総司忌がもうすぐです

  • 2008/06/20(金) 14:02:21

今度の日曜日、

6月22日は総司忌ですね。




普段は立ち入り禁止の

沖田総司
さんのお墓。

この日だけは彼の墓前で

手をあわせることができます






そうなんです、年に1度だけ…





それはまるで 

七夕の織姫と彦星のような

1年ぶりの再会ですよね






その貴重な1日、彼に会うために

日本国中からたくさんの人が集まってきます。






沖田総司のお墓が立ち入り禁止になったのは

昭和の後半の頃でしょうか。






初めてその場所を訪れ、

中に入れなかったときのショックは

今も忘れません





でも最近では、立ち入り禁止になって

良かったと思うようになっています。

1年に1度は会えますしね。






総司さんの墓石は幕末当時のままです。

でも墓石は風化が激しく

表面の文字を読むことも難しくなっています。






彼の墓石にトタンの屋根があるのも

少しでも風化を遅らせるための

防護策だと聞いています。






それでも風化は止めることはできません。

以前は表面の文字は読めましたからね。

明らかに前より墓石の痛みは進んでいます。






もし立ち入り禁止じゃなかったら

そのつもりではないにしても

頻繁に墓石に触られたり、

カメラのフラッシュに晒されたりすると思うのです。

(心無い人もいるらしいし…)






それは墓石の崩壊を加速する原因になるのではないか

と考えるのは思い過ごしのことでしょうか。






この先いつかはなくなってしまうのかもしれませんが、

それでも今と昔をつなぐ架け橋のような存在の墓石は、

できる限り残っていて欲しいと願うばかりです。






たぶん同じ思いの方は

たくさんいらっしゃいますよね。






総司忌当日は、年に1度 彼の墓参ができる有難さと

彼の墓石を大切に思う気持ちを携え、

出かけたいと思います。





総司忌にお出かけのみなさん、

お互い墓参のマナーを守って

総司さんに会いに行きましょうね





総司忌の詳細はこちら
⇒ 総司忌のお知らせ





あなたのお役に立てましたか? 
あなたの応援クリックで次回もがんばります!
 →歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る


「総司忌がもうすぐです」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
沖田総司の命日は暑い! (2008/07/19)
薩摩を食い尽くせ! (2009/05/27)
歳三の横笛 発見! (2007/05/09)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

総司忌

 今日は総司忌。 あいにくの雨模様である。 細君と娘を連れて墓参。 前にも書いたが、お墓にかけられた屋根には冬の凍結による墓石破壊を防ぐためということを踏まえ、マジマジと墓石を見てしまった。 http://blog.livedoor.jp/nakai_linda/archives/51308350.html

この記事に対するコメント

なんとか

お墓の風化は沖田さんのものだけでなく、山南さんや他のたくさんの人たちのお墓も同じですよね。
なんとかしたいですね。。。。
原爆ドームを残すために開発された液体ガラスを使えないものか、どうにか働きかけられたらいいんだけどな。。

でも風化していく時間もありのままで大事なのかなぁ、とか考えちゃいますね。。。

風化とは、どうやっても止められないものですよね(/_;)でも、私としては現在まで残っている事自体が凄いと思います。いろいろな方の苦労のお陰だと思います。当日は私もいろいろな方に感謝して手を合わせてこようと思います(^ω^)

保存

味のりさん こんばんは。

今では結構保存の方法も開発されていますよね。
新技術で保存してほしいなぁと思う反面、
表面が既に読めなくなっているので今さらかなぁとも思い
複雑な心境です。
この先どうなっていくのでしょうね?

墓石

はるわさん こんばんは

街道歩きをしていると
結構古い墓石や碑に出会います。
それらと比較すると総司さんの墓石のなんと脆いことか…(><)
京都の河合耆三郎さんの墓石と比べてみても
その差がわかりますよね。

きっと当時は墓石に費用をかけることも
ままならなかったのだと思います。
身内に看取られることもなかったという状況も含め、
あまりにも痛々しいです(><)


はるわさんも総司忌に参加なんですね。
雨の中、気をつけて来て下さい。

そうですね

なんだか悲しい限りです。
マナーの悪い人たちがいるから・・・。

私も当日次第ですが、時間が取れれば総司忌に行ってみようと思います。

こんにちは

以前総司忌の詳しい情報をお教えいただきましたくみです。
おかげさまで22日、沖田さんのお墓参りに参加させて頂きました。
講演会では楽しいひと時を過ごすことが出来、とても満足しています。
 
お墓の写真を撮る方も確かにみえました。撮りたい気持ちも分かりますが、どうなんでしょう。自分がもし正面からカメラを構えられたら?とはあまり考えないのでしょうか。
関係者の方の迷惑になる行為だけはご遠慮いただきたいものですね。
かくいう私もファンのひとりとして、失礼なことはなかったか改めて思い返しています。

BlueKingさん

BlueKingさん!

もう総司忌は終わりましたよ!!
今度の日曜に行っても、お寺に入れませんよ。
ご注意下さい^^;

くみさん

こんにちは^^
よかったですね〜♪
私もご紹介できて嬉しく思います。

写真を撮るくらいなら良いとは思いますが、
フラッシュをバンバンたかれるのはどうかな?とは思います。
でもそれより墓石を削ったりされるのが心配^^;

最近いろいろなところでマナーについて問われていますよね。
藤堂さんのお墓は立ち入り禁止になりましたし…

そうならないためにも一人ひとり注意していきましょう。
もちろん私も気をつけます。

墓石

こんにちは。
削るひと、今でもいるのですか。
お寺の方に嫌がられるのも悲しいことだけど、そういう心無い人たちがいるのなら仕方ないですね・・・。
マナーの悪さを考えると一年に一度だけとはいえ、お参りさせていただけるのはありがたいことなんですね。

どうかしら?

くみさん、ダブルコメントありがとうございます^^

さすがに総司さんのお墓は削る人はいないと思いますが、
別の場所の墓石はそんなこともあったみたいです。
(どこのものとは、あえていいませんが)

墓石によっては痛みの激しいものもありますので、
できるだけそのようなことのないよう
マナーは一人ひとりが守っていきたいですね。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する