大昌寺参道の桜

  • 2012/04/10(火) 23:46:15

平成24年4月10日現在の、日野の大昌寺 参道の桜です

大昌寺参道の桜−2
大昌寺参道の桜−2 posted by (C)ルンちゃん




大昌寺は土方歳三の従兄弟であり義兄でもある

佐藤彦五郎と、姉のぶのお墓のある所ですよ。

ここの参道の桜がいつも綺麗で、

いつかブログに載せようと思っていたのです。




大昌寺参道の桜−1
大昌寺参道の桜−1 posted by (C)ルンちゃん
このアングルが、ルンちゃんのお気に入り〜




じつは、去年も写真を撮りに行ったのですが、

その時はだいぶ花が散った後でした。ですから、

今年はリベンジでもあったんですよね




大昌寺参道の桜−3
大昌寺参道の桜−3 posted by (C)ルンちゃん



昨日ここへ来たときは、まだ上の方が咲いていませんでした。

人も沢山いて、上手く撮れなかったのですが、

本日は完全に満開! まさにジャストタイミングですよ!

がんばった甲斐がありました (実は出社前に撮りに行った^^;)



日野市役所の通りの桜
日野市役所の通りの桜 posted by (C)ルンちゃん



そして、こちらおまけの写真は、日野市役所の桜並木ですよ。

いつも市役所の駐車場に車を止めてから、

新選組のふるさと歴史館へと歩いていく道なんですけど、

ここもルンちゃんのお気に入りの場所なんです♪





今の季節、この道を通るのが嬉しい〜。

どこの桜も綺麗ですけど、この季節に

新選組のふるさと歴史館に来ることがあったら、

あなたにもこの道を歩いてみて欲しいです〜


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「大昌寺参道の桜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
歳三ふるさとの桜たち (2009/04/09)

歳三ふるさとの桜たち

  • 2009/04/09(木) 10:48:08

都心部よりいくぶん開花の遅い、日野や八王子の桜

今がちょうど盛りです





日野市の「JR豊田駅」前の通りをまっすぐ北上し、

新国道20号を抜けた左側に「コニカミノルタ」の工場があります。




工場内だけ住所が「桜町」と呼ばれていて、

日野市では有名な桜の名所なのですよ

桜の時期にはライトアップもされ「桜まつり」という

夜桜見物をしながらの「花見の宴」もあります。


コニカミノルタの桜並木(日野市)
コニカミノルタの桜並木(日野市) posted by (C)ルンちゃん


個人的には、亡き弓道の恩師とのご縁で、

敷地内にある道場で弓の稽古をしたことがあります。

夜桜を見ながらの弓射る稽古は、風情があって

とても心地よかったですね




もう少し北の、旧20号(旧甲州街道、日野自動車工場の辺り)は

幕末や明治の頃はすごく殺風景な場所だったようで、

「追いはぎ」などが出没する危険地帯だったそうですよ。





そういえば20年くらい前でも、

「追いはぎ」ならぬ「たぬき」が出没してましたっけ




土方歳三さんが、その西側の八王子市高倉辺りまで

馬の足慣らしで来ていたっていう話もあるらしいのですが、

出処がはっきりしないので、うわさだけかもしれません^^;
(引き続き調査してみます)





ところ変わって、

京王線「平山城址公園駅」を降りて、浅川近くの平山住宅団地には、

昭和の初期に娯楽施設(=遊園地)があったらしいです。

養殖池がいくつかあって、

そこで遊んだあとに川魚料理が堪能できたとか。





今は養殖池も埋め立てられ、娯楽施設はひとつもありません。

当時施設があったことを知っている人も少ないでしょう。

でも池の名残りのような広場と、施設の入口にあった

桜並木がみごとな花を咲かせています

平山住宅の桜並木(日野市)
平山住宅の桜並木(日野市) posted by (C)ルンちゃん



ここで初めて桜を見たとき、団地にしては

やけに立派な桜並木だなって思ったものですが、

施設の話を聞いたら納得できました。

桜並木だけでも残してくれて、ありがたいです





どちらの桜も明治以降のものなので、

土方さんは見てはいませんね。もし見ていたなら

豊玉の才能(?)を発揮して、一句ひねって頂けたでしょう

どんな句を作ったかな?




ところで今度の日曜日は、「近藤勇忌」ですね

流山の桜は、まだ残っているかしら。。。

rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
青文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「歳三ふるさとの桜たち」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
大昌寺参道の桜 (2012/04/10)