再び篤姫の墓所公開

  • 2009/09/16(水) 10:21:48

昨日、ふと思い出した去年のこと。

そういえば去年の今頃、

篤姫の墓所公開
のお知らせを出していたっけ。






今年はどうかしら?と調べてみたら、

やはり公開されるようなんです






篤姫といえば、昨年の大河ドラマの主人公。

徳川13代将軍家定の御台所、

天璋院篤姫
のことですよね。






その篤姫のお墓は上野寛永寺にありますが、

普段は非公開です。





昨年、大河ドラマの影響で平日4日間だけ

墓所を初公開したのですが、今年も公開するようです。







期日指定の人数限定(各日80名)ということで、

昨年は抽選になりましたが、スゴイ倍率で

私も抽選からはずれてしまいました






今年も人数が多ければ抽選らしいですけど、

たぶん今も人気が高いと思うので、

抽選になるでしょうね(当たるかな〜^^;)







篤姫の墓所公開の際には、

15代将軍徳川慶喜が江戸城を出た後、

謹慎をしていたという寛永寺の「葵の間」

一般公開されますよ。






抽選で当たった人だけ見学できますので、

興味があったら詳細をご覧下さいね。

⇒ 台東区ホームページ


 
rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
青文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「再び篤姫の墓所公開」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
篤姫の墓所 初公開 (2008/09/16)
大河ドラマのあの方にお会い(?)しました (2008/07/14)
篤姫、婚礼御輿の発見 (2008/09/25)

篤姫の御輿、公開中!

  • 2009/01/19(月) 11:11:16

昨日は鎌倉街道中道(なかつみち)歩きでした




街道歩きのお仲間さんが、私の顔をみて開口一番

「行ってきたわよ〜
とおっしゃるので、

はて?なんのことだろう?とお聞きしたところ、




篤姫の御輿を見てきた




とのことでした。





あっ!忘れてた!





篤姫の御輿のことは、こちらでも以前お話しましたよね。

過去記事 ⇒ 篤姫の御輿





篤姫が将軍家に嫁ぐ際に幕府側で用意した

「黒漆二葉葵唐草両御紋付 御輿(おこし)」が

米ワシントンのスミソニアン博物館で見つかった
というものです。





そのとき今年の1月あたり日本にその御輿が来るかも

という情報を、訪問者様にも頂いておきながら、

日々の喧騒にすっかり忘れていました





街道歩きのお仲間の何人かは、すでに見てきたそうなんです。

私だけ未見学だったなんて、チョッと2009年を出遅れた感じです




でもみなさんから、しっかり情報は頂きましたけどね
(転んでもタダでは起きずの心得)





篤姫が使用した御輿は、今回初公開です。


それから、第14代将軍・徳川家茂の夫人

和宮の御輿も登場します。





これは天皇家出身の宮様の輿ということで、

他の形式と異なる品物ですよ。

絵では何度も紹介されていますが、

実物を見ることは、なかなかできませんからね。




また、昨年新たに発見された

和宮の婚礼調度品も展示されているので

見学するのが今から楽しみです




特別展『珠玉の輿〜江戸と乗物〜』江戸東京博物館で開催中です。

期間は2月1日まで
ですので、

私のように見逃していた方は行ってみて下さいね。
(終わる前に教えてもらってよかったと私も思ってます



rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                  多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「篤姫の御輿、公開中!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
篤姫の墓所 初公開 (2008/09/16)
「篤姫」クランクアップ、堺さんの微笑み^^ (2008/09/29)
大河ドラマのあの方にお会い(?)しました (2008/07/14)

愛宕神社のこと

  • 2008/12/01(月) 14:38:05

昨日の大河ドラマ『篤姫』

第48話「無血開城」、面白かったですね

西郷と勝との会見は、なかなか見応えがありました。



視聴率も29.2%と全話の最高を記録したそうですよ。
(最終話までに30%いくかもと期待しているらしい…)


来週も楽しめそうです。




とはいうものの、今日はその物語のお話ではなく、

いつも放送最後に出てくる史跡についてのお話です

昨日は、3つ紹介されていましたよね。




ひとつは「勝海舟・西郷南州会見の地碑」

またひとつは「池上本門寺」

そうして、もうひとつは「愛宕神社」でした。




このうちふたつは私もウォーキングで

立ち寄ったことがあります。




池上本門寺については、以前記事にも書いています。
⇒ 池上本門寺の記事




でも愛宕神社も勝と西郷のゆかりの地だとは

知りませんでしたね〜。
(行ったとき説明されたかも知れませんけどね^^;)





なので愛宕神社のことを、少しだけ調べてみました




愛宕神社は、徳川家康が建立した経緯や、

周囲に武家屋敷が多かったことから、

武士の信仰が篤かったといわれています。





一時、武士しか参拝できなかった時期もあったそうです。




桜田門外の変のときには、

井伊直弼を討とうとした水戸浪士が

集結したのがこの場所だったそうですよ。
(ウォーキングの時ここはしっかり聞いた)




そして勝海舟と西郷隆盛のこと。




江戸城総攻撃について、

勝と西郷との話がいっこうに進まず

行き詰まり状態になった折、

両人がこの家康公ゆかりの愛宕山に登り、

江戸の町を見渡したそうです。




その江戸の町を見てふたりは

「戦火で焼失させてしまうのはしのびない」


と話し、ともに山を下りたのでした。




その後、無血開城の話が整い、

無事、江戸の町は戦火に見舞われることなく済んだのです。
(彰義隊は上野でやられてしまいましたけど)





実際に今、愛宕山に登ってみても、

高層ビルばかりで「町を見下ろす」という状況ではありません。

でも地上からお山は、かなりの高さがありますよ。




上から見下ろすとこんな感じです。

愛宕神社
愛宕神社 posted by (C)ルンちゃん



この石段すごく急なのがわかりますか?




昔、家光公の命令でこの石段を

馬で駆け上った家来がいたそうです。

もちろんその人は家光公に褒められ

以来この石段は「出世の石段」といわれています。





見下ろすと凄く急なので、その話はウソだと思うのですが、

実際にはその後も馬で駆け上った人がいると言うから

驚きますよね。

命知らずがいるもんです





この階段は、歩いて登るのもかなり大変ですよ〜




でもチョッとばらすと、

じつは山の裏側に、もう少し緩やかな坂があります。

それから、山の少し先にエレベーターもありますので、

体力に自信のない方はそちらで神社に行かれますから

ご安心下さいね




江戸もいろいろな史跡がありますよね。

機会をつくって、是非あなたもおでかけ下さいね。

そしてよかったら、

愛宕神社の石段登りに挑戦してみて下さい


石段登りが無理だという方は、
こちらにあるバーチャル参拝をお楽しみ下さいね^^

⇒ 愛宕神社HP
 

愛宕神社
地下鉄日比谷線「神谷町」下車、 徒歩5分
都営地下鉄三田線「御成門」下車、 徒歩8分


rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
              多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「愛宕神社のこと」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
「篤姫」クランクアップ、堺さんの微笑み^^ (2008/09/29)
篤姫の墓所 初公開 (2008/09/16)
大河ドラマのあの方にお会い(?)しました (2008/07/14)

「篤姫」クランクアップ、堺さんの微笑み^^

  • 2008/09/29(月) 10:56:53

「もうすぐ10月だな〜」なんて思っていたら、

先週土曜日(27日)に「篤姫」クランクアップのニュース。

そうでした、もうそんな時期なんですね〜




大河ドラマ「新選組!」のときは

10月10日のクランクアップでした。

(近藤勇の最期のシーンでした^^)





篤姫はそれより少し早かったけど、

無事に撮影終了となったみたいですね。




この日、渋谷のスタジオで収録を終えた

宮崎あおい
さんを待っていたのは、

西郷隆盛役の小澤征悦さんや勝海舟役の北大路欣也さん。




そしてサプライズに、

徳川家定役の堺雅人さんの姿が!






ダイジェスト版のフィルムを眺めていた宮崎あおいさんは

小澤さんや北大路さんからの花束を受けて、

それだけでも胸詰まるものを感じていたのに、

堺雅人さんが花束を持って登場すると

とうとうその場にしゃがみ込んで泣いてしまったのです。






顔を覆い泣きじゃくる宮崎さんに

堺さんは彼女のそばに寄り、優しく話しかけていました。

まるで家定と篤姫そのままの姿に

こちらまでも、温かい気持ちが胸いっぱいになりそうです





「1年2ヶ月、篤姫を生きることが出来て 本当に幸せでした」


そう微笑む、あおいさんの姿もとてもステキですよね。





クランクアップの最終撮影では

明治16年の篤姫最期のシーンが収録されたようですが、

放送での話はいよいよこれから、物語の佳境に入っていきます





昨日の家茂様も京都入りして、

新選組の活躍する時期にも入ったわけですね。

(新選組はこのドラマでは登場しないみたいですけど^^;)






ここから江戸城明け渡しまで、

どんな話や演出で表現されるのか、興味は尽きません。




でもその前に一言。




宮崎あおいさん、お疲れ様でした。

魅力的な篤姫を見せてくださり、ありがとうございます






「篤姫」は最後までしっかり楽しませて頂きますからね。

また新たな役で画面に登場する日を、

楽しみにしたいです



堺さんの微笑みは こちらで見られますョ^^
(アップの写真集の方をご覧下さいネ)

⇒ 毎日新聞


今日も応援クリックお願いします。
あなたのクリックが私の励みです!
 →歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「「篤姫」クランクアップ、堺さんの微笑み^^」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
篤姫の直筆短冊が発見 (2008/07/12)
家茂様のお墓参り (2008/06/28)
再び篤姫の墓所公開 (2009/09/16)

篤姫、婚礼御輿の発見

  • 2008/09/25(木) 11:10:45



大河ドラマ「新選組!」
のときもそうだったんですけど、

ドラマ放送によって新選組ブームが起こり、それがきっかけで

思いもしなかった関連史料がいくつも発見されたことがあります。





ですからこの「篤姫」放送中にも、何か発見されてほしいな

と思っていたら、今回スゴイものがみつかったようですよ





それは、篤姫の婚礼のときの御輿。





そうです。将軍家に嫁ぐ際に幕府側で用意した

「黒漆二葉葵唐草両御紋付 御輿(おこし)」
です






昨年見学した「大徳川展」の時、

徳川綱吉に嫁いだ鷹司信子(従姫)所用と伝わる

女乗物「竹葵牡丹紋散蒔絵女乗物」が展示されていたんですね。






その乗物の外側全体には

両家の紋模様の「葵と牡丹」がほどこされていたのです。

それが、婚礼調度の特徴になっているわけですね。






今回発見された御輿にも、

黒漆の地に二葉葵をあしらった唐草文様の金の蒔絵の他に、

「三葉葵と牡丹」の紋模様が輿全体にちりばめられていたのです。

もちろん三葉葵は徳川家、そして牡丹は近衛家をあらわしています。

(婚礼前、篤姫は近衛家の養女になってます^^)






こんなスゴイものがよく出てきましたよね。

でも出処がまたスゴイんですよ〜





なんと、米ワシントンのスミソニアン博物館にあったのです。

なんでも1984年にスミソニアン博物館の

アーサー・M・サックラー・ギャラリーが

ロンドンのオークションで落札したそうですよ。





今回調査にあたった、江戸東京博物館の学芸員の推測では

「篤姫ら大奥の女性たちは江戸開城の際、大きな調度品は

 置いたまま退去したと考えられる。その後、入城した

 薩長を中心とする明治新政府がそれらを売却したのではないか」


としています。





そんなあたりでしょうかね。

篤姫様は自分の持ち物(持ち金だったか)のほとんどを

人に与えてしまったそうですから、

彼女の手元にあったとしても、

サッサと自ら売却してしまったでしょうけどね。





でも、外国にあったおかげ(?)で

今でもきれいに保存されていたのは、嬉しいことかもしれません。





いつの日か、

この御輿を直接見る機会ができたら、行きたいですね

江戸東京博物館で、なにか企画してくれないかしら?

そんな風に密かに願っています


篤姫の御輿の写真が見られます^^

⇒ 読売新聞



今日も応援クリックお願いします。
あなたのクリックが私の励みです!
 →歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「篤姫、婚礼御輿の発見」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
篤姫の墓所 初公開 (2008/09/16)
再び篤姫の墓所公開 (2009/09/16)
篤姫の直筆短冊が発見 (2008/07/12)

篤姫の墓所 初公開

  • 2008/09/16(火) 10:27:59

うれしい情報を入手致しました!



今秋、篤姫のお墓が初公開されるそうですよ。





篤姫といえば、今NHKで放送されている

大河ドラマ「篤姫」の主人公。

徳川13代将軍家定の御台所、

天璋院篤姫
のことですよね。





その篤姫のお墓は上野寛永寺にあるのですが、

その場所は非公開なんです。





今年になって大河ドラマの影響で、

墓所をお参りしたいという問い合わせが

多数来るようになりました。






そこで、毎年開かれている

「上野の山文化ゾーンフェスティバル」の一環として

今年は篤姫の墓所が一般公開されることになったのです。

これは嬉しいニュースじゃないですか。






しかも、その同じ日に、

15代将軍徳川慶喜が江戸城を出た後、

謹慎をしていたという寛永寺の「葵の間」も

一般公開されるというのです。







徳川慶喜が寛永寺で謹慎していたとき、

じつは新選組もほんの一時ですが、

警護したことがあります。

すぐに任を解かれましたけどね





ですから、新選組にも

多少ゆかりのあるところで、

これは是非とも見に行きたいところです






でもこの特別公開、平日の4日間だけなんですよ。






しかも定員は各日80名。

応募者多数なら抽選になるらしいですが、

新聞にも載っている情報なので、絶対抽選ですよね。

(ここにも載せちゃったし^^;)






というわけで、特別公開に興味のある方は

詳細をご覧下さい。

⇒ 東京新聞記事

⇒ 上野の山文化ゾーンフェスティバルHP






もし、私も行くことができたら、

こちらでレポさせて頂きますね





今日も応援クリックお願いします。
あなたのクリックが私の励みです!
 →歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「篤姫の墓所 初公開」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
再び篤姫の墓所公開 (2009/09/16)
篤姫の直筆短冊が発見 (2008/07/12)
「篤姫」クランクアップ、堺さんの微笑み^^ (2008/09/29)

大河ドラマのあの方にお会い(?)しました

  • 2008/07/14(月) 11:35:22

きのうは久しぶりのウォーキングでした   ←趣味で歩いてます^^





今歩いているのは、「鎌倉街道 中道(なかつみち)」です。

5月からスタートしたコースですが、

6月は「総司忌」と重なったためお休みし、今回は2度目。

でもコース的には3回目にあたる部分です。





鎌倉街道とはいいますが、

訪ねる場所は鎌倉時代のものとは限りません。

いろいろな時代の旧跡を見学するので、

意外なものもあって楽しいですよ






それで、きのうも

ちょっと驚いたことがあったので、

こちらにご報告することにしました。






実は偶然、ある方のお墓参りをしたのです。

といっても最初からコースには入っていたようです。

私が知らなかっただけですけどね^^;






お寺の名前は錫杖寺(しゃくじょうじ)
 
埼玉県川口市にあります。

この寺名を聞いただけで、ピンときた方はすごいですね^^






717(養老元)年からの古いお寺なのですが、

1622(元和8)年に徳川2代将軍の秀忠が

日光御参詣の際に休息所として使用
してから、

徳川家と深く関わっていくようになりました。






その後、

3代家光から金子や材木を拝領して、御成門を建立したり、

4代将軍家綱の疱瘡治癒祈願を行ったりします。





家定
の時代には火災で焼失した本堂や庫裡の代わりにと

江戸城の別館である品川御殿を賜ったりもしました。

(本堂は新築されたため現存せず)





このように、

徳川家に縁(ゆかり)のある場所なのです。





そして、徳川つながりなのか、

こちらに ある方が眠っていらっしゃいます。





その名は 瀧山





そうです

大河ドラマ『篤姫』にも登場する

筆頭御年寄(大奥総取締役)の、あの瀧山様ですよ  ←稲森いづみさんが演じてマス^^





こんなところで、瀧山様にお会いするとは

思いもしませんでした。びっくりですよね。





でも、なにゆえこちらに…?





そう思ったので、

またもや帰宅してから調べてみました






瀧山様は大岡権左衛門という人物の娘だそうですが、

16歳で大奥に上がり、時を経て御年寄に昇進します。






13代家定、14代家茂、15代慶喜と3代に亘り

大奥の総取締役を務めますが、

江戸城開城後はもちろん大奥を去るわけですね。






そのとき、瀧山様に仕えていた侍女の生家が

今の埼玉県川口市にあり、その家を頼って

ここまで来たようです。






そのままこの地で過ごし、

天寿を全うするわけですが、






晩年夫婦養子を迎えて、

「大岡」ではなく「瀧山」の苗字を名乗らせます。

そして、1876(明治9)年に72歳で亡くなり、

この寺に葬られたようです。



参照:瀧山 - Wikipedia





と、こんないきさつがあって、

瀧山様のお墓が川口市にあるようです。






瀧山様の墓石には、法名である

「瀧音院殿響誉松月祐山法尼」

の名前が刻まれています。

(裏には大奥の文字も…)






そして、その隣に侍女の墓もあります。

同じ敷地内には、

比較的新しい「瀧山家」の墓石もありましたが、

ご子孫の方が今もご健在ということでしょうか?

(この辺は今回は不明)






思いもしなかった方の

お墓参りをすることになったのも

何かのご縁ですよね。






まだまだ続く、

「鎌倉街道 中道」ウォーキング。

これからもご縁に導かれて

歩いてまいります^^




錫杖寺(しゃくじょうじ) 真言宗智山派
住所 : 川口市本町2-4-37





大奥のことが知りたいなら…関連の本


あなたのお役に立てましたか? 
あなたの応援クリックで次回もがんばります!
 →歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「大河ドラマのあの方にお会い(?)しました」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
篤姫の御輿、公開中! (2009/01/19)
篤姫の直筆短冊が発見 (2008/07/12)
家茂様のお墓参り (2008/06/28)

篤姫の直筆短冊が発見

  • 2008/07/12(土) 15:16:47

なんてタイムリーなんでしょうね〜。

やはり世間でブームになると、

こうやって発見されるものですね

「新選組!」のときもそうでした。





篤姫の結婚直前の短冊が

発見されたそうですよ。







東京にある旧家が先祖代々保管していたものだそうで、

結婚前の篤姫様から拝領されたもののようです。





詳細はこちらで ⇒ 記事を確認





短冊に読まれた和歌には

結婚してからも平和な世で過ごしたい


という篤姫様の願いが込められています。





でも願いむなしく篤姫様は、

激動の日本に飲み込まれていくのはご承知の通り。





奇しくも明日の大河ドラマは、

その幕開けともいうべき部分。





堺雅人さんの家定様とも、

いよいよお別れです。





篤姫/家定の関連本 他を探す


あなたのお役に立てましたか? 
あなたの応援クリックで次回もがんばります!
 →歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「篤姫の直筆短冊が発見」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
再び篤姫の墓所公開 (2009/09/16)
篤姫の御輿、公開中! (2009/01/19)
篤姫、婚礼御輿の発見 (2008/09/25)

家茂様のお墓参り

  • 2008/06/28(土) 16:32:45

前回体調を崩したことを書いたら、

ご心配して下さった方がずいぶんといらっしゃいました。

コメントやらメールやら、みなさんお気遣いありがとうございます。



少しずつ回復していますのでご安心下さいね。

みなさんも体調には充分お気をつけ下さい





さて、今日は大河ドラマのお話なんですが…





先日の「総司忌」で意外な発見。

大河ドラマ『篤姫』を見ている人が

かなりいることを知りました





まあ、幕末のお話なので

当たり前といえば当たり前かもしれませんが。






それならこちらのブログでも

大河ドラマを見ている方が多いのかな〜と思いまして

『篤姫』のネタを出していくことにしました。

(たいしたものじゃないので期待はしないで下さいね)





そこで第一弾。

先日「家茂様が家茂様のお墓参りをした」

という記事がありましたので、お知らせです。

あっ、これではわかりませんね。





家茂
役の松田翔太さんと和宮役の堀北真希さんが、

家茂と和宮のお墓参りをしたそうですよ。




写真が載ってます^^

家茂・和宮の墓参の記事




松田翔太さんの家茂様はさわやかな印象で

とても好感が持てますよね

慶喜
さんの描き方があんな感じなので、

余計そう感じるのかもしれません






家茂様は(歴史上の人物として)私も好きな方ですので、

どんな風に描かれるのか、これからも楽しみです。





一方の(大河の)慶喜さんは、

これから何かやらかしてくれそうで

こちらもひそかに期待しています

期待はずれに終わらないで欲しいですけど。






ちなみに(本物の)家茂様と和宮様のお墓は

東京、芝の増上寺にあります。

1年のうち決まった日にだけお参りできますよ。






私も行きたいと思っていますが、

なかなか日にちがあわずまだお参りしたことはありません。

今年は無理そうですが、いつかはお参りしたいです。






ところで「総司忌」でもっぱら話題に上ったのは

家茂さんや慶喜さんじゃなくて、

堺雅人さんの演じた家定さんのことでした





諭すような話し方は山南さんのようだとか、

ハリスの前でやってくれたね〜とか、

あんな家定はいないとか(笑)

それはいろいろ面白かったです




家定さんの登場はあと少しですよね。

残念ではありますが最後まで楽しみたいと思います。






あなたのお役に立てましたか? 
あなたの応援クリックで次回もがんばります!
 →歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「家茂様のお墓参り」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
大河ドラマのあの方にお会い(?)しました (2008/07/14)
篤姫の御輿、公開中! (2009/01/19)
再び篤姫の墓所公開 (2009/09/16)