新選組グッズ第1号

  • 2008/11/28(金) 11:49:37

    幻の新選組グッズ NO.3 makoto2

       ミニ下駄&ミニ番傘


今でこそ新選組ゆかりの地で

いろいろな新選組グッズを見るようになりましたけど、

昔は京都でさえ、新選組グッズを探すのに苦労したものです




新選組グッズを紹介した本として一番古いのは

私が知る限りでは、これなんですよね。

沖田総司アルバム
昭和52年の本ですよ。

沖田総司アルバムの本
沖田総司アルバムの本 posted by (C)ルンちゃん


今は絶版の本で、古本屋でも

見つけるのがむずかしいかもしれません。




それで、この本の77ページに

2種類の新選組グッズの写真が載っています





ひとつがミニ下駄、そしてもうひとつがミニ番傘です。




この本を買ったとき、初めて見る新選組グッズに

「ぜひ手に入れたい!!」と思いました。

そして京都に行くことを決意




結局すぐに行ったか、しばらくしてから出かけたか、

その辺の記憶は定かではありませんが、

次の京都訪問では史跡めぐりグッズ探しに奔走です。




それですぐ見つけられたかといえばそうでもなく、

冒頭でもお話したとおり、京都の町を右往左往して

本に載っていた写真を手がかりに探しまわりました。




今はどうかわかりませんけど、その当時、

おみやげといえば、清水寺辺りか新京極が有名で、

もちろんその方面にも出かけ、みやげ店を

片っ端からはしごして、そしてやっと探し出せたんです




我ながら、よくがんまりました

そしてこちらが苦労して手に入れたグッズです

ミニ下駄&ミニ番傘
ミニ下駄&ミニ番傘 posted by (C)ルンちゃん




ミニ下駄は足を置く部分には「新撰組」と「京都」の文字が。

そして後ろの歯の部分に近藤勇と土方歳三と沖田総司の

だれかの名前が入っています。


ミニ下駄アップ
ミニ下駄アップ posted by (C)ルンちゃん




本には載っていなかった、

紐付きの下駄も手に入れましたよ。




ミニ番傘の方はこの傘と、もう一種類

別の絵柄があったみたいなんですが、

残念ながら、探せたのはこちらだけでした。




それでもとりあえず探し出せたので、

満足して帰ってきたのは言うまでもありません




このグッズを手に入れてから4年後に

また京都を訪問したのですが、

そのときには、ひとつも見かけませんでしたね。





あの時決意して、京都にでかけていなかったら、

本当に写真だけの「幻のグッズ」になるところでした。

(よかった、よかった^^)





そんなわけで、これらのグッズが

我が家の新選組グッズ第1号
です




そしてもしかしたら、日本中にある

新選組グッズの、第1号なのかもしれません。

(これ以上古そうな品をご存知の方は教えて下さいね^^)



rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「新選組グッズ第1号」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
沖田総司の目覚まし時計 (2008/10/21)
近藤勇を鳴らしてみると… (2008/10/28)

近藤勇を鳴らしてみると…

  • 2008/10/28(火) 13:14:26

    幻の 新選組グッズ NO.2 makoto2

       近藤勇の土鈴  ←今でも手に入ります^^



きょうも新選組グッズのご紹介です。



大河ドラマ「新選組!」
放送の頃は、

面白い新選組グッズがたくさん登場しましたよね。

あなたも、ひとつふたつ買ったのではありませんか?




近藤勇や土方歳三ゆかりの多摩地方でも

めずらしいグッズが販売されたんですよ。




「新選組!」放送にちなんで作られた限定もので、

「これは面白い」!と思って

わざわざ買いに行ったグッズがあります。




それがこちらなんですよ

誰だか、わかりますよね?


さて、こちらはいったい誰でしょう?
さて、こちらはいったい誰でしょう?
posted by (C)ルンちゃん


近藤勇をかたどった土鈴
です。

なかなか特徴をつかんでいますよね!

特に頬のはり具合なんかが、いいですね〜

もちろん土鈴なので、鳴らしてみると

カラカラと素朴な音がしますよ。




これは深大寺山門近くにある らくやきのお店

むさし野 深大寺窯
の土鈴です。




ちなみに、深大寺は

近藤勇生家跡のある調布市にあります。




むさし野 深大寺窯は

らくやきや絵付けが体験できるお店ですよ。

お皿など食器類も販売しています。




なかでも深大寺土鈴は昭和32年の創業当時から

ここで作って販売しているので、お店に行くと

干支やだるま万葉土鈴など、

たくさんの土鈴を見ることができますよ。




私が行ったときには、店頭に

お皿に混じって勇土鈴が

みっつよっつ置いてありました。

もっと沢山あったのかもしれませんが、

発売からかなり経っていたので、

残りわずかだったのかもしれません。




土鈴って、よく見ると

ひとつひとつが微妙に違っているんですよね。

ですから全部を見比べて、一番気に入ったものを

買いましたよ




とても気に入っているので、

今でも目立つように本棚に飾っています。




その後も深大寺には、時々行きますが、

むさし野 深大寺窯に立ち寄っても

近藤勇の土鈴はみかけません。

やはり限定販売だったみたいですね。





ところで、深大寺に行くと

天然理心流の奉納額が見学できますよ。

(正確にいうと隣の元三大師堂。
 勇の娘婿、近藤勇五郎門下の奉納額です)





また、寺の周辺には

美味しい蕎麦処が立ち並んでいます。

(深大寺蕎麦はけっこう有名なんです^^)





静かな落ち着ける場所ですので、

機会があったら美味しいお蕎麦を食べに

行ってみて下さいね



<追記>
10月29日、総介さんから最新情報を頂きました。
この土鈴はまだ購入できるそうですよ。

お店の詳細はこちらにありますので、気になる方は覗いてみて下さいね。
(ギャラリー深大寺土鈴のところに勇土鈴も載ってます^^)

 むさし野 深大寺窯HP


今日も応援クリックお願いします。
あなたのクリックが私の励みです! →
歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る


「近藤勇を鳴らしてみると…」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
沖田総司の目覚まし時計 (2008/10/21)
新選組グッズ第1号 (2008/11/28)

沖田総司の目覚まし時計

  • 2008/10/21(火) 09:59:20

    幻の新選組グッズ NO.1 makoto2

       沖田総司の目覚まし時計




有名な「新選組ゆかりの地」を訪れると

いろいろな新選組関連のグッズを目にします。

また、ゆかりの地に関係なく、

巷で新選組グッズを見かけることもありますよね






グッズの中には、今はもう販売も終わり、

手に入らなくなった品物もたくさんあります。





そんな「今は手に入らない新選組グッズ」

我が家にもいろいろあるんですよ

先日、しばらくぶりに箱を開けたら出てきたので、

この機会に少しずつご紹介したいと思います。






「幻の新選組グッズ」
とまでは

いえないものもあるかもしれませんが、

どうぞ見てやって下さいね。






知っている方が見れば

「懐かしい」ものもあると思います。

初めて見る方でも、

「こんなものがあったんだ」

と楽しんで頂けたら嬉しいです





では、今日のグッズはこちらです。

これは、今も使ってます

目覚まし時計
新選組の目覚まし時計 posted by (C)ルンちゃん





沖田総司の目覚まし時計です
(たぶん^^;)

一応「そうしくん」というネーミングがついていますからね。





もうかなり前 CITIZENから販売されたものですよ。

外見は好き嫌いがあるとは思いますが、

性能は確かなので、時計としての役割は

しっかり果たしてくれています。





この時計の特徴は「目覚まし」というくらいですから、

タイマーをセットすれば、やかましく起こしてくれるところです。

ちなみに目覚ましの「スイッチ」はちょん髷の部分です^^

押すことで「ON/OFF」と変わります。





そして、音声目覚ましなので声がします。

「日本の夜明けじゃ、おきた 起きろ!」


と言って起こしてくれて、朝からとってもやかましいです
(うるさすぎるので使っていませんけど)






発売当時は、どこの時計店でも見かけたものですが、

あっという間に、店頭からは消えてしまいました。

その後再販されることもなく、もう見ることはないでしょうね〜






ちなみに、同じように音声の出るもので

沖田人形
というのもありました。

時計の顔と似たような感じだったか…

刀の部分をひっぱると音声が出たんですよ。

それは1度だけ、バラエティショップで見ただけで、

手に入れる前になくなってしまいましたね。





代わりといってはなんですが、我が家にはこちらがあります。

たくさんの新選組グッズのなかで、唯一「敵方」にあたるものなので、

すごく肩身の狭い思いをしているグッズです。



でも顔は広いですけどね〜

龍馬くん
龍馬くん posted by (C)ルンちゃん
(新選組グッズじゃないけど、チョッと登場^^;)



その名は「龍馬くん」




この人形を知っている方は多いですよね

「龍馬くん」は爆発的に売れましたから。



これも刀をひっぱるごとに音声で

「小さなことにこだわってちゃ、いかんぜよ」

「クヨクヨしてちゃいかんぜよ」

「で〜っかい夢を持たなきゃいかんぜよ」

「心はいつも 太平洋ぜよ」


と4パターンで、励ましてくれます





沖田時計はうるさいばかりですけど、

この龍馬くんの言葉は意外と癒されます。





今日ご紹介した3つのグッズは、だいたい同じ頃

(1985年頃だったかな?)に発売されたものですよ。

龍馬くんが売れたので、それに便乗して

新選組物も作ったのでしょうかね?





でもそれもすぐ、消えてしまいました。

今は我が家のように、どこかの家で飾られているのでしょうね。




ということで、他にもいろいろな新選組グッズが

登場しますので、またお楽しみ下さい。

同じものをあなたもお持ちでしたら、一緒にお話でもしましょうね〜



今日も応援クリックお願いします。
あなたのクリックが私の励みです!
 →歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る


「沖田総司の目覚まし時計」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
近藤勇を鳴らしてみると… (2008/10/28)
新選組グッズ第1号 (2008/11/28)