家茂様は甘いものが好き

  • 2011/11/06(日) 23:18:58


徳川14代将軍の家茂様は、

新選組にも、すごくご縁のあった方ですよ。




新選組の前身である浪士組が結成され上洛したのも、

3代・家光公以来の将軍の上洛にあたり、

京の警護の必要があったからです。




14代将軍の在任中は

まさに新選組の最盛期でもありました。




もちろん家茂様は、当時の江戸幕府ではトップに当たる方ですから、

新選組の連中が、直接お目にかかることもありませんでしたし、

世が世なら、庶民である私たちなどには

情報公開さえない雲の上の人ですよ。




でも新選組に深く関わりのあった方なので、

なんとなく親しみが湧いてしまいますね

私が浜離宮や増上寺など、家茂様ゆかりの場所に訪れるのも

そんな理由があるのかもしれません。




さて、家茂様については、

「美男子だった」とか「甘いものが好きだった」とか、

いろいろな話を聞きますよね。

でも、その話の根拠がどこにあるのか、

私はあまりよく知りませんでした。




でも今回、ある本を読んでみて、いろいろとわかりましたよ。

それが前にもお話した、こちらの本ですよ。



骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと
鈴木 尚著




増上寺にある将軍家の墓所が改葬されたとき、

専門家たちが墓地を発掘し調査しました。

その時の調査報告書を、一般の人向けに

読み易くしたのが、この本です。




学術調査書なので、

発掘現場の写真なども載せられています。

ご遺骨の写真もあるので、

それらが苦手な方にはおススメできませんが、

当時の一般人と将軍家との、形質や生活の違いが

骨格を比較することでわかる というのが面白いです。




この発掘調査の際、14代墓所もその対象となりました。

家茂様の骨格も、調べてみるといろいろなことがわかります。

例えば身長は156.6cmだったことも、骨格から割り出すことができました。

この身長は当時の庶民に比べると若干小さめだそうですよ。

またお顔は面長で、大変鼻筋の通った方だったようです。




甘いものがお好きだった ということですが、歯の写真を見ると、

素人目にもひどい虫歯だということがわかります。

歯科医がない時代、これは歯痛で相当つらい思いをしたでしょうね




大阪城で容態が悪くなったとき、大名や公家から

お見舞いの品として送られてきた食品のほとんどが

白砂糖やもなか、羊羹などの甘いお菓子類だったというくらい、

甘いもの好きは知られていたみたいです。




でも家茂様の名誉のために言っておきますと、

甘いもの好きで虫歯になったというばかりではなく、

もともと歯のエナメル質が薄くて、虫歯になり易い歯だったようです。




当時の日本は内憂外患・進退窮まるといった時期。

好物の甘いものでも食べていないと

心を休めることもできなかったのかもしれませんね。




大阪城で亡くなった家茂様は、海路江戸城に戻り、

和宮様と無言のご対面をなさいました。

発掘の際には、ご遺体のそばに

和宮様が添えたと思われる副葬品もあったそうです。




調査の後に荼毘に付され改葬された家茂様は、

今は和宮様のお隣で、再び永の眠りについていらっしゃいます。




今回読んだ本の中には、

同時期に調査された将軍様やご正室・側室の他に、

尾張藩主・徳川慶勝様(高須四兄弟の長男で容保様の兄)や、

伊達政宗公ら伊達家3代、高遠藩内藤家などの

墓地発掘調査についても書かれています。





将軍家との血縁だけではなく、

かかわり方によっても

骨格に共通な点が現われているという、

とても奥深い内容でした。




そしてもう1冊の本

増上寺徳川将軍墓とその遺品・遺体
鈴木 尚著





先の本より専門的に書かれている本で

百科事典のように分厚く重い本ですが、

これも手元にあるので、これから読んでみようと思っています



今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「家茂様は甘いものが好き」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
薩摩を食い尽くせ! (2009/05/27)
JINが始まりました^^ (2011/04/18)
史跡めぐりに最適なのは? (2008/04/28)

この記事に対するコメント

増上寺の将軍家の墓所の改葬時、諸々の副葬品も出てきたようですね。本は読んでおりませんが、かなり以前この新聞記事や報道を読んだ記憶があります。記憶が朧げなので、記憶違いでしたらすみません。このとき確か現当主の徳川恒孝氏が廟所を整理縮小した経緯をお話していたような。

当時

早々さん、こんばんは。

はい、おっしゃる通りです。
本には当時のことも書かれていました。
特に和宮様の時はその話題性で見物人も多く、
発掘が一時中断されることもあったそうです。

先日の墓所訪問の際も、多くの方が訪れていました。

虎屋

「虎屋〜和菓子と歩んだ五百年」にも紹介されています。将軍から天皇や宮家に虎屋のものを献上しました。「続徳川実記」にも「菓子」の記述あるそうです。

歴史

やぶひびさん、ダブルコメントありがとうございます。

私も時々利用する虎屋さんですが、
そんなに歴史が長いのですね。
それは知りませんでした。
今度頂くときは、その辺もじっくり味わっていただこうと思います。
情報ありがとうございました。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する