ダンダラのお話

  • 2009/09/03(木) 11:04:45


あなたが「ダンダラ」といったら

何を思い浮かべますか?






もちろんこのサイトに来て頂いているのですから、

真っ先に『新選組の羽織』を思い浮かべることでしょう。





そうです。

ダンダラといえば、新選組の羽織にある

あの山形の模様ですよね






でも、本当は違うみたいなんですよ〜






先日のこと。

インターネットで調べ物をしているとき、

このダンダラの文字が目に入りました。




それがこれ ⇒ ダンダラヒメヨコバサミ





ダンダラの文字に、

すごく興味を持ったんですよね〜






海の生物について調べていたので、

この名前を持つ物が「海のいきもの」だということは

わかっていたのです。でも正体は何?






想像するに「…ハサミ」と名についているからには

甲殻類だとは思いましたけど、

甲良にダンダラ模様があるカニなのか、

貝殻にダンダラを背負ったヤドカリなのか?






海の中をダンダラ羽織って闊歩しているとか…






どんどんイメージが膨らんで、結局

思わずサイトをクリックしてしまったのです。

その正体がこちらですよ。

ダンダラヒメヨコバサミ(shopに飛びます)







あれっ?何がダンダラだったのでしょう?

最初、その意味がよくわからなかったのですよね。

でもこのサイトには確かに「新選組の服の模様」って書いてあるのです。

でもどう見ても、ダンダラ模様には見えませんよね^^;
(山形模様じゃないし…)








そこでもう少し調べてみたんです。

そもそも「ダンダラ」ってどういう意味なんでしょう?






じつはダンダラとは「だんだら縞」というのがあって、

そこからきているようなのです。







その「だんだら縞」とは

横に筋の入った「ボーダーストライプ柄」

のことをいうのだそうです。

江戸時代には、上方地方(京阪)で

「だんだら染」と呼んでいたとのことですよ








なるほど、たしかにそういわれれば、

さっきの「ダンダラヒメヨコバサミ」←日本人が命名したそうです

の足は赤と白のストライプになっていましたよ。







これでひとつは納得しました。






でもそうしたら、新選組のダンダラ羽織

どういうことなんでしょうね?

横縞ではありませんよね。







そこでまた調べてみました






和柄・和の模様・和のデザイン〔縞〕
だんだら縞




これによると、

上方の人たちが「だんだら」と呼んでいた縞模様を、

新選組が山形の模様のことだと勘違いしたときから

山形がダンダラと言われだしたというのです。







え〜っ!そうだったの〜!?







新選組の誰が「ダンダラ」と使い出したのかわかりませんので、

彼らのせいともいえないとは思いますけど。

それにもしかしたら、

後世でそう言い出したものかもしれませんし…^^;







その辺りはもっと調べてみないとわかりませんが、

今では『ダンダラ模様』といったら

新選組の羽織(の模様)ということで浸透していますね。







ここまで、広まってしまうと

ダンダラ模様=山形模様
が勝手に一人歩きして

完全には修正できませんよね〜







というわけで、

こちらのサイトに来て頂いたあなたには、

ダンダラの本当の意味がわかったと思いますので、

どこかでダンダラの話が出たときにでも、

うんちくで使ってみて下さい
(少しは修正に役立つかもしれませんネ^^;)



rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
青文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「ダンダラのお話」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
慶喜さんのフリーペーパー (2011/01/17)
東山紀之さんの「必殺仕事人」の感想 (2007/07/11)
新島八重のお兄さん (2011/06/24)

この記事に対するコメント

だんだらって蟹のことだったのですか!
吃驚です。ルンちゃんさん、思わぬところに目をつけられたのですね。もう感謝です。そういう事とはつゆ知らず、山形の羽織の模様と思い込んでおりました。でもこの羽織の模様は浸透しすぎて、きっと払拭できないのでは・・・。

思い込み

早々さん、こんばんは。

はい、『ダンダラヒメヨコバサミ』の正体は、正確にいうとヤドカリでした。

「ダンダラ」自体の意味は、横縞のストライプ柄のことですよ。
ですからこのヤドカリと新選組との関わりはないっていうことですね。
強いていえばダンダラつながり。でも意味は違います^^;

私も含めて山形がダンダラ模様だと思っている人は
たくさんいるでしょうね〜。

え?じゃあ忠臣蔵は?

だんだらって、少なくとも、忠臣蔵(お芝居)のを真似たんじゃなかったでしたっけ?
これは、菊地・伊東両先生に確認したほうが??

忠臣蔵

まるるんさん、こんばんわ^^

確かに新選組の山形模様は、お芝居の忠臣蔵の衣装を模したといわれていますよね。
そのときには既に「ダンダラ」という言葉は使われていたのでしょうか?
その辺はこれからも調べないといけませんね。

私も今度、伊東さんや山村さんにお会いしたときには、
ダンダラを話題にいろいろお聞きしたいと思います。
楽しみ〜。

補足説明

みなさん、誤解をしていると困るので
補足説明させて頂きます。

新選組の「ダンダラ羽織」は忠臣蔵の衣装を模したと言われていますよ。

この記事に登場する『ダンダラヒメヨコバサミ』という名前は、
最近つけられた新種(?)の生物の名前で、直接新選組とは関係ありません^^;
私が単にダンダラつながりで話題にしただけで、
この名前から「ダンダラ」という言葉に疑問を持ったので、
記事に取り上げたのです。

そもそも誰が新選組の羽織を「ダンダラ」と言い出したのかわかりませんので、
その辺りは調べてみたいと思っています。
何かわかりましたら、またご報告致します。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する