。




金糸の入ったまばゆいばかりの西陣織ですが、

華やかであればあるほど家茂の思い、

和宮の思いが察せられ、胸が締め付けらます。





この「空蝉の袈裟」ですべての展示が終わりますが、

あなたはお気づきになりましたか?




一番最初に目に入った「金扇馬印」は家茂ゆかりの品、

そして最後は和宮の品で終わるのです。


意図した演出かはわかりませんがよくできていると思いませんか。




それだけで私の中では「大徳川展」に

大きな拍手を送りたいです




そして感想ですが、

長くなりそうなので次回にします。

ひっぱってすみません



071026

会場で販売の「大徳川展」の図録です^^
展示品の詳細が載っています





徳川関連本


rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「「大徳川展」レポート 〜その3〜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
『大徳川展』開催です (2007/10/04)
「大徳川展」感想 (2007/10/31)
「大徳川展」レポート (2007/10/25)

「大徳川展」レポート 〜その2〜

  • 2007/10/27(土) 11:32:40

今日も「大徳川展」レポの続きです


「大徳川展」とはなんですか?という方は →
 こちら 「大徳川展」HPです




「格式の美」がふたつ目のテーマです。





戦乱から泰平の世に移り、

武家社会も より格式を重んじるようになりました。

それは武具だけでなく、茶道具や絵画にもおよびます。




将軍が大名の屋敷を公式訪問する「御成(おなり)」にも

もてなしの茶の湯、演能などが設けられ、

将軍と大名との主従関係を認識させる意味合いの中にも、

たくさんの「武家の美」が生まれたのです。




ルンちゃんの興味は主に幕末関係資料と刀類なのですが、

人によって興味の対象は違いますよね

でもいろいろな種類の展示があるのが

今回の「大徳川展」なので、

個々の要求を充分満たしてくれると思いますよ




「お茶」に精通している方なら

こちらのコーナーに惹かれるのでしょうね。

展示されている茶器はそれぞれが名器、

そしていわくつき(?)です。




例えば「漢作肩衝(かたつき)茶入れ ー銘 新田ー」は

天下の三名物といわれた品で、織田信長も一時手にしています。




本能寺の変後、大友宗麟、豊臣秀吉の手に渡り、

大阪城落城で行方不明となりましたが、

家康の命を受けた藤重藤元、藤厳父子が

焼け跡の中から探し出しだしました。




その際一部破損していたのを

痕がわからないように修復し、

家康に献上したのです。




高さ8.6センチの小さい器なのですけどね。

器に対する「執着」はいったいなんだったのでしょう?

いろいろ考えさせられるのです。



この新田は 10/10〜11/4までの公開です。





源氏物語に興味を持つ方も多いと思いますが、

そんな方には源氏物語(河内本)は必見ですよ。




現存最古の「源氏物語」の完本だそうです。




これも金沢文庫から足利、豊臣を経て家康へ。

そして尾張家初代義直に譲られ、

側室貞松院へと移りました。




本もさることながら、

金蒔絵の書物箪笥が見事な品です。

当時の贅沢がわかりますね。

庶民の生活とは雲泥の差です。




源氏物語絵巻も入れ替え制で

私が見たのは「柏木」でしたが

平安時代に書かれた絵を

直接見ることができたのはうれしいことですよね。

(確か11/4まで、また違う段の展示になります)




他にも多数ありますが、

主な展示は殿様の所持品ですので、

華やかなうちにも「わび・さび」が感じられ

なかなかよかったですよ





でも三つ目のテーマでは

それはまばゆいばかりの品々が並びます。

最後にこれを持ってくるとは

憎いばかりの演出ですよね。




それはまた次回。

すいません、また続きます^^;



071026

会場で販売の「大徳川展」の図録です^^
展示品の詳細が載っています







徳川関連本



rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「「大徳川展」レポート 〜その2〜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「大徳川展」感想 (2007/10/31)
「大徳川展」レポート 〜その3〜 (2007/10/29)
「大徳川展」レポート (2007/10/25)

「大徳川展」レポート

  • 2007/10/25(木) 10:14:56

10月21日(日)に「大徳川展」を観てきました


「大徳川展」とはなんですか?という方は →
 こちら 「大徳川展」HPです




「徳川家の至宝が300点以上」

というだけあってかなりの見ごたえでしたよ。




「将軍の威光」「格式の美」「姫君のみやび」と

三つのテーマに分かれていましたが、

気合を入れてひとつ目のテーマを見終わったところで、

体力をほとんど使い切ってしまったほどです(苦笑)




それでもなんとか全部見て、

ヘトヘトになって帰宅しました




次の日も体力が回復せず疲労気味。。。

そのため数日遅れてのレポートになりましたが、

まだまだ興奮冷めやらぬうちにご説明したいと思います^^




さて。




最初のテーマ「将軍の威光」は

徳川家康がいかに徳川家を末永く存続させるか

そんな思惑が充分わかる史料群です。




家康が征夷大将軍になってすぐに

家督を秀忠に譲ったのも

家臣たちに忠誠を自分ではなく

「徳川家」に誓わせるため。





自分の歿後、

自らを「東照大権現」=神として祭らせたのも

他の大名との差別化をはかり、

神の子孫として人々に一目おかせるため、


そして子孫たちにも自覚してもらうためなのです。



それが徳川家の存続につながるわけですね。

御三家を作ったのもその理由からです。



グローバルな家康の計画ですよね。

その甲斐あって、江戸時代は260年も続きました。

苦労人家康の考えだからこそ

実現できたのかもしれませんね。




具体的には

武具や歴代の将軍にまつわる品々、

また家康の御影や朝廷、諸外国との交流史料がメインです。





最初に目に入るのが、「金扇馬印(きんせんのうまじるし)」

昇り旗みたいなものですが、それは大きな金色の扇ですよ。

家康所用と伝わっていますが、

実は家茂が長州征伐の出陣の際も使用したもの
だそうです。




最初から幕末関係が飛び出して

なかなか快調な出だしですね




鎧も多数あったのですが、

ルンちゃんの興味は太刀、刀へ。

「国宝」といわれるものがドーンと並んでいるのですよ。

脇差も含め七、八振りはあったかな?(重文もあったけど)
  ↑  ↑
このエリアだけでね。
他の場所にも刀は置かれていました




刀身も立派ですが、拵えも見事です

さすがお殿様の持ち物ですよね。

反りの大きく入った太刀は鎌倉期のもの。

どれか忘れましたが、一文字派のものもあったはず。




一文字派といえば「菊一文字」を連想してしまいます^^;

沖田総司の所持刀なんていわれていたこともありますが、

そんな国宝級なものを総司が持っているわけありませんよね。

(しかも太刀だし…)




今回は本当の国宝級の太刀が見られて

こういうのを目の保養というのでしょうか。

ずーっと見ていてもあきませんね。

でも見学者が多くて長居はままならず、残念です




歴史を身近に感じさせるのが

「徳川家康任征夷大将軍宣旨(せんじ)」
です




いわゆる征夷大将軍の任命書みたいなものですね。

1603(慶長8)年2月12日、62歳の家康が

征夷大将軍になり、江戸幕府を開く始まりの書です。
   ↑  ↑
学校の教科書に出てくるところね^^





今でもそれが残っているなんてスゴイですよね。

そんなスゴイものが間近に見られるなんて

思ってもいませんでした。

すごく得した気分です




水戸光圀やら、吉宗やら

本やドラマでお馴染みの方ゆかりの品もありましたが、

ここはやはり幕末メインでお話していきますね。





「会津中将容保様は孝明天皇のご辰翰を

肌身離さず持っていた」
という話は有名ですが、

こちらにも同様な方がいらっしゃいましたよ。




それは徳川慶喜様です。





幕府が朝廷を無視して、

単独で兵庫開港をしようとしたのを

慶喜が反対したことへの

朝廷に対する忠誠を褒める書、

慶応元年9月29日付の孝明天皇のご辰翰
です。




この書を大切に保管していたそうですよ。




慶喜様といい容保様といい

さぞかし無念だったことでしょうね。

朝廷に対しての忠義は

誰よりも厚いと思っていたでしょうに。




このご辰翰の扱いを見ると

本当に彼らの気持がよくわかります。





F.Wサットン撮影の慶喜肖像写真

よく書籍などに載っていますよね。

でも直接みたのは初めてです。

それと慶喜所有のフランス軍の帽子





そして征夷大将軍の任命書があるなら

あれもあると思いませんか?

大政奉還の関連書類。




もちろんありましたよ^^

「大政奉還上意書」

「大政奉還勅許写」

「徳川慶喜将軍辞職につき御沙汰書」





「大政奉還勅許写」は

大政奉還後も政治に参加しようとしていた

慶喜の様子がわかる書です。

これを写しながらどんなことを考えていたのでしょう。





慶喜関連の品でひとつ目のテーマが終わります。

そうです。まだまだ展示は続くのです。




あれ?だいぶ書いてしまいましたね。

やはり一度では載せられません。

次回も「大徳川展」で続きます^^;

どうぞお楽しみに。。。



071023

壁に貼られた大ポスター
画面クリックで拡大します^^





徳川関連本


rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「「大徳川展」レポート」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「大徳川展」レポート 〜その2〜 (2007/10/27)
「大徳川展」レポート 〜その3〜 (2007/10/29)
『大徳川展』開催です (2007/10/04)

『大徳川展』開催です

  • 2007/10/04(木) 11:21:05

来年は「明治維新」からちょうど140年ですね。←多摩地方では「瓦解」と呼んだそうですが



ですから「来年は記念イベントがいろいろ開かれるだろうな」

とは思っているのですが、

今秋 さっそく興味をそそる企画が登場しましたよ!




それが

「大徳川展」
です。



期間 平成19年10月10日(水)〜12月2日(日)

場所 東京国立博物館 平成館(上野公園)




「徳川」って聞いてワクワクしてしまうところをみると、

やはり私は“佐幕派”ってことでしょうか




でも佐幕派じゃなくても 興味をそそると思いますよ。




その理由は なんと史上初!

徳川将軍家・尾張・紀伊・水戸の

全徳川家の至宝・史料が300以上出展される
からです。




「将軍の威光」

「格式の美」

「姫君のみやび」

と三部構成でのお披露目だそうです。




これまで一部の史料が出展されることはあったのですが、

今回のように大大的な展示はめったにあるのもではありません。

史上初って言ってるくらいですからね。



つまり「お得」ってことです



「お得」が好きなルンちゃんは
絶対「大徳川展」に行こうと見学日を思案中。
見学しましたら、その様子はこちらでもお伝えしますね!



「大徳川展」の詳細はホームページにあります。
こちらです



幸せ気分で徳川のお宝を見に行ってきます!


rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「『大徳川展』開催です」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「大徳川展」レポート 〜その2〜 (2007/10/27)
「大徳川展」レポート 〜その3〜 (2007/10/29)
「大徳川展」感想 (2007/10/31)