薄桜鬼のコミック

  • 2010/05/31(月) 13:51:50

4月から始まったTVアニメも好評な「薄桜鬼」

これがコミックで読めることを、あなたは知っていましたか?







薄桜鬼(1)コミック版
二宮サチ著/エンターブレイン







あの人気ゲーム(&TVアニメ)の

コミカライズですよ。






今回発売の第1巻は、1話から4話まで。

他に原作紹介や、キャラクターデザインなどの

ゲーム開発担当者らのコメントなどが載っています。






ストーリーは江戸育ちの蘭方医の娘・雪村千鶴が、

京都で行方不明になっている父を探しに上洛し、

そこで新選組に出会うという原作と同じストーリーです。





TVアニメのコミック版というと、アニメで使った絵を

そのまま使用しているだけの、単純なものがありますよね。

それはただ絵をつなぎ合わせただけの、

全く面白くない品物です。







でも今回のコミカライズの「薄桜鬼」は、

しっかり漫画用にコマ割されて表現も豊かなので、

ゲームを知らなくても、TVアニメを見ていなくても

漫画としてこれだけで楽しめるものになっています。






また、ゲームのキャラクターデザインとは描き手が異なるので

「キャラの魅力はどうかな〜?」と思っていましたが、

原作そのままの魅力的なキャラたちですし、

タッチも少女向け漫画で、意外と気に入っています






ゲームからの新選組物語なので、

従来知られている史実の彼らとは違い、

キャラクターイメージも自由奔放に描かれていますよね。






土方歳三や斉藤一は、

万民のイメージ通りかもしれませんけど、

沖田総司にいたっては、

胸板厚く(もうここでイメージが違う^^;)

1巻では「殺しちゃいなよ」を連呼する、

物騒な人物でもありますよ。
(永倉も最初、原田かと思ったし^^;)






でも物語なので、

ここまでイメージの違う沖田も

また楽しいかもしれません。






第2巻の発売は、まだまだ先のようですけど、

薄桜鬼を知らないなら、

読みやすいコミックからこの世界へ入っていくのも

ひとつの方法ですよ

どうぞお楽しみ下さい♪





1巻は発売されたばかりですので、

どうぞ書店に行ったときでも確認してみて下さいね


薄桜鬼(1)コミック版
二宮サチ著/エンターブレイン

表紙はアニメ版のイラストみたいですよ〜^^


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「薄桜鬼のコミック」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
黒猫DANCE 2 (2012/10/05)
菅野新選組ワールド再び (^0^) (2013/03/06)
復活!ダンダラ新選組 (2009/11/04)

この記事に対するコメント

本屋さんで

今日、お買い物のついでに本屋さんに行ってみたら、なんかダンダラの表紙が見えたので手にとって見たら、薄桜鬼のコスプレ特集でした(^^;)
でも羽織の型紙がついていたので欲しかった。。。980円、微妙なお値段で結局買いませんでした(笑

型紙

味のりさん、こんばんは。

薄桜鬼のコスプレ特集の本ですか?
羽織の型紙?
それは見ていないですね〜^^
どんなでしょう?
興味がありますね〜。

今度書店に行ったら確認してみます。
情報ありがとうございました^^

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する