宮古海戦を追え!

  • 2007/05/17(木) 14:13:57

先日の歳三忌親睦会(二次会)は午後5時から

京王線「高幡不動尊駅」前の居酒屋でありました。



この親睦会 毎回結構面白いです




先程まで壇上に立たれていた講師の方や、

自分の席から遠く離れた場所にいらした

ご子孫や研究者の方々が グーンと身近に接近!

しかも同じテーブルでお食事ができるのですから

初めて経験した時は それは感動したものです




知らなかった話
ここだけの話も聞くことができて

すごく得した気分で帰ることができるのです。

(体験されていない方は次回参加してみて下さいネ)




さて今回同席させて頂いたのは 横田淳氏。

新選組関連の写真集やその他多数の本を出されています。

徹底した取材で写真集の中味はいつもかなり充実しています。




その取材でご苦労されるのが熊の出没

場所によっては山深く入っていくので、

しっかり熊対策もされるそうです。




いろいろな音の出るもの(鈴とか)はもちろん、

熊撃退スプレーも持参されるそうです。

それだけだってすごいのに、

万一熊に遭遇した際に相手と戦う為の

鎌も持参するらしいです。 ←戦わないと生還できないみたい




そこまで徹底しないといけないんですね。

史跡めぐりを甘く見てはいけません




その甲斐(?)あってか 最近新発見をされたそうですよ。

話を聞いているうちに 土方さんの存在がしっかり感じられました。

すごいです! 私も嬉しくなりました!

まだ公表されていないようですので言えませんが、

そのうち発表されると思いますので

お楽しみに!




その横田さんの最新本はこちらです。


miyako


「宮古海戦を追え!」 ←しっかり買ってきました(^^)



土方歳三のご子孫 土方愛さんとの共著本で、

宮古海戦のあった1869年5月6日から

ちょうど138年目にあたる日に発行されました。



副題が「土方歳三子孫の史跡巡り」と書かれている通り

宮古海戦の関連史跡を訪ねた冊子です。



写真や図が沢山盛り込まれ、

実際にモーターボートをチャーターして

回天の海戦航路も追跡しているその目線からのCG写真も載せられ

海戦当日、自分も船上にいるような錯覚さえしてくるのです。



宮古海戦についても詳細に書かれ、

まためずらしい甲鉄鑑の背後写真等もあり、

全32ページながら

読み応え充分の小冊子となっていました。



この本は自費出版とのことで

今のところ「土方歳三資料館」のみの販売だそうです。

ホームページのオンラインショップも8月末までは

お休みだそうですので、

資料館に行って買うしかありませんが

行く予定の方は是非ご覧になってみて下さいネ。




   ↑ ↑ ↑
こちらも横田氏の共著本です(^^)


rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「宮古海戦を追え!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
黒龍の柩(こくりゅうのひつぎ) (2008/01/21)
土方歳三と怪人 (2013/10/17)
新選組戦場日記 (2007/11/02)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

宮古湾海戦

こんにちは
横田さんと土方さんの共著ですか。是非とも欲しい一冊ですね。横田さんの取材話はどれも大変だ と思わせる物ばかり。でも昔は今みたいに便利な物が無い時代 そんな時に熊が出るような山奥に入っていったりしてるんですよね。本当に凄いと思います。
本は今度上京した時に入手したいと思います。

ほんとにすごいです

こんばんは〜

そうですね。横田さんの取材ぶりはいろいろな場所で聞いています。
いつもすごい人だな〜って思っていました。

この本は本当におすすめですので、是非入手して
感想を聞かせてくださいね^^

あったよ、確かに・・
そして買わなかったよ、なぜか・・・・

ばかばかばか!
自分のバカ(><。)
手に入りにくそうですね。
しまったなぁ(汗

たぶん大丈夫ですよ 

9月になれば、ホームページのオンラインショップで買えますよ〜。
在庫数にもよりますが、大丈夫じゃないのかな?
今度横田さんに会ったら聞いてみますね。

あざーっす!

お手間かけます。
ありがとうございます!

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する