歳三登場の松本漫画を読んだところ…

  • 2012/01/12(木) 23:36:20


「キャプテンハーロック」や「銀河鉄道999」などの

作品でお馴染みの松本零士先生。

松本先生といえばやっぱり

SFものの作品が、まず目に浮かびます。





でも松本先生の作品の中には、

実は土方歳三(=新選組)が登場する

幕末ものの本もあるんですよ

知っていましたか? (「男おいどん」もあるけど^^;)





その名は陽炎の紋章(かげろうのもんしょう)」です。
    



ただしこの本、すでに絶版のために

入手するのが困難なんですよね。

私も読んだことがありませんでしたし、ずっと探していました。

ところが最近、偶然にも

ネットオークションで本を見つけ、入札。

そして、待ちに待った本を入手することができたのです






1週間経たないうちに手元に到着!

さっそく読んでみましたよ。






まずこの作品の主人公は、土方歳三

といいたいところですが、そうじゃなくて

武器商人で名高いスネル兄弟です。

そのうちの1人であるエドワード・スネル(一応)なんですね。

エドワードはプロシア人なのに、日本のサムライに共感し

自身も武士らしくふるまおうとしています。






そんなエドワードの生き様を描いているのが、

この本「陽炎の紋章」です。






そこでどうやって土方歳三が絡んでくるかといえば、

武器商人であるエドワード・スネルのお客として

登場するのです。土方はエドワードに好感を持ち、

刀すら進呈します。






また土方はエドワードから異国人を託され、

彼を新選組隊士として自分の身辺に置きます。






最初に見たとき1巻の副題には「新選組の影」とあったので、

てっきり1巻のみの新選組登場かと思っていましたけど、

その後も新選組の出番は多いですよ。






武器商人の話なので、色々な武器の話が

所々に登場するのも特徴ですね。

2巻は「晋作の時代」で、もちろん高杉晋作のことですが、

彼もまた1巻から登場しています。そして3巻「闇の匠」





今にも戦争になるという一触即発の時代に、

エドワードは刀を持って京都を徘徊します。

そして…






3巻で完結だと思っていたんですが、まだ続いていました。

4巻ではいよいよ戦争が勃発するようですが、

実は私、4巻は手に入れていません。

全3巻だと思っていたもので…





しかも4巻で完結なのかな?

と思っていたところ、

調べてみたらそうでもないみたいです。

つまり未完。

エドワード・スネル(一応)には秘密があるようだし、

どうなるのか知りたいな〜。






2年前の佐藤彦五郎忌で、松本先生にお目にかかった時、

新選組を描きたいとのお話もありましたので、

是非この物語の続きも描いて欲しいです。





ああ、その前に4巻を手に入れないと〜。

3巻入手まで、ずいぶん時間がかかっちゃったしねぇ。

いつになったら、手に入ることやら…

3冊同様、気長に機会を待とうと思います


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「歳三登場の松本漫画を読んだところ…」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
とってもひじかた君 (2009/02/10)
復活!ダンダラ新選組 (2009/11/04)
時をかけた少女たち (2009/03/26)

この記事に対するコメント

あけまして^^

あけましておめでとうございます。
最近は絶版本が復刊されたり、いろんな形で再販されてますから、案外続編とともに新装版で出てくれるといいなぁ、てのが自分の気持ちです(笑
こんな感じで今年もよろしくお願いします^^

よろしくお願いします

味のりさん、ご無沙汰しています。
昨年もコメントありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いしますm(__)m

読みたかった絶版本が復活するのは嬉しいですよね。
特に最近は昔の本の復活が目立つようになりました。
この本も復活するといいんですけどね〜。

ただ復活本て見逃すことも多いので、
もし味のりさんがいい本をみつけた時は、
味のりさんのブログにて紹介をお願いしますね♪

お世話になります

楽しく拝見してます。
その節は、相互リンクありがとうございました。

『陽炎の紋章』お読みになりましたか。
第4巻も早く手に入るといいですね。

ところで、こちらも本作の記事を上げました。
真似ではなくて偶然というか、この時期に紹介しようと前々から予定していたのです。どうぞご了解ください。

これからも楽しみにしています。
そして、ルンちゃんをお手本に、こちらも頑張ります。

よろしくお願いします

東屋梢風さん、こんばんは。
こちらこそありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。

東屋梢風さんの『陽炎の紋章』の記事を拝見しました。
すごくよくわかりますね。私もいつか4巻を手に入れたいです。

これからも沢山の本を紹介して下さいね。また拝見させていただきます。
私も東屋梢風さんをお手本にしてがんばりますね^^

読んで参りました

こんばんは。今日、国会図書館に行って、4巻まで読んで参りました。(4巻とも納本されています)未完です。5巻に続くとあります。主人公スネルがミステリアスです。

未完

やぶひびさん、こんばんは。

すごい! 国会図書館まで行って読んできたのですね。
やはり未完ですね。いつか続きが読みたいです。

小説中公

今日、国会図書館で、雑誌「小説中公」も読んできました。全部ではないけど。松本先生は大幅に加筆、訂正されていませんでした。(大幅手直しする漫画家さんもいます)カラーページもなかったです。続編を掲載する商業雑誌があるかな?☆この雑誌は36冊で休刊しましたが、執筆者が豪華です。漫画の研究するなら、単行本と比較してみるのもいいかもしれません。

国会図書館

やぶひびさん、コメントありがとうございます。

国会図書館、また行ってきたのですね。
いろいろなものを読まれているのですね。

わたしはしばらく行っていないので、また行ってみたいです。
漫画があるのは知りませんでした。
今度行くときはそちらも覗いてみますね^^

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する