「京都守護職」設置の日

  • 2007/07/27(金) 11:35:01

新選組版「今日は何の日」です。



7月27日は「京都守護職」が設置された日です。




以前から京都所司代が町の治安維持にあたっていましたが、

当時の京の治安はすこぶる悪く、それだけでは手におえず、

幕府は京都所司代の上層機関として京都守護職を設置しました。




その日が1862(文久2)年7月27日でした。





その京都守護職になったのは会津中将松平容保様。

最初は彦根藩なども候補に上っていたようですが、

最終的には黒船来航で浦賀の警備にあたっていた際の

誠実な仕事をかわれて会津藩のご使命となったようです。




でも情勢を見れば誰もこんな仕事を引き受けたくはないですよね!

もちろん会津藩も固辞しましたよ。容保さんは病弱でしたし。。。




でも結局引き受けてしまいました。

なぜなら 容保さんは会津に養子に入った際、

会津藩の家訓をきっちり叩き込まれていましたから。





会津松平家の祖・保科正之は3代将軍家光の異母弟です。

正之は家光にすごく信頼されていて、

正之自身も家光に恩を感じていたようです。




そして

「大君(将軍家)を第一義として忠節をもって勤めよ。

 もしこれができないのなら自分の子孫ではないから、

 家臣たちも従うな」

という家訓を残したのです。




幕府は再三固辞する容保にこの会津の家訓を持ち出し

説き伏せてしまったのです。





当時26歳の若さの容保は家臣たちを集めて

「義を第一に将来のことは考えず京都を死に場所としよう」

と覚悟を語ったそうですよ。





泣けますね〜。

もちろん家臣たちも感涙しましたよ。





松平容保は同年12月24日、家臣1000人を従え

京都守護職として堂々入洛。

金戒光明寺に入り、以降鳥羽伏見の戦いまで

その地で治安維持の指揮をとるのです。




就任の際に覚悟していたとはいえ、

戊辰戦争で京をおわれ、なおかつ

あのような会津の悲劇に襲われることまでは

さすがに想像はできなかったでしょう。




誠心誠意 帝や幕府に使えたのに、

賊軍呼ばわりされるなんて

相当無念だったに違いありません。

帝から頂いた御宸翰(ごしんかん=帝からの手紙)を

生涯肌身離さず持っていた気持ちもわかります。





容保さんのことをよく知らなかった頃の私は

「ただの病弱な殿様」くらいにしか思わず、

どちらかといえば好きではない人物のひとりでしたが、

彼のことを知れば知るほど好人物として感じるようになりました。



なにより実直な姿に感動します。

もちろん、今では大好きな幕末の人物のひとりです(^^)

rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「「京都守護職」設置の日」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
生殺与奪の土方歳三 (2008/09/03)
ある隊士が粛清された日です (2009/06/22)
井上源三郎 誕生の日 (2008/03/01)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

何の日

こんにちは
僕はどうも年号や日付に弱くて(-.-;)
会津が京都守護職になったのは真夏だったんですね。会津と言う北国育ちの人達には京都の独特の暑さはかなり厳しかったでしょうね。
王城の地 京都の守護職 確かに大役です。実際孝明天皇からは絶大な信頼を得てましたから。ただ孝明天皇崩御の後からですよね。会津悲劇の始まりは。だから守護職になった日は会津悲劇の始まりと言ってもいいかもです。その流れはルンちゃんが以前にブログで書いた年末時代劇 白虎隊 を見ればよく分かります。
徳川への忠誠を誓ってるが為に守護職拝命を決意 それを家臣に しかも筆頭家老の西郷頼母に強く反対され 余を養子と侮るか のセリフ 忘れられません。

忠誠心

ロイが松平容保のことを知ったのは大河ドラマでした。(新選組も)
ドラマの中でもやはり、将軍家への忠誠心は厚いものでしたが、ルンちゃんの記事を見て改めて容保はすごいんだなぁと感じました。
今の世には容保や新選組のように忠誠心があったりする人はいませんよね・・・
彼らが生きていた国なのにもうそんな人は何処にもいないとは・・・。まぁ、ロイも人の事は言えませんが(苦笑)

あの話はよかったですね

元日野市民さん こんばんは

あのドラマはやはりよかったですね。
できれば大河ドラマを会津藩をテーマに作ってほしいところですよね。
そうすれば新選組も出てくるし、もっと会津藩の裏話が出てくるのに。
それは無理なのかしら?

そうですね

ロイさん こんばんは
そうですね。あの時代の人たちのような忠誠心を持った人はなかなかいませんよね。
でも私たちの遺伝子の中に少しは残っていて欲しいと思っています。
でも今の時代、何に対して忠誠心を持てばいいのでしょうね?

おもしろいのに

会津藩の話、面白そうですけどね〜。むずかしいのかな。
でも親王さまがお生まれになったし、何かやってほしいですね。

薩摩の血を引く秋篠宮殿下と会津の血を引く紀子さまに親王さまが生まれた。
これはけっこう歴史的な出来事だと思いませんか??

会津の話

味のりさん こんばんは〜

いつも戦国時代の同じ登場人物ばかりではなく、
今まで取り上げなかった題材で、大河ドラマをやってほしいですよね。
でも、来年の篤姫は期待できそうですね♪(^^)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する