発見!近藤勇直筆の掛け軸

  • 2011/10/05(水) 23:56:43

近藤勇の直筆の掛け軸が、みつかったそうですよ!





縦196センチ、横63センチの掛け軸で、

七言絶句の漢詩が書かれています。

最後の部分には剣客士 近藤書の文字が。

なんか近藤先生らしい〜





この掛け軸は、3年前に京都市内の古美術商が、

大阪府内の旧家から入手したものらしいです。

現在は別の方が所有(羨ましい^^)





大阪といえば、彼らが豪商に

借金の申し入れをした場所ですよね

鑑定した「霊山歴史館」の木村幸比古氏も

「軍資金の謝礼として書いたものだろう」と話されていました。





漢詩の内容は武士の心情が綴られているそうで、

東京国立博物館所蔵の近藤勇の直筆の掛け軸

の内容と似ているそうです。





140年以上経った今でも、

こうして貴重な史料が発見されるのは

凄いことですね。





借金のお礼だといっても、お金を貸した当人には

あまりいい思い出でもなかったでしょうに、

「よくぞ捨てずに残しておいて下さった」という

ありがたい気持でいっぱいです。





それとも「借金のかた」のつもりで

捨てられなかったのでしょうか^^;

(それも あり得る?)






これからも、こうして何かの拍子に

直筆の書が世に出てくるかもしれませんね。

借金の数だけお礼の書を送っていたなら、

また出てくる可能性はありそうです。

(どれだけ借金してるんだか…^^;)





この掛け軸は、霊山歴史館で

今月26日から展示されるそうですよ。

興味のある方は見てきて下さいね〜。

(私も見たいけど、チョッと無理そう^^;)




今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「発見!近藤勇直筆の掛け軸」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
新選組検定に、サクッとチャレンジ♪ (2009/08/21)
箱館奉行所 本日オープン^^ (2010/07/29)
斉藤一さんのお顔を拝見 (2008/07/01)

この記事に対するコメント

借金

さすが近藤さん、借金とは色気のないこと(笑
この調子で土方さんのも何か出てこないかなぁ。
できれば色っぽいのがいいんだけどなぁww

出てこ〜い!

味のりさん、こんばんは。

土方さんのはもちろんですけど、
新選組がらみなら
私の場合なんでもOKな気分です^^

またなんか出てこないかな〜

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する