栗塚旭さんと歳三の道を歩く (その2)

  • 2011/05/18(水) 00:01:51

前回、小説「燃えよ剣」の土方歳三が歩いた道を歩く

というツアーに行ったことをお話しましたが、

その続きです。




分倍河原付近までのお話は、

こちらでご確認下さいね

⇒ 栗塚旭さんと歳三の道を歩く (その1)





大まかなルートは、こちらです
 
西府駅 − 正光院(歳三と総司の作戦会議処) − 分部橋(七里らとの決闘場) − 

日吉神社(近藤勇四代目襲名野試合場) − 猿渡家(歳三夜這いの家^^;) −

 
六所宮(大国魂神社) − 松本旅館(天然理心流門人らの会合場所)


※他にも訪問先がありましたが省略しています
※史実の史跡訪問もあります






分倍橋から大国魂神社方面へと向かう小道では、

栗塚旭さんを交えて、石田散薬の話をしたり、

ドラマ「燃えよ剣」の話をしたりしながら、

楽しく歩きましたよ。


ここにも牛革草が
ここにも牛革草が posted by (C)ルンちゃん
栗塚さんが葉っぱを取っていました^^





栗塚さんはとてもお元気な方で、

列の後ろにいらっしゃったかと思えば、

最前列にいらっしゃるというように神出鬼没でした

ほんとパワフルで、こちらも見習わなくっちゃと思いますね。






次の場所へ向かう途中、気がつけばすぐそば

充@遊撃隊さんの隣にいらっしゃっていて、

お二人で「われら九人の戦鬼」の話をされていましたよ。






「われら九人の戦鬼」の名前は知っていますけど

私は見たことがないドラマなので、ただ

お二人の話を聞いているだけでした^^;





いつかはそのドラマを見てみたいと思っていますけど、

1話目しかフィルムが残っていないそうです。

残念ですよね。






土方歳三さんの話に戻りましょう

物語などでは土方さんが、石田散薬をつづり箱に詰めて、

各家々や街中で薬を売っているように描かれていますけど、

「名主の家などに薬を卸す」というような

ルートセールスをしていたというのが本当のようです。

(小売はその家がやっていました^^)






今回のツアーでは、

歳三さんが石田散薬のルートセールスをしていた時に

卸していたという家の1つにも立ち寄りましたよ。

「日野宿本陣文書検討会」さんでは、今史料を紐解いて、

卸先をひとつひとつ調べていらっしゃるそうです。

いくつかはわかっていて、そのひとつが今回の訪問先でした。






歴史を感じさせるような古い家で、

今にも歳三さんが、家から出てくるような雰囲気です。

他のルート先も是非、訪問してみたいですね。

だって、それこそ「歳三が歩いた道」ですからね♪







府中の競馬場が見えてからしばらくすると、

日吉神社に到着しました。

ここは大国魂神社の末社だそうで、近藤勇の

天然理心流四代目襲名披露の野試合があった神社だそうです。



日吉神社
日吉神社 posted by (C)ルンちゃん




でも、襲名披露の野試合があった当時の日吉神社は

別の場所にあったらしく、昭和の頃に今の場所に移動されたのだとか。

ちなみに昔の社の場所は、現在の府中競馬場の敷地内になるそうです。

それじゃあ、入れませんね^^;






それにしても競馬場だなんて、新選組に関わりのある場所って、

不思議と競馬場に関わりがあるみたいですね。(淀とかね^^;)

函館競馬場も、何か関わりがありそうですけどね。(どうかしら?^^;)







大国魂神社の東側には猿渡家があります。
(ここから、、また小説の話です)

歳三が宮司・猿渡佐渡守の妹・佐絵に会いに、訪問した場所です。

この猿渡家の土塀の外で、六車を斬殺するのですが、

もちろんそれはフィクションですよ。


猿渡家
猿渡家 posted by (C)ルンちゃん




5月5日は今でも「くらやみ祭」が行われています。

この日はちょうどお祭りでしたので、

余計に厳粛な感じがしました。





毎年「くらやみ祭」の時は、

人の丈を遥かに越える大太鼓の音が、

あたり一面に鳴り響いているのですが、

今年は震災のため自粛されていました。

内容も例年とは違っていました。

今年はしかたないかもしれませんが、

また来年は今の状況が改善されて、

いつものようなお祭りに戻って欲しいと思います。






さて、このツアー最後の場所が松本旅館です。

大国魂神社の入口のちょうど左向かいにある旅館で、

昔、天然理心流門人らが奉納額を作る際などに、

会合に使った場所だといわれています。



松本屋
松本屋 posted by (C)ルンちゃん
人が大勢いたので、上部だけ撮影^^;




この4月に建物がリニューアルされて、

以前とは違った感じになりました。

お部屋が綺麗で、ちょっと泊まってみたい感じです

こちらのご主人も、大の新選組ファンだそうで、

京都や函館にも足を運んでいるそうですよ。





新選組ファンならきっと歓迎してもらえると思いますので、

話のタネに是非そのうち、天然理心流門人らみたいに

利用したいと思います。(誰か、一緒に会合開きましょ♪)






こうして松本旅館に到着し、

4時間程のウォーキングが終了しました。

思った以上にいろいろな場所に訪問できて、

充実した1日でしたよ。






この後、栗塚さんを交えての懇親会もあったようで、

私は参加しませんでしたけど、参加されたみなさんは

とてもステキな楽しいひと時を過ごされたそうです。





「日野宿本陣文書検討会」さんでは、

こうしたツアーを何度かなさっていらっしゃいます。

今まで興味があっても都合で行けなかったコースもあるので、

是非また参加したいと思っています。





どうぞまた、お誘い下さいね。

よろしくお願いします



今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「栗塚旭さんと歳三の道を歩く (その2)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ダンダラな○○○ (2010/06/09)
相模原の長屋門 (2010/11/14)
斉藤一さんのお顔を拝見 (2008/07/01)

この記事に対するコメント

乗った!

会合、ぜひぜひ一度、ご一緒させてください(^^)

ありがとうございます

味のりさん、こんばんは。
おひさしぶりです♪

お返事ありがとうございました。
是非ぜひいつの日か東京に来た際には、
松本屋に集まりましょうね。
よろしくお願いします。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する