冗談新選組

  • 2007/12/05(水) 10:14:03

絶版になった新選組本で、

すばらしいものはたくさんあります。



「噂で聞いたけど絶版で読めないよ」


というのは、とても残念なことですよね。

私にも経験がありますよ。




でも、中には復刻する本もあります

今日はそんなコミック本のご紹介です。




冗談新選組/みなもと太郎著




知っている方は「懐かしい」と思うでしょうね。

知らない方は是非読んで下さいな




とてもなじみがあって、

どこか親しみのあるキャラクターたちなのです。





みなもと太郎氏は

子供雑誌にも連載していたこともあり、

そんな点からもなじみがあるのかもしれません。




主人公は、土方さんです。



土方キャラの顔はまともな顔なのですが、

近藤は横長、芹沢は縦長、

沖田にいたっては もう表現できません。


最初に見たときは、かなりショックでしたよ(笑)





たぶん初めて見る方は

同じショックを受けると思いますよ。




でもみなもと氏のコミックには

よく登場する顔なので、

そういうものだと納得してください




ストーリーは日野時代、京都時代、

そして鳥羽・伏見戦から流山まで。




大雑把に分かれているものの

氏のアレンジで小気味よく進行し面白いです。




例えば、貧乏で所得税を支払えない試衛館に

税務署員が脱税調査にやってきたり、

その税務署員が京都で鞍馬天狗になって

再登場したりします。





多少「燃えよ剣風(?)」みたいな

ところもありますが(わざとね)

そんなところも私の好きなところです。




昭和50年頃に出版されたものですが、

大河ドラマ「新選組!」放映の頃に

再販されました。





そのせいか再販本には

三谷幸喜との対談が載っています。





冗談…というくらいですから、

シリアスを求める方にはおすすめできませんが、

チョッとお茶のひと時に読むのはいいかもしれません。




すぐに読めてしまいますので、

どうぞ軽い気持ちで読んでみて下さい。






冗談新選組/みなもと太郎著



その他の新選組コミック


rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「冗談新選組」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
黒猫が見てた (2012/05/30)
無 頼 (2008/04/11)
「るろ剣」もう1つの楽しい読み方 (2008/11/01)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

冗談新選組

こんにちは
これはまた懐かしい本が出て来ましたね。
(織田裕二風に)冗談じゃない じゃなくて冗談新選組…

以前レンタルビデオの仕事をしてた時(町田市民時代)映像の新選組等を調べていた事があって持ってはいないけど懐かしい本です。

そういう本が有ったんですね。

初知りです。
私は中学の時から新選組関連の本を買いあさって、現在、30冊以上、数えきれないぐらい持っていますが、これからも買いあさって行こうかなと思っています。

懐かしい

元日野市民さん こんばんは
「冗談新選組」懐かしいでしょ^^
久しぶり書棚から出してきてページをめくっているうち、
結局最後まで読んでしまいました(笑)
いつ読んでも楽しいです。

買っているうち

副長さん こんばんは。
私も中学時代から、新選組本を買いあさっていましたよ。
それで、今では冊子も含め700冊位になりました(笑)
部屋中本だらけで、書斎を切望している今日この頃です。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する