ミスマッチな史跡めぐり(かしら?)

  • 2008/11/13(木) 11:00:16

先日の日曜日は、鎌倉街道中道(なかつみち)

ウォーキング日でした




「街道歩き」は月1回、

その街道周辺の史跡をめぐりながら、


最終地点に向かって歩くというものです




今は鎌倉街道を歩いているので、

鎌倉八幡宮が最終地点。

そこに着くまで続くわけですね




街道歩きのコースはいつも人まかせなので、

当日現地に行ってから、

初めて目的地を知ることも多いです
(単に不勉強なだけなんですけどね^^;)





今歩いているのは、世田谷辺りなんですけど、

今回も幕末ゆかりの場所に立ち寄ってきました。

でも、カメラも御朱印帳も持っていかなかったので、

残念なことをしましたね〜^^;
(写真は携帯で写しました)





その分、しっかりこの目で見てきましたけどね




さてひとつはこちら、豪徳寺

彦根藩主井伊家の菩提寺
ですよ。

豪徳寺
豪徳寺 posted by (C)ルンちゃん


井伊家の墓所は滋賀県彦根市にもありますが、

藩主は江戸在府とされたことから、

江戸にも大きな墓所があります。





江戸や江戸周辺に現存する大名墓所の中で

最大規模になります。

藩主はもちろん、その正室、側室、子息子女、

そして藩士やその家族の墓石も含めると、

300基余りにもなるそうですから、

その大きさもわかりますよね。




この豪徳寺一番の有名な方の墓所といえば

やはり彦根藩13代藩主、大老井伊直弼でしょう




1860(万延元)年3月3日、

桜田門外で暗殺された人物です。

歴史の教科書にも載っていますし、

大河ドラマ「篤姫」でも描かれていましたよね。





井伊直弼は3月3日に殺害されましたが、

幕命により喪を秘されていたため、

実際にこの豪徳寺に葬られたのは4月10日だそうです。




敷地にある墓石の中でも一番奥にあります。

りっぱな墓石なのですぐわかりますよ。

また直弼墓石の後ろには、桜田門外の変のとき

直弼と共に殺害された8人の藩士たちの墓もあります。




そしてもうひとつの史跡です。




井伊直弼墓参の後、同日にお参りしていいものか

チョッと気になったのですが、こちらに行ってきました。




松陰神社
です。

松陰神社
松陰神社 posted by (C)ルンちゃん

名前の通り吉田松陰が祭られています。

なぜこの地に松陰神社があるのか不思議に思ったのですが、

ここは長州毛利藩藩主、

毛利大膳大夫の別邸のあったところだったんですね



安政の大獄に連座し、伝馬町の獄中で生涯を終えて(安政6年)

小塚原回向院下屋敷常行庵に埋葬されたのを、

4年後の文久3年に松陰門下生の

高杉晋作
伊藤博文らがこの地へ改葬したのだそうです。




幕府の長州征伐の際、ここも壊されたそうですが、

明治になって木戸孝允らが整備に尽力し、今に至ります。




神社はとても立派なもので、この日も七五三の家族連れが

たくさんおまいりに来てましたよ



その神社の裏手に「吉田寅次郎藤原矩方」と書かれた墓が、

頼三樹三郎や小林民部らの烈士に守られるように立っています。




他にも門下生や縁者の奉納した

石灯籠などが見ものです。




どちらも初めて訪ねた場所ですが、

こんな歩いて行かれる距離に安政の大獄の関係者、

弾圧を行った者と受けた者との墓があることに

歴史の不思議さと、因縁を感じますね。




ミスマッチな史跡めぐり?とも思ったのですが、

どちらも幕末関連の史跡ですし、

いろいろと感じるものもあり、よかったと思います。




来月の鎌倉街道歩きでは、

どんな場所に行くのでしょうか?

また幕末関連の史跡があったら、

お知らせしますね



豪徳寺 :世田谷区豪徳寺2−24−7
松陰神社:東京都世田谷区若林4−35−1


今日も応援クリックお願いします。
あなたのクリックが私の励みです!
 →歴史ブログ 幕末・明治維新



多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「ミスマッチな史跡めぐり(かしら?)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
世にも数奇なラストサムライ 中島三郎助を観ました (2011/07/08)
慶喜さんのフリーペーパー (2011/01/17)
日本開港150周年記念切手 (2009/06/12)

この記事に対するコメント

こんにちわ★

この前コメしたつもりだったんですけど
コメできてなかったみたいです。。。

新撰組、大好きなのでマタ遊びに来ます!

はじめまして

きらりさん こんばんは。
ようこそいらっしゃいました^^

新選組メインのブログですが、
どうぞまた遊びに来てくださいね。
これからもよろしくお願いします♪

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する