箱館奉行所復元

  • 2007/11/29(木) 12:03:35

たぶん ご存知の方も多いと思いますが、

五稜郭内にあった「箱館奉行所」が復元されます。



箱館奉行所ってなぁに?

という方のために、チョッと説明しておきますね




1854(安政元)年に締結された

日米和親条約によって

下田と箱館が開港されました。 ←教科書に出てましたよね^^



その開港にともなって、防衛や開拓などの関係で

箱館奉行所も設置されたのです。




五稜郭ができる前は

箱館山の山麓にあったのですが、

まわりから丸見えの上、一大事のときに

海からの艦砲の標的にされる可能性大だったので、

五稜郭内に再設置されたのです。




そして箱館戦争の際は

榎本軍の基地になったのは

ご存知の通りです。




その後取り壊され、

五稜郭内の博物館分館の前に

建物のごく一部だけが残っていました。




その箱館奉行所の復元工事が

現在進行中なのです





箱館奉行所復元はこんな感じですよ。

以前写真で見た通りですよね。



→ 函館市都市建設部のページ

→ 函館地域ニュース




平成17年に私が五稜郭へ行った時には

まだ現地調査中で、

敷地にロープが張られていました。




そろそろ工事を始めるのかなと思っていたところ

7月13日に着工されたようです。




10月に函館へでかけた友人に

状況を教えてもらったところ

白い天幕が張られ

全く内部はわからなかったみたいです。





奉行所の復元には、

たぶん賛否両論あるのだろうと思いますが、

個人的にはとてもうれしいですよ!!




以前からあの空きスペースを見て

「ここに箱館奉行所が出来ればいいのに」

と思っていたので、

復元の話を聞いたときには

ガッツポーズをしていました(笑)




完工は平成22年とちょっと先ですが、

また五稜郭タワーが出来たときのように

いち早くでかけてその様子を眺めてみたいです。




今からもう感動しちゃいそうです。




思い出すと待ち遠しくてたまらなくなるので、

なるべく思い出さないようにしているのですが、

やっぱり書いてしまいました

みなさん一緒に楽しみにしていましょうね

rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「箱館奉行所復元」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
お導きか偶然か (2007/04/02)
新選組上映会回想 (2006/11/28)
新選組のふるさと歴史館の企画展 (2008/08/06)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

ということは・・・

五稜郭内を掘り返すんですよね。
土方さんの骨でてこないかなぁ(^^;)
あとその近くに埋めた、といわれる伊庭八とか。

無理に探さなくていいから、こういう何かのついでとかで出てきて欲しいですね〜・・

函館奉行所

歳さんの遺骨を故郷に帰す会のご尽力で五稜郭内の調査をする事が決定してます。
各資料から土方さんは五稜郭内に埋められて土まんじゅうになってると言う事で資料に基づいて土まんじゅうを掘って調べるそうです。言葉足らずですみません 。

函館奉行所復元、楽しみですね♪それよりも、「五稜郭の夢」が楽しみ!今日から始まるので。

フムフム

味のりさん
なるほど、そういう考えもありますね。

箱館奉行所の跡地に建てるので、
あの場所には何もなさそうでしたけどね。
きちんと調査もしたみたいですし。
でもなにか発見されればうれしいですね。

本当?

元日野市民さん 
情報ありがとうございます。

最近あの会のこと聞いていなかったので、
どうなったかな?と気になっていたのですが、
あの土まんじゅうを壊すのですか?

一番有力だとは思うのですが、出てくるかしら?
あそこ一度 掘ったことあるのではないでしたっけ?
場所が移動されている可能性もあるのでは?

でも具体的なことがわかったら、是非教えてくださいね。
よろしくお願いします。

行きたいです

副長さん、冬の函館はまた格別ですよね。
まだ行ったことはありませんが、
是非いつかは訪問したいと思います。

副長さんはお出かけになるのですか?
楽しい旅行をなさってくださいね。
また旅先でのこと、
いろいろ教えて下さい^^

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する