敗者〜!?土方歳三^^;

  • 2009/05/29(金) 11:40:17

平成21年5月28日(つまり昨日のことネ)

あの本が、そろそろ発売されるのでは?

と思ってホームページを覗いてみれば、まさに当日




仕事帰りに、閉店時間まぎわの書店に立ち寄ると

1冊だけお目当ての本が残っていました。

まるで私を待っていたかのよう




もちろん即購入。家に帰って読みました。




その本とは?

ハイ!こちらです



週刊名将の決断、NO.14/朝日新聞出版
【勝者の戦略】
リストラなしで危機を脱した兼続の人間愛
【敗者の誤算】
体制と心中した土方歳三の明日なき死闘


詳しくはこちら ⇒ 朝日新聞出版HP




以前にもご紹介した

全34ページのビジュアル本ですよ。

あのときは勝者として、近藤勇が取り上げられていましたね。


過去記事
⇒ 勝者、近藤勇




でも今回は敗者として、土方歳三が登場です。
(なんか悔しいゾ…





週刊名将の決断について、チョッと解説しますと

毎週、歴史上の人物ふたりをチョイスし(選出方法は不明^^;)

敗者と勝者に分けて、その人物像を紹介している本です。





本のなかで、敗者・勝者に至る話を、

「起承転結」に分けて解説します。

そしてそれぞれが何をどう決断したのか?

が述べられているんですね。





今回の土方についていえば、

鳥羽伏見の戦いの話がメインといえますね。

タイトルがすさまじい。

「明日なき死闘」ですから…^^;

(決断については見てのお楽しみ)






他にも歳三愛蔵品の紹介や、

「組織の達人」という稿で、勝海舟も登場しています。





新選組の入門書みたいな感じで、

特筆するような事柄はありませんけど、

写真がたくさん載っているので、

サラリと見る分には楽しいですよ




でもそれより…




今回はもうひとりの登場人物の

直江兼続の方が面白かったです(彼のことはよく知らないので^^;)





現代の組織にあい通じるものがあり、

いろいろ参考になりましたね〜。





「名将の言霊」という稿では、

現在放送中の大河ドラマ「天地人」の原作者

火坂雅志氏がエッセイを執筆されています。





今回は、火坂雅志氏の直江兼続考が書かれていて

面白かったですよ。

兼続の掲げた「愛」について述べていましたが、

私も同じ考えだったので、なんとなく嬉しいです




直江兼続は「名将の決断」では、2回目の登場です。




ですから、土方歳三も2回目登場の可能性があるはず。

そのときは、ぜひ勝者としてリベンジして欲しいですよね。

話はやはり箱館戦争の二股戦あたりでしょうかね〜。

楽しみ〜



rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
青文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「敗者〜!?土方歳三^^;」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
土方歳三 登場!! (2007/02/15)
勝者、近藤勇 (2009/03/14)
写真集 『誠の詩』 (2007/03/05)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する