沖田総司伝私記

  • 2007/05/21(月) 11:46:21

先日の「歳三忌」では2冊の本を購入してきました



一冊は前回お話した本(こちら)ですが、

もう一冊はこれなんです。



「沖田総司伝私記 / 菊地 明著(新人物往来社)




菊地先生は、長年新選組の研究をされている方で、

新選組同人誌「碧血碑」も主宰されています。




この本は「歴史読本」で2005年1月号から

2006年12月号に連載されていたものを

加筆・訂正して出版されました。



現存史料を再検証して、

沖田総司の「謎」のすべてを解明した本です。




「謎」。。。なぞ。。。?




その言葉に反応してしまいました




そうでした。じつは菊地先生、30年近く前に

「沖田総司の謎」という本を書かれているのですよ〜。

たぶん先生の処女作ではないかしら〜




当時ご自分で集めた資料を解釈して

「知られざる沖田総司の実像に迫る」

という主旨で書かれたものでしたが、

虚像の多かった総司の実の部分を

少し垣間見たような気がして、面白いな〜

と思ったのです(表紙も好き




あれから総司の史資料の発掘・研究が進み、

あの本を改訂するのにも無理があり

再版されずそのままになっていましたが、

「歴史読本」連載の話を受けて リベンジの意味も兼ねて

この「沖田総司伝私記」が登場したみたいです。




そんな初心の意気込みも感じられそうな本なのです。




ところで菊地先生の「沖田総司の謎」という本ですが、

私持っているのですよ〜



歳三忌親睦会のときに そのことを菊地先生に話したら

「もう捨てて下さい」と苦笑いをされていました。




いえいえ、今回買った本と読み比べて

楽しもうと思っていますよ〜

フフフ。。。♪



もちろん「沖田総司伝私記」だけで充分楽しめる一冊ですので

沖田に興味のある方は 機会をみつけて読んでみて下さいネ♪





↑  ↑  ↑
今回購入した本で〜す(^^)


rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「沖田総司伝私記」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
永倉新八の本 (2007/07/06)
ガルトネル事件 (2013/09/16)
箱館戦争異聞三部作 (2013/10/09)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

買えばよかったその2

コメントありがとうございました〜!!
リンクがんばります。
ちょっとまっててくださいね(^^;)

「謎」はずいぶん前に読みました。
でもこの本気になってたんですよね。
今度買いに行こう!
総司忌も行きたいよなー(泣

「沖田総司の謎」持ってますよ

「沖田総司の謎」はずいぶん前に読みましたけど
まったく内容を覚えてないです。(^_^;)
大内美予子さんや森満喜子さんの本は覚えてるんですけどねぇ・・・
それが「謎」?( ´艸`)ぷっ

楽しみ♪

みなさん ご存知なんですね。

今度 菊地先生にお会いした時、話してみます♪
どんな顔をするのか たのしみ〜(^^)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する