新・歴史群像シリーズ【土方歳三】

  • 2008/04/01(火) 11:47:08

久しぶりに読み応えのある新選組本が刊行されました!

先週発売され、すでに書店でご覧になった方も

いらっしゃると思います。




新・歴史群像シリーズ?【土方歳三】
〜洋装の“武士”として散った漢の一徹〜






1999年にも歴史群像シリーズで

土方歳三が出版されていますが、

それとは全く内容が異なります。





今回の本は、

現在の新選組研究の最先端
ともいうべき内容です。






最近、ビジュアル版で刊行された

35ページ程の新選組本が初心者向けとするなら





こちらの本は、

より深く土方歳三や新選組を知りたい人向けの本ですよ






ですから一通りの、新選組が歩んだ足跡を知っていないと

わかり辛いところもあるかもしれません。







そのかわり、ある程度新選組のことがわかるのなら、


「えっ、そうなの!?


って、次々と新しいことに触れることができて、

興奮の連続で楽しいですよ






例えば、幼い頃の歳三のエピソードも

初めて聞くものが多くて面白いですが、





数年前から浮上している

「歳三の遺影を佐藤家に届けたのは

本当に市村鉄之助だったのか!?」


の問題についても考察されていて興味深いです。





また会津戦争での歳三が歩んだ足跡や

箱館戦争での歳三の最期の日の行動が、

地図上に日付や時刻入りで載っているので、





当時の状況を想像したり、

実際に現地へ史跡めぐりに行った際にも

参考にしたりできそうで、いろいろ使えて便利ですよ。






著者は

菊地明・伊東成郎・山村竜也・

釣洋一・藤堂利寿・横田淳・萩尾農氏他、

新選組研究ではお馴染みの諸先生方と





土方歳三(土方家)のご子孫である

土方愛さんです






新旧の資料を基に当時の状況が書かれていたり、

斬新な切り口で考察している部分もあったりで、

とても興味をそそられました。





他にも和泉守兼定と、

少し大きめの歳三全身肖像ポスターが付いていますので

欲しい方にはたまらないのではないでしょうか(笑)





書きたいことは山ほどありますけど

全部書けそうにもないので、

あとはあなたの目で実際に確かめてみて下さいね









新・歴史群像シリーズ?【土方歳三】
〜洋装の“武士”として散った漢の一徹〜







あなたのお役に立てましたか? 
あなたの応援クリックで次回もがんばります!
 →歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「新・歴史群像シリーズ【土方歳三】」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
子孫が語る土方歳三 (2007/06/13)
近藤勇の妹が出てくる物語 (2010/09/24)
太宰治のえがく新選組 (2012/11/28)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

よっしゃ!

明日は本屋に行くぞ!!!!

もう買いました。

土方好きな私としてはものすごく嬉しいですし、1回読み切りましたけど、また読もうかなと思っています。

土方歳三、最後の1日

旧暦の5月11日は今では6月、東京でも夏至の日は午前3時半位に東の空が明るくなりますが、緯度の高い函館では、その日はかなり早い夜明けで、土方歳三の行動開始も早く、最後の日は長い一日だったのでは?と想像していました。
是非とも読んでみたい本ですね。またいつの日か新暦に置き換えた日に時刻を合わせて、土方歳三の足取りを追ってみたいものです。

こんばんは、はじめまして^^私も他で新撰組ブログやってますw
このブログみつけまして、楽しく拝見させて頂きました!これからも頑張ってください!!

はい、そうして下さい^^

味のりさんも是非読んでみて下さいね♪
できれば感想も聞かせて頂けると嬉しいです。

さすが!

副長さん チェックが早いですね^^

史跡めぐりにも使えそうですから、
ボロボロになるまで読むのも良いかもしれませんね〜^^

足跡

允@遊撃隊さん お久しぶりです^^

今回の本には地図上に日時や時間が載っているので、
解説を読みつつ当時の様子を想像しながら、
足跡をたどって読んでいます。
疑問点もありますので、ぜひ著者の先生方にお会いしたときに聞いてみたいと、
今から各忌が楽しみです^^

はじめまして

るなさん はじめまして。
ようこそいらっしゃいました(^0^)

応援ありがとうございます。
楽しい記事を沢山書いていきますので、
どうぞまたお立ち寄り下さいね。

ブログを開設されているのですか?
こちらからも遊びに行きますので、
よろしければURLをご紹介下さいね。
これからもよろしくお願いします^^

少し見ましたよ!

私もこの間書店に並んでいたのでちょっと立ち読みしました!さすがに値段が高いので、欲しかったのですが、買いませんでした・・。
お金が入ったら買おうと思ってます!!

これは、これは

こんな本が発売されているとは、全く知りませんでしたー。
情報ありがとうございました。
著者の方々も錚々たるメンバーで、これは絶対に買いですね。
明日は、本屋に走ります。

そうですね

みんとさんこんにちは。
値段はけして安くはありませんが、
内容で考えたらかなり充実していると思います。
どうぞ読んでみて下さいね。

買いました?

紫蝶さん こんにちは。

もう買ったかな?
また読んだ感想も教えて下さいね〜^^

新しい情報

初めまして、この本早速買いました。日野宿、上佐藤の関係者、佐藤文明さんの記事が目新しく東海道は昔、石田村付近から分岐していたなど驚きです。

日野宿

munnさん はじめまして!
ようこそいらっしゃいました。そしてコメントありがとうございます。

たまびとルンちゃんとしては、日野宿関連の話はとても興味をそそるものでした。
最初に目にしたとき、この記事が載っているだけでも、この本を手に入れたいと思いましたよ。
ざっと読んだだけですので、またじっくりと読み返すつもりです^^

munnさん また遊びに来てくださいね。

初めて知りました

ルンちゃんさま
こんにちは。お久しぶりです。

なかなか面白そうな本が発売されたようですね。
歳三の遺影を届けた市村鉄之助の事などかなり興味があるので本屋で売ってたら買ってみようと思います。

教えて頂きありがとうございました。
当ブログから後ほど、リンクさせて頂きます。

読み応え

BlueKingさん こんばんは。

日野宿についても書かれているので、
きっとBlueKingさんも満足できる本だと思いますよ。
どうぞお楽しみ下さいね。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する