江東幕末発見伝!

  • 2010/08/02(月) 22:49:57

昨日8月1日は、ウォーキング仲間が集まっての

大人の遠足の日でした

いろいろと歩いて廻ったのですけど(暑かった^^;)

その中に『江東区深川江戸資料館』がありましたよ。




深川江戸資料館リニューアル
深川江戸資料館リニューアル posted by (C)ルンちゃん



実は今年1月にあった大人の遠足の時に、

そこへ足を運ぶ予定だったんです。

でも、あいにく平成21年7月1日から約1年間、

施設の大規模改修工事の真っ最中で休館でした。





その工事がやっと終わり、

7月24日にリニューアルオープンしたんですね。

しかもリニューアルオープン記念の特別展は、

幕末がテーマ♪





題して江東幕末発見伝!

特別展のチラシ
特別展のチラシ posted by (C)ルンちゃん



ラッキーでしたね〜♪

待ってた甲斐があったというものです。






さて、深川江戸資料館について

チョッと説明しておきますと、

ここは江東区にある江戸時代(しかも幕末)の

深川を再現した施設で、施設の中には

長屋や船宿、火の見櫓などが組まれています。






お店の中には、当時の生活で使用した

道具類なども置かれていますよ






見学者は、それらの道具を実際に触ったりしながら、

当時の生活を体感できます。また、照明や音響によって

朝から晩の時間の流れや、お天気などを感じることもできます。






こうして幕末当時の江戸の生活を

現代人に間近に感じてもらおうという施設なんですね







私が行ったときには夕立の真っ最中で、

雷がなっていましたね〜。

船宿は「龍馬伝」に登場する「寺田屋」にも似て、

幕末の世界にタイムスリップした気分にもなりました

臨場感があり、なかなか面白かったですね。






そして今回の特別展「江東幕末発見伝!」では、

その名の通り幕末維新期の江東地域にスポットを当て、

当時活躍していた人物や時代背景について紹介していますよ。







これが意外にも、よく知る人物の名前が多数登場し、

江東地域の重要さにあらためて気付かされるのです。







新選組関連でいえば、

天然理心流の初代・近藤内蔵助長裕のお墓や、

伊東甲子太郎の道場跡
などが深川にありますよ






「龍馬伝」関連なら、

ジョン万次郎宅跡や長州藩大砲鋳造所跡、

陸奥宗光宅跡、岩崎弥太郎の清澄庭園などがありますね






他にも、佐久間象山の砲術塾(真田藩下屋敷)や、

桑名藩松平家(定家ら)の墓、

高島秋帆(高島流砲術)関連、伊能忠敬関連などなど…

あなたの興味を引くものも、

なにかしらあるかもしれませんよ






今回の特別展は

1.開港前夜の江東地域

2.軍事拠点越中島調練場の成立

3.知識層のまじわり

4.江戸近郊農村の幕末維新

5.明治維新と江東地域






というように、5つのテーマにわけられていて

関連史料が紹介されています。

佐久間象山の手紙や、スペンサー銃・スナイドル銃なども

展示されています。





展示の規模は、そんなに大きくありませんけど、

江東地区の史跡めぐりのキッカケを作るのには最適です。





私も機会があったら、

深川の史跡めぐりをしたいと思いましたね〜。

近藤内蔵助長裕の墓や、甲子太郎の道場跡は

まだ行ったことがありませんから、

是非実現させたいです






特別展は8月15日(日)までやっていますよ。

興味があったら、見に行ってみて下さいね!

詳細はこちらです^^

⇒ 深川江戸資料館HP




図録
図録 posted by (C)ルンちゃん
しっかり図録も買っちゃいました^^



深川江戸資料館
東京都江東区白河1-3-28


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「江東幕末発見伝!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
第54回 二本松の菊人形 (2008/10/30)
140年前の江戸城を撮った男 (2011/02/14)
土方さん、拝見します (2007/09/05)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する