あさぎ色の風

  • 2009/03/06(金) 10:48:46



コバルト文庫
といったら、

少女向けの小説が主流の文庫本で

学生の頃に読んだ方も多いのではないでしょうか?





今でも書店で見かけると

なんとなく懐かしく感じることもありますね〜





じつはそのコバルト文庫にも、

新選組の本
があるのですけど

あなたはご存知でしたか?





イラストがとてもステキですので、

どうぞ見かけたら、手にとってみて下さい♪




あさぎ色の風/藤堂夏央著





2003年頃の作品ですよ。

ちょうど大河ドラマ「新選組!」が始まる

1年ほど前ですね。




新選組物語の短編集です。


「あさぎ色の風」
自体は試衛館時代のお話です。

話によって、沖田総司の一人称で書かれていたり、

土方歳三の一人称で話が進んでいったりする、

チョッと面白いストーリー展開ですよ。





登場するのは、お馴染み試衛館のメンバー、

近藤勇、土方歳三、沖田総司。


それから山南敬助、藤堂平助、永倉新八。





そして、ここでは遊撃隊の伊庭八郎

試衛館に出入りするメンバーに加わっています





伊庭八郎が試衛館のメンバーと旧知の仲だったのかは、

史実としては疑問が残る部分ではありますけど、

著者の藤堂夏央氏の好みで、しっかり登場してます





私も伊庭さん大好きですので、

そんなところも、この本の好きな理由なんですよね

土方さんに負けず劣らずの活躍ぶりですので、

伊庭ファンの方にはうれしいところでもありますよ




お馴染み総司の麻疹(はしか)の話や、

土方と黛花魁に関わる話
など、

史実や、物語で聞いた話をうまく取り入れて

楽しいお話に仕上がっています。





原田佐之助
も後から登場しますしね、

土方歳三を窮地から救う、なぞの人物も登場します

(名前は告げずに去るけど、たぶんあの人だってあなたにもわかるはず^^)






あさぎ色の風は短編集になりますが、続編もありますよ。

そちらは、京都時代がメインのお話です。

シリーズをすべて書き出すとこんな感じです。




1.あさぎ色の風
2.あさぎ色の風ーきざはしー
3.あさぎ色の風ーくれないー
4.あさぎ色の風ーたまゆらー
5.あさぎ色の風ーとこしえー
6.うたかたーあさぎ色の風ー





一応5巻で完結ですけど、後で番外編の6巻ができました。

シリーズにはなっていますが、それぞれにお話が分かれているので、

1冊だけ読んだだけでも、楽しく読むことができます。





でも、最初から読んでいくと、

また次の巻が読みたくなりますけどね♪

それで、けっきょく全部読んでしまうのですけど^^;




それぞれにテンポよく読み易いですので、

さらりとした新選組本が読みたくなったときには、

このシリーズを読んでみて下さいね。





それにしても…

この本を読むと、妙に懐かしくなるのです。

やっぱり学生時代よく読んだ、コバルト文庫のせいかな〜?

こちらは第1巻の表紙です。ステキでしょ^^

あさぎ色の風/藤堂夏央著

rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「あさぎ色の風」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
新選組本を読んでの未消化な思い (2012/11/04)
「輪違屋糸里」を読みました (2008/12/03)
「一刀斎夢録」を読んで (2012/02/21)

この記事に対するコメント

へぇ〜こんな本もあるんですか。
何か伊庭君も出てますしルンちゃんさんの記事の内容から何か読みたいなと思うし何か本の表紙見ると綺麗で良いなと思いました。こういう新選組漫画の情報を書いて下さりありがとうございます。

チョッと昔の本ですが

勇春さん、いつもコメントありがとうございます^^

チョッと前の小説なんですけどね、
久しぶりに読んでみたら、やっぱり良い本なんですよ。
特に沖田総司と土方歳三の絡みとか、
伊庭八郎との絡みとか、
会話がとてもテンポよく、
また情が湧いてくるんです^^
是非機会があったら読んでいただきたい本ですよ。

はじめまして

新撰組ファン歴数ヶ月。新参者にはいろいろお勉強になる情報がいっぱいで楽しんでます。よろしくお願いいたします。

はじめまして^^

marimaさん はじめまして。
ようこそいらっしゃいました(^^)

新しく新選組ファンになった方も大歓迎ですよ♪
一緒にいろいろと新選組のお話をしましょうね。

古いことから新しいことまで、
私の知っている新選組のすべてをお話していますので、
どうぞまたお気軽にお立ち寄り下さいね^^

読みました

私もお気に入りのシリーズです。
表紙や挿絵も素敵ですよね。
そういえば、この本を買った時に確か帯に付いている応募券か何かでイラストの生プリント付きフォトアルバムが当たるというのがあって、応募し当選した事がありました。

羨ましい^^

紫蝶さん、こんばんは^^

私が読んだときには、既にプレゼント応募期間は終わっていました。
後でそんな企画があったことを知って
とても残念に思いましたよ。

紫蝶さんは当たったのですね。
すごい!羨ましいです。
これからもいろいろな所で、こういった企画があると思います。
乗り遅れないように、これからも情報交換していきましょうね。
どうぞよろしくお願いします^^

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する