芹沢鴨暗殺の日

  • 2007/09/18(火) 10:40:57

新選組版「今日は何の日」です。


上洛以来、数々の暴挙を行っていた芹沢鴨ですが、

大和屋焼き討ち
は、やりすぎだったというべきでしょう。




江戸時代の「火付け」は大罪!

しかも御所の近くでの、この騒ぎ。

これが大問題とならぬはずがありません。




会津の公用方が近藤らを呼び、

芹沢の処置を命じたとも言われています。




その日は朝から雨が降っていました。





島原の角屋(すみや)で、新選組の総会が開かれたといわれています。

すでに数日前には芹沢の腹心、新見錦が切腹し、

芹沢たちにその処罰を追及される前に、行動を起こす必要がありました。




会合が済むと、すぐに宴会が始まりました。

土方らは芹沢らを酔わせるため、

盛んに酒をすすめていたといいます。




暮六ツ頃芹沢は、平間重助・平山五郎を引き連れ

壬生に戻りました。

壬生にはお梅がいたようで、島原から連れてきた

桔梗屋の小栄、輪違屋の糸里
とともに酒宴となりました。

酔いがまわると彼らは床についたのです。




さらに夜は更け…




最初に寝所にやってきたのは土方だといわれています。

彼は室内の様子を伺い去っていきました。




しばらく後、数人の男たちが抜き身を手に突入!

平山とお梅は即死。

芹沢は傷を負いながらも縁側に出て、

隣の部屋に逃げ込もうとしました。

しかし室内の文机につまづいて倒れたところを

次々と斬りつけられとうとう絶命したのです。←今でも八木家に刀傷あり!




その日が文久3年9月18日でした。





この暗殺日は9月16日だったともいわれています。

幾つかの史料から、当時の18日は雨ではなく

16日に雨が降っていたことがわかっていること。

墓石に書かれた「9月18日」の文字は

葬儀のあった日を意味している可能性が高い

などの理由からです。





また暗殺者の5人も「近藤・土方・沖田・山南・原田」という

説の他に、別のメンバーの説もあるようです。





現場にいた小栄と糸里は無事でした。

平間重助も無傷で、下帯一本の姿で抜き身を持ち

大声で叫んでいましたが、いつしか姿が消えて

行方知れずになったといわれています。





ちなみに最近の歴史家の研究で
 
平間はそのまま郷里の芹沢村に帰り、

明治7年まで存命していたことがわかっています。




一方芹沢派の最後のひとり、野口健司

当日は角屋に残っていたため難は逃れましたが、

同年12月27日に切腹しています。




この粛清により、名実ともに新選組は

近藤たちのものになりますが、

数年後には、幕府の落日とともに

新選組もその姿を消してしまうことになります。



「盛者必衰」とはよく言ったものですね


参考書籍「沖田総司伝私記 / 菊地 明著(新人物往来社)」


rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「芹沢鴨暗殺の日」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
御前稽古、披露の日 (2009/04/16)
近藤勇、松本邸再訪の理由 (2008/10/14)
会津降伏の日 (2008/09/22)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

芹沢暗殺

こんにちは
芹沢暗殺の日ですか?いろいろな説はありますが自分は芹沢無くて新選組は無かった 芹沢あっての新選組だと思ってます。水戸時代の芹沢にはいろいろなエピソードが残っていて 芹沢は嫌いじゃないです。ただ大和屋焼きうちやまだ浪士隊の頃の本庄宿での宿割り担当近藤へのあてつけの焚き火等問題行動も多いですけどね。
芹沢関連は茨城在住の清水りえ様ご夫妻の案内で回りました。(もちろん菊地先生達と) 大変充実した史跡巡りになりました。(清水様菊地先生他当日参加された皆様 その節はありがとうございました。)

ヒール?

芹沢さん、少し前までは立派な「ヒール(悪役)」だったのに、最近は変わりましたね(^^)
新撰組の汚い部分を請け負っていたイメージが今は強いような気がします。
私も芹沢さんがいたからこそ、あのとき京都に残ることができたと思ってます。
平間さんが生きてくれてて、嬉しいです、なんだか(笑)

私も好きです

元日野市民さん こんばんは^^

わたしもですね〜、新選組を知った頃から芹沢さんは好きですよ。
八木さんちのお葬式のお手伝いをしたり、
人を惹きつけるところもあったり、
なぜか憎めないのですよね。
でも私が幕末にいたら、関わりたくなかった人ですね〜^^;
命がいくつあってもたらなさそう。
そうです。芹沢さんは、遠くから眺めていたい人っていう感じでしょうか(笑)

そうですね

味のりさん こんばんは

芹沢さんのおかげでダンダラ隊服もできたし、
あの頃はなにかと芹沢さんのおかげで
助かっていたと思いますよ。
平間さんは無事に故郷に帰って、
本当に良かったですよね^^

茨城史跡巡り

元日野市民さんの運転で数年前に行って
きました。私も。
思いで深いです。

茨城

伊藤哲也さん
あけましておめでとうございます^^
ご無沙汰していますが、お元気ですか?

私は芹沢さん関連の史跡は行ったことがありません。
いつかは、足を運びたいとは思っています。
今年も始まったばかりですが、
出来る限りの新選組史跡を訪ねたいです。
また、お会いした時にいろいろ教えて下さいね。
今年もよろしくお願いします。

今年の

今年の歳三忌、一応
行きます。その時は
よろしくお願い致します。

お久しぶりです

伊藤さん、こんにちは。
ご無沙汰しています。お元気ですか?

歳三忌はご参加ですね。
そのときまた、斉藤一さんのお話でも聞かせて下さいね。
今年もよろしくお願いします。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する