史跡巡り後の温泉はGood^^

  • 2012/08/17(金) 23:14:36

夏休み中、友人のKちゃんと、

高尾山へ行くことになっていました。

ところが当日は、朝から雨 





それで予定を変更して、

日野や八王子の史跡巡りに

行くことにしましたよ





この日野や八王子には、新選組や

天然理心流関連の史跡がいろいろあります。

今回は、Kちゃんが訪問したことのない場所を中心に

車で廻ってみることにしました。






まずはKちゃんご希望の、新選組のふるさと歴史館から。

こちらでは今「新徴組展」をやっています。

※先日アップした記事をご覧くださいね。


過去記事 ⇒ 「新徴組展」に行ってきました




その後に久しぶりに

「日野宿本陣」に立ち寄りました。

何度も来ている日野宿なので、今回は

あなたが訪れた時に楽しめるように、

屋敷内の面白いものを披露しておきますね

まずは こちらです。


式台の瓢箪模様
式台の瓢箪模様 posted by (C)ルンちゃん

これは式台にある ひょうたんの模様です。

大工さんがいたずらをしてつけたらしいです。

でも幕末時のものかは知りません。

同じようなものが別の場所にもあります。



縁側の ひょうたん
縁側の ひょうたん posted by (C)ルンちゃん


これがそうですよ。これってたぶん

床のキズを隠すためのものですよね。

ですから屋敷を建てた当時のものではないと思います。




それから これも。

柱の鯉 …フナにもみえるケド^^;
柱の鯉 …フナにもみえるケド^^; posted by (C)ルンちゃん


柱に彫刻しちゃうのはどうかな〜

とも思いますが、部屋のひと隅にあるんですよね。

これは隠れているので、どこにあるのか

探してみて下さいね。





そして有名な、見ておきたい場所が3つ。

歳三 昼寝の間
歳三 昼寝の間 posted by (C)ルンちゃん


ここが土方歳三さんが、

昼寝をしていたという場所です。

ちょうど式台を上がった所ですよ。





市村 隠れの間
市村 隠れの間 posted by (C)ルンちゃん


市村鉄之助が匿われていた

といわれている部屋です。




大石 天井の間
大石 天井の間 posted by (C)ルンちゃん

大石鍬次郎が、天井を直したとか

葺き替えたとかいわれている部屋(の天井)です。

どの部屋も、当時のことを想像しながら見てみると、

彼らの息吹が聞こえてきそうで、とても嬉しいです。



ウサギの釘隠し
ウサギの釘隠し posted by (C)ルンちゃん
他にもコウモリの形をした釘隠しもあります^^





本陣入口にあった門
本陣入口にあった門 posted by (C)ルンちゃん
昔の門
昔ルンちゃんは、ここから中を
覗いたことがある^^



今ある正門がついていた場所には、

以前はこの門がついていました。





本陣として公開する前は

「日野館(ひのやかた)」という蕎麦屋さんでした。

蕎麦屋さんが開業する前は、この門は閉まっていて

私が学生の頃は、この穴(印の所)だけが空いていて

ここから中を覗いたものです




日野宿本陣 屋敷
日野宿本陣 屋敷 posted by (C)ルンちゃん


当時のお屋敷は、こんなに綺麗じゃなくて、

敷地内は草茫々でしたし、屋根も傾いていました。

その屋根からは雑草も生えていましたしね。

ホント、綺麗になってよかったです






本陣を見学した二人は、この後

天然理心流の増田蔵六先生のお墓のある「善龍寺」や

近藤内蔵助(初代)・三助(二代)両先生のお墓のある「桂福寺」

に行ってきました。


※お寺の詳細は過去記事をご覧下さいね。


過去記事 ⇒ 「善龍寺」

       「桂福寺」





この二つは、どちらかといえば八王子の北の方です。

この後、今度は八王子の南側に行きます。

それが新選組隊士・横倉甚五郎さんのお墓のある

「大法寺」です。





甚五郎さんのお墓に行って、

手をあわせて驚きました。なぜって、

ちょうど訪問した次の日が命日でしたからね。

それで、「今日は何の日」にも載せたのです。

過去記事 ⇒ 「横倉甚五郎の命日」






大法寺から車で2〜3分位のところにあるのが、

「清水寺(せいすいじ)です。

こちらには、天然理心流二代の三助先生の

碑があります。

過去記事 ⇒ 清水寺





こんな風に、日野と八王子を

北に南に車を走らせたわけですけど、

走り廻っているうちに雨もやみ、

空はすっかり夏の青空になっていました。

高尾山行きたかったね〜





それでもKちゃんは喜んでくれたようで、

もう少し満足して貰うために、

ルンちゃんお気に入りの温泉へと

再び車を走らせました。





かけ流しの温泉露天風呂に浸かり、ゆったりすれば、

きょう1日も楽しく過ごせたなって実感できます。

やはり史跡巡りはいいもんです。そして

史跡巡りの後の温泉もGoodです。(函館旅行が懐かしい^^)




Kちゃん、お疲れ様でした。次回の

高尾山登頂リベンジ、待ってますよ〜♪

また来てね〜


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「史跡巡り後の温泉はGood^^」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
たまびと流 史跡ガイドです♪ (2007/01/11)

たまびと流 史跡ガイドです♪

  • 2007/01/11(木) 10:15:08

最近はほとんどありませんが、

学生時代は よく新選組の史跡(主に寺)に行きたいという

友人たちの道案内をしました。





私の案内は チョッと変っています。

お寺の山門まで行くと そこからは友人を先に、

私は後について、自分で目的の墓石を探してもらうのです





それは 友人たちのあわてる様子を見るのが楽しみなのと、

自分で探す ドキドキ感、ワクワク感

彼女たちにも味わわせてあげたいと思ったからです





みつけた時はみんな嬉しそうな顔をしていましたよ





最近は主だった隊士たちの墓石には 案内板がついているので

探すのは容易になりましたが、

昔はそれがなく、自分で探すようでした。





でも、心のおもむくまま進むと

会いたい人(墓)に迷うことなく向かえるから、不思議です。





最近では(といっても2、3年前)

斎藤一諾斎さんのお墓のある保井寺がそうでした。





仕事の途中で偶然看板を見つけ ←結構こういうことがある

別の日に車で行ってみたのですが、

通りの入口に看板があるだけであとはなにもなく、

細い道の途中 何度か分かれ道に出くわし、

心の命ずるままに、左へ右へと進んでいきました。





みつけた時の嬉しさはやはり昔と変りませんでしたね





そんな私が一度だけ見つけられなかった御仁がいます。




阿弥陀寺の斎藤一さん。





友人と2人で行きましたが、墓石がわからず

たまたま山門近くで掃除をしていた方(お寺の方?)に

場所を聞いたのに、結局見つけることができませんでした。




ところが、十数年後訪れた時には拍子抜けするほど

簡単にみつけることができました。





場所をご存知の方は

「えっ あれがわからなかったの?」

とおっしゃると思いますが、

本当にわからなかったのですョ!

なんだか斎藤さんにからかわれた気分でした。





まあ そんなこともありますが、

まだ訪れていない史跡はたくさんありますので、

これからも ワクワク、ドキドキしながら旅してみたいです。





多摩の史跡を訪れたい方はいますか〜?

私が案内しますよ〜!


ただし お寺の山門まで… ネ…


rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「たまびと流 史跡ガイドです♪」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
史跡巡り後の温泉はGood^^ (2012/08/17)