龍馬の手紙が4,000万円!!

  • 2011/11/23(水) 00:24:42

見ましたか? 

11月22日放送の「開運!なんでも鑑定団」





この日は放送900回スペシャルということで

2時間の放送だったんですけど、そこで

坂本龍馬の書状
(掛け軸)
が出たんですよ





ちょうど仕事から帰宅してテレビをつけたら

「開運!なんでも鑑定団」をやっていました。

何気に見ていたら、龍馬の手紙が登場したんですよね。





依頼人さんのお話によれば、お父さんが

40年前に叔父さんから新築祝いで貰った物だそうです。

もとは骨董が趣味だったおじいさんの遺品で、

他にもいろいろな掛け軸があったけど、

新築の床の間が小さいからとの理由で、小さいものを貰ってきたのだとか。





今までずっとしまいこんで忘れていたところ、

昨年の大河ドラマ「龍馬伝」を見ていて思い出し、

「もしかしたらすごい物かも」と、鑑定団に出すことにしたそうです。





登場したのは2点。

画面に出てきた書状のアップを

私も食い入るように見てしまいましたが、

なんとなく知ってる、龍馬の

お世辞にも立派とはいえない字に似てる…^^;

これはやはり、本物?!





そして鑑定結果は

4,000万円(1600万と2400万)でした!

すっご〜〜〜い!!





資料的に、すごく貴重なものだそうで、また

市場に出回ることもないので、かなりなお宝だそうですよ。





そりゃそうでしょう

龍馬の手紙なら、欲しい人は沢山いるでしょうからね。

龍馬の場合は、資料的価値以外に人気度の面からも

高価になるのはうなづけます。





平成の時代に、新しい手紙が世に登場するのも、

幕末好きとして嬉しいことですね





それにしても、羨ましいですね。

新築祝いに龍馬の書状が貰えるなんて。

それにおじいさん、

どこでこの書状を手に入れたんでしょうね?

(それが気になる)





これからもこんな風に、幕末に生きた人の書状が

見られるといいんですけどね。

ついでに、新選組関連の書状を進呈してくれる人が

私にも欲しいもんです


詳しいことは こちらで ⇒ 開運!なんでも鑑定団HP


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「龍馬の手紙が4,000万円!!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
いつも涙が出るシーン (2010/07/06)
居酒屋「新撰組」でいただきました (2007/03/16)
古写真を作ってみました^^ (2009/03/30)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する