「会津鶴ヶ城」と「荒城の月」

  • 2009/03/18(水) 11:12:05


「荒城の月」
っていう歌を知っていますか?

♪春高楼の…で始まる、土井晩翠・作詞、瀧廉太郎・作曲の唱歌です。





子供の頃学校で歌ったか、または聞いたかしたと思いますし、

会津の鶴ヶ城
を訪れた方なら、そこに「荒城の月」の碑があるので、

そちらを見た方も多いかもしれませんね





この歌が出来たのは明治の時代なんですけど、じつはこの歌、

幕末の会津戦争をイメージして書かれた歌
とも

云われているのです。





あるとき晩翠は、東京音楽学校から

中等唱歌集の編集のために作詞するよう

依頼されました。





そのときいくつか「お題」をもらったのですが

そのひとつに「荒城の月」があったのです。





彼がこの題をもらったとき、真っ先に思い出したのが

旧制第二高等学校時代に訪れた、まだ会津戦争の傷跡の残る

鶴ヶ城だったそうです。





当時はまだ明治時代。

ほんの少し過去をさかのぼれば、そこは幕末。

晩翠は父や祖父からも、会津藩の話を聞かされていたわけですね。





そんな会津鶴ヶ城のイメージと、

晩翠の故郷である仙台青葉城のイメージ、

そして晩翠の思い描く数々のイメージが、

重なって生まれたのが「荒城の月」なのです





1946(昭和21)年に会津若松市で音楽祭が開催され、

そのとき招待された晩翠は、会津の人々の前に立ち、

「荒城の月」のモチーフが鶴ヶ城だったことを語ります。





すると会場にいた会津の人々は、

あまりの驚きで、しばらく誰も何も言わず、

しーんと会場が静まり返ったそうですよ。




さて、歌詞は漢詩のように、

「起承転結」の流れになっています。
(以下は私の描くイメージです^^)





1番は月の明かりの中、

人々が花の下に集い宴を開いている様子。

楽しいはずの宴ですが、歌詞とメロディで

どこか「かげり」が見え隠れします。





一番会津をイメージできるのは、2・3番の歌詞でしょうか?

(2番は上杉謙信の文を参考にしたともいわれていますよ)





会津藩が1ヶ月のろう城から降伏したのが、

明治元年9月22日。(確か、ろう城中に元号が明治になった)

新暦に換算すると1868年11月6日なんですよね。





2番の歌詞では「秋陣営」「霜」など

当時を偲ばせるような言葉が登場します。




3番では、ろう城中の藩士やその家族たちが、

仰ぎ見た月の様子が感じられるようで、

なんとも物悲しい雰囲気です。





そして4番へと続きますが、

同じ奥州の「奥の細道」で松尾芭蕉が見た

「高館」の様子にも通じるようで、

「栄枯必衰」
を感じずにはいられません。
(芭蕉の心境がよくわかるT_T)





本当は歌詞を全部載せて、

一緒に見て頂きたいところなのですけど、

著作権に抵触するみたいですので、ここには載せません。





こちらに、簡単な歌のいわれと歌詞がありましたので、

興味のある方は、ご覧になってみて下さいね。
⇒ 荒城の月 Wikipedia




いわれを知るまでは、

何気なく聞いていた歌ですけど、

知ってみると、ことさらにこの歌詞が胸に響きます。





あなたもこの歌を聴く機会がありましたら、

どうぞじっくり歌詞を聴き、

この歌のイメージを想い描いてみて下さいね

rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「「会津鶴ヶ城」と「荒城の月」」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
気になる「鴨」の名の由来 (2009/06/16)
歳三 発句のできばえ (2010/02/11)
空の上から史跡めぐり (2008/02/07)

この記事に対するコメント

こんにちは。
「荒城の月」、会津鶴賀城だったのですね!。
大分県の(豊後)竹田市も滝廉太郎ゆかりの地で、また滝廉太郎の歌碑のある城跡もあると聞いていたので「荒れた城」は竹田城と思っていました。勉強になります。

お詫びと訂正

鶴ヶ城と瀧の文字を間違えて入力していました。
また、瀧廉太郎は曲の方なので、「荒れた城」のモデルが二つあるとのかも知れませんね。

記念碑

允@遊撃隊さん こんにちは。
いつもありがとうございます^^

允@遊撃隊さんのお話は、間違いじゃありませんよ^^
全国に確か4つくらい「荒城の月」の碑があるそうです。
ひとつは鶴ヶ城、そしてもうひとつは仙台の青葉城。
どちらも土井晩翠の「荒城の月」のモチーフになった所ですね。

そして、他の場所は瀧廉太郎のイメージの「荒城の月」だそうです。
今回は会津のお話だったので、あえて他の場所は記事には載せませんでしたが、
ふたりのイメージが重なってあの歌ができたというわけです^^

私、会津にこの前行ったとき鶴ヶ城に行きました。石碑があったなんて知りませんでした。そういえば『白虎隊記念館』で確か土井さんの手紙か何か見た気がします。私は見てびっくりしたし勉強になりました。
『荒城の月』というより滝廉太郎さんの作品好きですよ〜!
ルンちゃんさんは?
後、最近掲示板を開設しました!名付けて『新選組・白虎隊掲示板』です!
白虎隊は会津公と共に好きです。
http://bbs4.sekkaku.net/bbs/goryoukaku.html

祝開設♪

勇春さん、開設おめでとうございます。
早速コメント入れさせて頂きました。
また遊びに行きますね。

瀧廉太郎さんの歌は、他になにがあるのか、よく知りません^^;
たぶん今までにも歌っているんでしょうけどね。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する