牛革草の花

  • 2008/09/20(土) 11:56:43

今日は土方家の石田散薬の原料、牛革草のお話です




我が家では毎年牛革草が勝手に芽を出します。




最初の年こそ苗を貰って植えましたが、

花が咲けば種が土に蒔かれて、

次の春、勝手に芽が出るのです。





ですから、自然まかせなんですよね。





もちろん今年もそうだったんですけど、

今年はいつもと違うことがあったんです。





毎年10月頃に咲く花が、今年は8月に咲き始めました

そう、こんな風に…

8月7日の花
8月7日の花 posted by (C)ルンちゃん





一輪だけ?って思っていたら、

そのプランターすべての牛革草が、いっせいに咲き出しました。

8月の暑い盛りに、牛革草も花盛りです。





それで、この9月の時期にはどうなのよ?

っていえば、既に枯れ始めているのですよ

いつもだと、まだ青々しているはずなのに…





ついでに、昨年室内にあった牛革草は

今年の3月まで成長していましたが、
(こんな感じ

080120






今年の牛革草は「石田散薬」づくりのため土用の丑の日に刈り取ったら、

なぜか成長せず枯れてしまい、今はありません





今年の異常気象のせいだったのでしょうか?

不思議ですよね。






でも、ひとつわかったことといえば、

花が咲くまでの期間は長短あるようですが、

花が咲いて種になり枯れる期間は、一定みたいです。
(枯れることには違いなし)






牛革草も育ててみると、なかなか奥が深いです





土方歳三さんが土用の丑の日に刈り取ったときも

こんな風に花が咲いていたことがあったのでしょうか?

もしや石田散薬の中に種の成分も混ざっていたのでは?




興味は尽きません。。。





今日も応援クリックお願いします。
あなたのクリックが私の励みです!
 →歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「牛革草の花」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
そういえば、あの牛革草は? (2008/04/07)
今年の「牛革草」は一寸違う (2008/01/23)
虹色のバラ (2006/12/22)

そういえば、あの牛革草は?

  • 2008/04/07(月) 11:17:28

以前、冬になっても枯れない

我が家の牛革草のことをお話しました。





→ 過去記事






1月になっても青々していて、

このままいけば 春、夏と

うまく成長し続けるようにみられたのですが。。。






花芽が出て花が咲き、種が実った2月中旬頃から

次第に葉が黄ばみだし、3月初旬に

とうとう完全に枯れてしまいました。






つまり、あのときの答えは

2ばんの「種ができて枯れる」
でしたよ。
(当たりました?^^)





やはり1年草というのは1年限りなんですね〜。

でも、よくぞ長生きしてくれたねって

褒めてあげたいです





しかもちょうど枯れる頃には、

別の鉢で新しい牛革草が

芽吹いているのをみつけました。


080407_1057~01
080407_1057~01 posted by (C)ルンちゃん


ささやかな感動です




また今年も牛革草がベランダで

すくすく成長するのを見ることができそうです。





ちなみにこちらのサイトに石田散薬の研究レポがあります。

石田散薬の作り方とか、どんな場所に牛革草が群生しているか、

効能研究もあり楽しいですよ^^(ステップ0〜6とあります)

→ 石田散薬の研究




あなたのお役に立てましたか? 
あなたの応援クリックで次回もがんばります!
 →歴史ブログ 日本史



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「そういえば、あの牛革草は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
牛革草の花 (2008/09/20)
今年の「牛革草」は一寸違う (2008/01/23)
虹色のバラ (2006/12/22)

今年の「牛革草」は一寸違う

  • 2008/01/23(水) 11:52:26

土方歳三の実家、

土方家の家伝薬といえば「石田散薬」、

その原料といえば牛革草ですね。





この季節には すでに枯れているはずですが、

我が家の牛革草は今もこんなに元気です

080120

証拠写真




どんな魔法を使ったのかですって?




答えは簡単です^^

室内の暖かい場所に置いてあるからですよ。

(室外のはとうに枯れました)




牛革草は1年草。






春に種から発芽して、

夏にどんどん葉を増やし、

秋にピンクの花を咲かせ、

冬には種を落として枯れていきます。





でも我が家の牛革草は、今やっと花が咲き始めたところです。





実はチョッと実験でもありました。

このまま冬が越せるのかな〜って。





近年、多摩川に「鮎」が戻ってきているそうです。

それが地球温暖化のせいなのか

越冬するものがいるのだとか。





牛革草も、(1年草ですけど)

同じように暖かければ越冬できるのでしょうか?

越冬したらその後も成長し続けるのでしょうか?






植物についてはあまり知らないので、

私にとっては実験なのです。




1.越冬し、そのまま成長し続ける

2.種ができて枯れる

3.育て方に失敗し、結果の出る前に枯らす
 ←これもあり得る^^;




あなたはどれだと思いますか?

予想してみて下さい。




ちなみに私は2番だと思っています。

3番もやってしまいそうですけど。

(この時期でもたっぷりの水やりを

怠ると元気がなくなります)






結果が出たら発表しますね

rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「今年の「牛革草」は一寸違う」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
牛革草の花 (2008/09/20)
そういえば、あの牛革草は? (2008/04/07)
虹色のバラ (2006/12/22)

虹色のバラ

  • 2006/12/22(金) 12:33:01

「虹色のバラがあるよ」


知り合いの子供が言いました。


「虹色のバラって?」

尋ねると 絵を描いてくれました。


「ウソぉ〜」

そんな色の バラなんか見たことも、聞いたこともありません。


「よくカーネーションをインクにつけて色付けするけど、あれみたいなの?
 …でもこんな風に色は付かないよ」

「うん。でもあるの」

「売ってるの 見たことある?」

「ない」



大人を からかっちゃぁ いけません。



そんなバラ どこへ行けば見られるのか?

半信半疑で調べてみると…



あったんです  虹色のバラ



特殊なインクで染めてあるそうです。

しかも 1まい1まいの花びらの色が違う…


世の中には不思議なものがあるものです。


いやぁ まいったな〜。

今度会ったら 疑ったことあの子に謝らなくちゃね。


 


これを見た時は 本当にビックリしました!!


多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「虹色のバラ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
牛革草の花 (2008/09/20)
今年の「牛革草」は一寸違う (2008/01/23)
そういえば、あの牛革草は? (2008/04/07)