とうかん森伐採、その後

  • 2011/04/12(火) 23:18:14


とうかん森が、木々の痛みの激しいことを理由に

伐採されると知ったのは、お正月のことでした。





切られる前に、今のとうかん森を写真に残そうと

現地に向かったのは1月11日

その時はとりあえず、写真をたくさん撮ってきましたよ。

その時の記事 ⇒ とうかん森が伐採!?






切られてしまう前にもう1度、見に行こうと思いながらも、

都合がつかずに日々は過ぎ、気がつけばすでに2月11日!





2月中旬には伐採される予定でしたので、

「もしかしたら切られてしまったかも…」

と思いつつ行ってみたら、ちょうど伐採の最中でした。





話によれば、2、3日前から作業が始まったとのこと。

クレーン車を入れて、まだ数日はかかるらしい。。。

遠くから作業の様子を見てみれば、敷地内には

もう切られた丸太が転がっています




すでに伐採中
すでに伐採中 posted by (C)ルンちゃん
手前に丸太が転がっているのが わかります?





そして手前の大木が、

まさにチェーンソーで切られているところでした。

「あの木も切っちゃうんだ」

転がった丸太、切られていく大木。。。






あの様子では

すべての木々が切られてしまう勢いでしたけど、

けっきょく何本残されるのかしら?






「1週間後にまた来よう」と思いつつ、

また都合がつかずに時が過ぎ(地震もあったし)、

4月10日になって伐採後初めて 

とうかん森を訪れました。





遠くから見ると、こざっぱりした感じなんですけどね

え〜と、こんなだった「とうかん森」が、


とうかん森−3
とうかん森−3 posted by (C)ルンちゃん
伐採前はこんな風でした




こんな風に伐採されて


とうかん森伐採中
とうかん森伐採中 posted by (C)ルンちゃん
クレーン車も入れられ作業中



こんな風に変わったのです。


IMG_0732
現在のとうかん森 posted by (C)ルンちゃん




近くに寄ってみれば、大きな切り株が見えますよ。



伐採、その後
伐採、その後 posted by (C)ルンちゃん


裏側にあった大木は、その中が空洞であったことが

切り株でわかります。これじゃあ切られるのも仕方ないか。

木によっては根はまだ生きているのでしょう。

水を吸い上げたような跡もあります。


ちょっと痛々しい (T0T)
ちょっと痛々しい (T0T) posted by (C)ルンちゃん



こうして、とうかん森は姿を変えました。

けっきょく残されたのは、

藤の木1本とカヤの木2本(と、お稲荷様)

「とうかん森」という感じはなくなりましたね。



とうかん森−1
とうかん森−1 posted by (C)ルンちゃん
切られちゃう前





残された三本
残された三本 posted by (C)ルンちゃん
そして現在





それでも少し離れた所から

「とうかん森」を見つけ出そうとすれば、

高い木がそびえたっているので、

その場所を見つけることができます。

様子は変わったけど

一応「とうかん森」は顕在(あえてこの字を使用^^;)です。





石田寺の土方歳三さんのところに

もし来ることがあったらなら、どうぞあなたも

キョロキョロ見回して「とうかん森」を探してみて下さいね




今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「とうかん森伐採、その後」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
池田屋跡が「池田屋」になる!? (2009/04/25)
近藤勇の命日によせて (2008/04/25)
栗塚旭さんと歳三の道を歩く (その1) (2011/05/15)

この記事に対するコメント

木が三本残ったことでかろうじて「森」と呼べますね。二本になったら「林」か「もり」になってしまう?。
周囲の光が入りにくかったので、夜は肝試しに都合よく、いにしえを感じることもできた場所、やはり寂しいですね。
これからは「木陰」として土方さんを偲ぶ場所にしましょうか?。夜フクロウの声が聞けたらより良いのですが…。

木が3本

允@遊撃隊さん、こんばんは^^

なるほど、木が3本で「森」ですね。
写真で見る通り狭い空間ではありましたが、
以前はうっそうと茂っていた感じもありました。
でも、今はすっかり明るい環境です。
それでも3本でも残してもらえてよかったですよね。

それに倒木などによる近隣への被害が心配されていたので、
あの地震の前に伐採されたのはよかったかもしれません。

残された3本は大切に育っていって欲しいです。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する