周斎先生もうらやむ小山町の…

  • 2009/10/17(土) 10:20:48

「町田市小山町」といえば、

天然理心流宗家3代目であり、近藤勇の義父でもある

近藤周助先生(のち周斎)の実家があった所だといわれています






確かにあの周辺をみると、

先生の実家と、苗字が同じ家が多い気もしますけど…





それはさておき、その小山町近くには、

天然温泉に入れる施設があるんですよ

それが、「いこいの湯」です





この温泉けっこう評判がよくて、

できた当初は道路脇に、待つ車が渋滞していたものです。





周辺も里山に囲まれて、以前露天風呂に入っていたら、

視界に野うさぎが現れたこともありました。(しかも2匹!)

今は周辺にもビルが建ち景観も変ったので、

そんなに車も渋滞していませんけど、やっぱり人気ですよ♪





私も仕事が早く終わったときには、

疲れを癒しに行っている、お気に入りの場所です





泉質はナトリウム――弱アルカリ性低張性高温泉の

炭酸水素イオン入り。

入ると保温効果でいつまでも体がポカポカ温かく、

しかもお肌すべすべになります。






室内は循環式のお風呂で

「寝湯」「ジャグジー」「炭酸湯」などのお風呂があって、

外には数個の露天風呂。

うちひとつが天然温泉かけ流しなんですよ。






「ドライサウナ」や「よもぎサウナ」の他にも

「岩盤浴(別料金)」もできるし、お食事処や休憩所もあるので、

1日いても飽きない場所なんです。

それでいて、とってもリーズナブル






この間も、「岩盤浴」から始まって、

よもぎサウナ → ジャグジー → ヒノキの露天風呂 →かけ流し露天

のメニューで温泉を楽しんできました






場所が場所だけに、のんびりしていると

近藤周斎先生のことを思い出してしまいます。






実家の近くに温泉があることを周斎先生が知ったら、

悔しがったかもしれないな〜なんて、

ひとり勝手に想像しながら

仕事の疲れを癒しているルンちゃんです



rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
青文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「周斎先生もうらやむ小山町の…」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
函館奉行所復元工事の一般公開 (2008/11/04)
鶴ヶ城の戦い (2013/07/03)
清河八郎 企画展示 (2011/02/07)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する