斉藤一、晩年の写真

  • 2011/09/11(日) 00:14:36

人づてに

斎藤一の晩年の写真が、今度の菊地明先生の本に載るらしい』


ということを聞いていたので、発売日を心待ちにしていました。




8月20日(発売日)になったので、早速お取り寄せ。

今日 読み終わりましたよ





その本の名は、

新選組組長・斉藤一
菊地明著/PHP研究所


一冊、まるまる斉藤一の本ですよ。





本が届いて「よし、読もう!」と思う前に私がしたことは、

お察しのとおり斉藤一の写真探しです

読んでいるうちには必ず見つかるでしょうけど、

やはり気になりますものね。





でも、すぐ見つかると思っていたのに

なかなかありませんでした。

根気よく探してやっと見つけましたよ、あとがきに。





斉藤一の写真といえば、

西南戦争凱旋時の警察の集合写真が有名ですよね。

(この本の表紙にもなっています

でもあの写真が斉藤一だという、確たる証拠はないそうです。





この本に載せられた写真は、一の晩年の頃のものですが、

身内の結婚式の集合写真というもので、

名前がしっかり書かれているそうなんです。





未公開の写真があるっていうことは

以前から聞いていたので、

それがこの写真なんだと納得しました。





ただ写真のそのお顔は、かなりご高齢なお顔でしたし、

輪郭がぼやけてもいるようですので、

警察の写真の人と似ているといえば似てるし、

似てないといえば似てないし…

私には判断がつきかねませんでしたよ

(でも本人の名前入りですからね)





ですから、もしあなたも気になるようでしたら、

書店で確認してみて下さいね。





さて本の内容のほうはといえば、

今まで「謎」とされてきた斉藤一について、

いろいろな史料(新史料も含む)を踏まえて、

かなり具体的に書いてあります。





彼の「出生について」や「試衛館門人説」

「一は左利きだったか?」とか

「龍馬暗殺にかかわったのか?」など、

面白い話もたくさん登場しています。





私が興味を持ったのは、会津戦争での彼の足跡や、

斗南を経て東京に戻ってからの生活など。

特に会津戦争部分では、まだ空白の部分もありますが、

読み進めていくにしたがい、彼とシンクロして

一緒に歩いている気分にさえなってきましたよ。





今まで出版された斉藤一の本の中でも、

かなり詳しく書かれている本ですので、

彼について、深く知りたいと思っていたなら、

読んでみると面白いです。

よかったら読んでみて下さいね〜


追記…記事アップの時「未公開」と書きましたが、
   既に公開はされていたようです。
   (あまり知られてはいないようですが)
   文字訂正致しました。ご了承下さい。(9/12)


新選組組長・斉藤一
菊地明著/PHP研究所

本の表紙にもなっている
この写真には見覚えありますよね^^



今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「斉藤一、晩年の写真」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
黒龍の柩(こくりゅうのひつぎ) (2008/01/21)
新選組の哲学 (2007/10/06)
幕末の近藤・土方生家にお邪魔します^^ (2008/10/09)

この記事に対するコメント

この本に載せられた斎藤一集合写真ですが、今まで未公開だったのではありません。
数年前に発行された会津史学会編『歴史春秋』第66号にすでに載せられいます。
ちょっと気になりましたのでお知らせさせていただきます。失礼いたしました。

ありがとうございます。

通りすがりさん、情報ありがとうございました。

未公開ではなかったことは、記事アップ後に確認していましたので、
9/12付けで追記にて訂正させて頂いております。
どうぞご了承下さいね。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する