斎藤一諾斎の顕彰碑

  • 2009/11/06(金) 11:24:38

多摩の史跡案内  〜その30〜

          斎藤一諾斎の顕彰碑 〜清鏡寺〜

 

帝京大学八王子キャンパスのすくそばにある

清鏡寺(せいきょうじ)は、大塚観音とも呼ばれ、

人々に親しまれています。


091103-4
清鏡寺 posted by (C)ルンちゃん
清鏡寺のお堂。
燈籠とのぼりが印象的!





曹洞宗のこの寺は文禄元(1592)年開創といわれます。

でもそれより以前、天台宗としての庵もありました。




なんでもその昔、この地に一泊した

播磨の住人が、夢見に童子の導きを受けて、

それが縁で仏師運慶に観音像を彫ってもらったとか。

(はっきりとはわかりません^^;
 真意の程のわからぬ運慶作は日本中にあるらしい…)





その後、長寛2(1164)年に天台宗のお堂を建てて

その観音様を安置したのが、始まりともいいます。





この大塚観音は別名「御手観音」とも呼ばれています。

それは夢見に立った童子の手型を、

観音像を彫った際に一緒に彫ってもらい、

それをこの観音像の胎内へ納めてあるからだそうです。





この清鏡寺に、新選組隊士

斎藤一諾斉の顕彰碑
があります。

091103-1
斎藤一諾斉の顕彰碑 posted by (C)ルンちゃん
燈籠の影があってわかりづらいですが、
文字がずらりと書かれています。






斎藤一諾斎
は慶応4年3月の頃までは、

甲州都留郡強瀬村にある全福寺の住職でしたが、

近藤・土方率いる甲陽鎮撫隊に物資を提供するなどで、

全面協力をした人物です。





一諾斎は還俗(げんぞく)の後、彰義隊として参戦しますが、

その後、新選組に入り会津戦争に参加します。

そして仙台において離隊の後、明治政府に降伏します。




釈放後、土方の親戚である

日野の佐藤家に立ち寄ったりしていますが、

それが縁となったのか八王子で寺子屋を開くことになり、

地域の教育にあたるようになりました。




病気の為、一旦は甲州に戻りますが、再び八王子に赴き

明治7年12月18日、62歳で生涯を終えます。

彼はその時まで、終始地域教育の普及に尽力したのです。





そんな彼の教え子達、林福重や井上隆治らを中心として、

彼を称える顕彰碑が明治14(1881)年に

建てられました。





一諾斎の弟子の中には、新選組に関わりのある者も多く、

顕彰碑の裏には、




「日野 佐藤俊宣(彦五郎の長男)」

「石田 土方隼人(歳三の兄・喜六の長男)」

「上石原 近藤祐五郎(勇の娘婿・甥の勇五郎の誤字か?)」






などの名前もみられます。


091103-2
碑の表面 posted by (C)ルンちゃん
一行目に「一諾斎」の文字が読めます。




091103-3
碑の裏面 posted by (C)ルンちゃん
佐藤彦五郎長男と歳三甥の名前も
 



境内には、小さな滝もあり、

風情のある場所になっています。





そしてチョッと蛇足なんですけど、

この清鏡寺のお隣くらいに、天然温泉スタンド「観音の湯」

というのがあり、天然温泉の持ち帰りができます(有料)




「天然 温泉スタンド」と書かれた看板と大きな赤玉。

そして鉄塔が立っているので、それを目安に歩けば

清鏡寺も見つけ易いかもしれません





塩釜山 清鏡寺(大塚観音)
東京都八王子市大塚1278



rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
青文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「斎藤一諾斎の顕彰碑」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
大國魂神社 (2007/04/16)
深大寺の天然理心流奉納額 (2009/07/21)
唐辛子地蔵 (2007/11/26)

この記事に対するコメント

遅まきながらすみません。斉藤一諾斎の顕彰碑ということはお墓ではないのですね。運慶作の観音様でしたら重文になっていたかも知れませんね。一度訪ねてみようと思います。

観音様

早々さん、こんばんは。

斉藤一諾斎のお墓は同じ八王子市の、
龍澤山保井寺(ほうせいじ)にありますよ。

過去記事
⇒ http://rwn3shinsen.dtiblog.com/blog-entry-393.html


清鏡寺の大塚観音は十一面観音で都指定の文化財らしいですが、
重文ではなさそうです。
予約しないと見られないみたいなので、拝観希望でしたら
事前に連絡してみて下さいね。
私も行ったとき本堂前には立ちましたが、
内は拝観しませんでした。

有難うございます。保井寺と合せて一度訪ねてみます。

はじめまして

勉強になる良い記事でした
ありがとうございました
(^-^)


はじめまして

もやしさん、はじめまして。
ようこそいらっしゃいました。

もやしさんのお役に立てましたでしょうか?
どうぞまた遊びに来て下さいね。
これからもよろしくお願いします^^

是非とも、これから通わさせてもらいます
(^-^)
自分、清鏡寺の者でして
(今は親父が住職してます)
いやー、昔から石碑が一諾斎のものとは知っていたのですが…

これからもよろしくお願いいたします
(^□^)

恐縮です^^;

もやしさん、こんばんは。

もやしさんは清鏡寺のご関係者の方でしたか。
ご関係者様に読んで頂いてとても嬉しい反面、恐縮してしまいます。
でも、本当にありがとうございました。

また清鏡寺さんに立ち寄らせて頂きますので、
その節はどうぞよろしくお願い致します。



この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する