山南敬助 切腹の日

  • 2008/02/23(土) 11:18:26

新選組版「今日は何の日」です。



1865(元治2)年 2月23日





この日、新選組総長 山南敬助が

壬生の前川邸で切腹しました。






子母沢 寛著 『新選組始末記』を題材にした

ドラマなどでもおなじみの話ですね。

永倉新八著の 『新撰組顛末記』も含めてその話を要約すると。。。



その頃、近藤は副長の土方の考えを重視し、

総長である山南をなにかと疎んじていました。




もともと勤王思想であった山南は

新選組のあり方に疑問を持つようになっていました。





何事にも反対を唱える山南に

近藤もいちいちその意見を受け入れることが

できなくなっていたのです。




その頃新しく江戸からやって来た伊東甲子太郎は

勤王攘夷派で二人は意気投合し、

山南は彼の論に次第に心酔していくようになりました。





それをまた近藤はよくは思わず。。。





山南には機会があれば脱退して勤王運動に尽くそう

という伊東との暗黙の了解があり、

何かのきっかけでそれが行動に移されたようです。





一説にはちょうど隊士が増え、手狭になった壬生屯所から

西本願寺へ移転する話が浮上し、またも反対する

山南の意見を受け入れようとしない近藤に対して、




「こんな局長とは行動を共にできない!!」




と脱走、沖田総司が大津に行って連れ戻した

とあります。





壬生に戻った山南を伊東と永倉が訪ね

再び脱走をすすめますが、

山南は壬生に戻ったときからすでに覚悟を決め

真摯に沙汰を受け入れ、幹部達との水杯の後

沖田の介錯で見事に果てたということです。








とても有名な話ですが、

実は事の真相は はっきりとわかっていません。






最近の研究では

元治元年1月に山南は命にかかわる事件に遭遇し

その後、通常の隊務にもつけない有様になったともいいます。





それが原因で池田屋事件にも参加できず、

日を追うごとに諸々の出来事がつのり、

何かのきっかけで脱走、または脱走扱いにされ

切腹に至ったという説もあります。

(参考/菊地 明著 『沖田総司伝私記』






どちらにしても想像の域は出ないようです。

しかし2月23日に山南が切腹し

光縁寺に埋葬されたことは事実です。






2月23日。





この日は奇しくも

「浪士隊が江戸から期待を抱いて上洛し、京へ到着した」

という彼らにとっては特別な日でもありました。

rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「山南敬助 切腹の日」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
土方歳三の命日です (2007/05/11)
近藤勇の襲名披露試合の日 (2008/08/27)
迷惑な入隊志願者 (2013/10/07)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

不思議ですね

新撰組の幹部の一人でありながら謎の多い人ですよね。
伊藤さんを斬ったときとは大違いで、剣豪とはいえ沖田さん一人で追わせてるし。
1対複数が基本の新撰組。
あの土方さんが本気で嫌ったら局長の言葉だろうと一人で追わせるようなマネはしないとおもうんだけどなぁ。
「春の南や・・」を読むとねぇ。
山南さんの人柄を読んでもいわゆる仲違い説は信じたくないですね。
ていうか、自分のブログでかけばよかったな(^^;)

おはようございます。

そうなんですよね。
浪士組が壬生へ到着してから2年後に、山南さんの切腹。。
他の隊士たちはどのような思いでこれを見届けたんでしょう。
悲しくなっちゃいます。

昨日、戊辰戦争の展示をようやく見てきましたよ(^^)

そうですね・・。

私もそれは知ってました。山南さんは何を思って脱走したのか・・・真実は本人しか分かりませんよね・・。京都に住んでないので、家から手を合わせていました。

こんにちは

けろっぴは、新選組は大河から興味をもった人なたので
山南さんの死(切腹)はとても悲しくつらい出来事でした(>_<)

詳しい資料はないようですね・・。
何を考え思い、その行動に至ったのか気になります。。。

味のりさん こんばんは

昔は全く疑ってなくて、そんなもんだと思っていましたが、
どうして総司さんだけが大津に行って
しかも山南さんをしっかり連れ帰れたかが、
今はすごく不思議に思えるのです。

何があったのかな〜?
知りたいですよね^^

偶然

BlueKingさん こんばんは

大津から壬生への帰り道は、ちょうど江戸から京に入ったルートと同じだったはずです。

きっと二人で上洛のことを思い出していたでしょうね。

そう思うと切ないです。。。

謎2

みんとさん はじめまして^^
ようこそいらっしゃいました。

山南さんは生い立ちも不明な部分が多く、謎ばかりです。

でも確かにそこに存在していたのは事実。

3月9日(日)に「山南忌」があるようですが、
今年もかの人を想って沢山の方が訪れるのでしょうね。

みんとさん、どうぞまたお気軽にコメント下さいね^^

大河の山南さん

けろっぴ姫さん こんばんは^^

「新選組!」のあの1話はすごくよかったですよね!

事実かどうかは別として
今までにない山南と土方の関係が好きです。

あの1話で涙を流した方は多いはず。
本当によくできた作品でした。

そうなんですか!!

3月9日にあるんですか!私も京都に住んでいたら絶対いくのになぁ・・・。
きっと天国で山南さんはそうやってお墓にファンがくることを嬉しく思ってらっしゃるでしょうね。

山南忌

みんとさん 
ダブルコメントありがとうございます^^

昨年から始まった「山南忌」
(さんなん忌というのだそう)

行きたかったけど都合がつかず無理でした。
今年もやはり行かれそうにありません。
でもいつかは参加してみたいと思っています。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する