井上源三郎最期の日

  • 2008/01/05(土) 10:08:09


新選組版 「今日は何の日」です。




鳥羽伏見の戦い3日目。




旧幕府軍が圧倒的な大軍だったにもかかわらず、

薩長軍側の新式銃火器登場により

しだいに旧幕府軍劣勢状態へと変わっていきました。





前日より千両松に待機していた新選組にも

最大の激戦が訪れます。





1868(慶応4)年1月5日






薩長軍からの銃弾の攻撃は

相変わらずすさまじいものでしたが、

それでも不意をついて彼らに接近し、

新選組は槍や刀で応戦しました。





一旦は敵を退かせたものの

次々と襲ってくる銃弾になすすべもなく

新選組隊士たちは次々と倒れます。






そして江戸以来の仲間である井上源三郎も

銃弾を受け壮絶な最期を遂げるのです。






この日戦死した隊士は14名。





源三郎が戦死したとき、

甥の井上泰助はすぐさま叔父の刀と首を取り、

持ち去ります。






しかし退却の途中、あまりの首の重さに

隊から遅れがちになり、仲間からの助言で

泣く泣く 途中にあった寺の前の田んぼに

刀と叔父の首を埋めてくるのです。





後に泰助は家人にその話を残しますが、

残念なことにその寺の名前は

現在では定かではありません。






千両松から敗走した新選組は、

淀城で反撃をこころみるつもりでしたが、

淀藩に入城を拒否され、

城の西側 約4キロ先の橋本まで後退します。






そして6日、津藩が新政府軍に寝返ったことから、

旧幕府軍は戦いを維持できずに撤退、

新選組も大阪まで敗走することになるのです。

rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「井上源三郎最期の日」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
近藤勇 墨染で狙撃! (2007/12/18)
天満屋事件の日 (2007/12/07)
会津藩士 柴司 (2008/06/12)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

井上源三郎

こんにちは
井上源三郎戦死の地って淀の競馬場の近くなんですよね。
かつて東大阪市民だった大学時代 僕はいつも京阪電車で四条まで行きバスに乗って壬生まで行ってました。
あの日もいつものコースでいつものように先頭車両に乗ってました。そして淀の競馬場に差し掛かった時に起こりました。そう 人身事故です。幸か不幸か瞬間とか状況は見てません。が当然電車はその場に暫く停車 その後中書島(寺田屋最寄り?駅)まで移動 運転士交代でそのまま走りましたが気持ち良いもんじゃ無いです。その前にもJRの伏見稲荷前でやはり先頭車両に乗っていて踏み切りから脱出しきれなかった車との衝突事故を経験してます。どちらも鳥羽伏見ゆかりの地でしかも京阪の場合は源さん戦死場所の近く これは…なんてね。(-.-;)
ただ今でも名神高速の天王山トンネルはなるべく業界関係の人とは通りたく無いです。(すでに何度も通っているけど)


こんにちは〜

自宅から歩いて行けるところに、「戊辰戦争・橋本砲台場跡」があり、その近くにある、この時の戦いで唯一無事だった久修園院という寺院で、少しの間、感無量に浸っていた事を思い出しました〜。

さすが!鳥羽伏見の戦いの細かい描写に感服です。

こちらからもリンクさせていただきましたので、今後ともよろしくお願いします。

こんばんは

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

そうなんですよね。
私も、昨年千両松を見てきました。とっても見つけづらい場所でしたが・・・。
一時的に、千両松の付近に源さんの幽霊が一時的に出ていたって聞きますけど本当なんでしょうかね?

あけましておめでとうございます

源さん大好きですねー。
そんなに年寄りじゃないのに、なぜか年寄りにかかれることが多かったり、免状もとってるのになぜか剣はへたくそに書かれてたり、ヒゲの姿で書かれてたり。。。
今のいろんな源さんを、本物の源さんは穏やかに見てそうで、勝手なイメージだけどそう思わせる源さんが大好きですね。
源さん最後のイメージは「その時歴史が動いた!」ですね。
大砲のところで必死に「撃て!撃て!」と叫んでるところへの銃撃に倒れる。。。そんなシーンでした。
大河は残念ながらちょっと(^^;)

源さんのところには一人で行くな、と止められてます。
なんで・・・?(^^;)

未経験

元日野市民さん こんばんは。
千両松近辺はまだ行ったことがありません。
一度行ってみたいと思っていますが、怖がりなもので
そんな話を聞くと足が遠のいてしまいます^^;
いつ行くのやら…

ありがとうございました。

indoor-mamaさん ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします^^

「戊辰戦争・橋本砲台場跡」なかなか興味が持てそうな場所ですね。
史跡が残っているのなら行ってみたいです。
これからもいろいろな情報を教えて下さいね。

本当ですか?

BlueKingさん 本当ですか?
あの辺りの幽霊話は有名ですが、
源さんの話は初耳です。

軍中法度にあるようにその類の話は土方さんが嫌っていそうですから、
てっきり試衛館メンバーは出てこないと思っていたのですけれど〜^^;

えっ?

源さんの所へは行くな?^^;
やっぱり…ですか^^;
…それはこっちにおいといて。。。

源さんは免許皆伝者ですよね!
その辺はしっかり世間様に認められて欲しいです。
最期のシーンは別として、
大河ドラマで斉藤一に手刀を向けたところはとてもカッコ良く、
私のお気に入りのシーンですよ♪
実際の源さんもあんな感じだったのでしょうか?

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する