ダンダラな○○○

  • 2010/06/09(水) 18:27:05


ダンダラについて

特に調べていたわけでもありませんけど、

再び偶然にも「ダンダラ」という字のつくものを

見つけてしまったので、今日はその話です。







新選組とは直接関係ないので、

無視して下さってもいいですよ。

興味があったら読み進めてみて下さいね







さて前回、ダンダラ模様とは本当はどういうものか?

というお話をさせて頂きました。

過去記事 ⇒ ダンダラのお話





ダンダラは山形模様ではなくストライプが本物ということで、

たぶん今回登場するほうもストライプのほうなんだろうな

ということは感じましたね。







でも、もしかしたら新選組隊士と同じ「山形」かもしれない

と、ほのかな期待も消せずにクリックしてみたんですよ。

その、気になった名前がこちらです。




ダンダラカマイルカ






ダンダラカマイルカは名前の通りイルカです^^;

南極圏に生息しているらしく、1824年に新種として発見されるまでは、

ほとんど誰も知らなかったという、超希少なイルカなんですね






マイルカ科属の中でも最も小さいイルカで、

体長は約1.8m、体重90kg〜120kgくらいです。






と、まあそこまではすぐわかったんですが、

肝心の模様がわかりません^^;

稀な動物なので、実像の写真もあまりないみたいです。






とりあえずそれらしいものが見たくて探してみたところ、

写真はなかったのですが、フィギュアをみつけました。

それがこちらです。
⇒ ダンダラカマイルカのフィギュア





ダンダラ〈ストライプ〉とはいうものの

ストライプというには、かなり無理もあるような^^;

でも命名した人には、ストライプに見えたのでしょう。





ん? でもよく見て下さいな。

なんとなく山形にも見えるじゃありませんか。

連続ではありませんけど白黒のギザギザがあります。

命名の理由が、このギザギザ模様のダンダラを示しているなら、

なんとなく嬉しいですよね。






今もどこかで、このダンダラ達は群れをなして

大海を闊歩して(泳いで)いるのでしょうか?

幕末の新選組は既に存在していませんけど、

このダンダラカマイルカには、未来もずっと

絶滅しないで大海を悠々と泳いでいてほしいです





それにしても…

「ダンダラ」という字がつく名前ってあるものですね。

他にもみつけたら、面白いのでまた紹介しますね〜


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「ダンダラな○○○」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
慶喜さんのフリーペーパー (2011/01/17)
後藤象二郎と新選組 (2010/10/15)
居酒屋「新撰組」でいただきました (2007/03/16)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する