高尾山の冬そば

  • 2012/03/21(水) 00:26:17

今、高尾山では高尾山の冬そばキャンペーン

というのをやっています。(3月31日まで)

この期間中に、パンフレットにあるクーポンを使って

お蕎麦を割引で食べたり、

スタンプを集めてプレゼントに応募したりするんですね。



高尾山のそばキャンペーン
高尾山のそばキャンペーン posted by (C)ルンちゃん



いつもこの期間にお蕎麦を食べに行っているので、

今年も行ってみましたよ〜。

このキャンペーンも今年で10年目なんですって。






いつもはどこに入ろうか迷うのですが、

今日はキャンペーンのパンフレットを見ながら、お店選びができますね

今回は「香住」さんにしてみました。

お店は山の上のケーブルカーのりば「高尾山駅」のすぐ近くですよ。








入口で食券を買って、店内に窓口で食券を渡して注文です。

そのとき割引クーポンを渡したら、すごく小さなポチ袋をくれました。

その中に割引分の100円玉が入っています。

ポチ袋という チョッとしたひと手間なんですけど、

こんなところにも気遣いがあって、なんとなくほのぼのしますね





香住のとろろそば
香住のとろろそば posted by (C)ルンちゃん

 



肌寒かったので、温かいとろろ蕎麦を注文しました。

かためのとろろがたっぷり入って、

とても美味しゅうございました






ケーブルカーのりばの近くには、

もうひとつ気になるお店があります。

いつもは人がいっぱいで立ち寄ることができませんが、

今日は比較的すいていたので、思い切って並んでみましたよ。







ここは「天狗焼き」のお店です。

天狗焼きは高尾山の名物のひとつで、

いつも来ると長蛇の列なんですよ。

1時間以上待たないと買えない位なんですね。






今日は比較的すいていたものの、

それでも15〜20分くらいは待ったかな。

これが焼きたての天狗焼きですよ




天狗焼き
天狗焼き posted by (C)ルンちゃん




「今川焼き」みたいな感じです。

外の皮はカリカリ香ばしく、中のあんもたっぷり(甘さもほど良い)。

そして、その餡にはこだわりがあって、黒豆使用なんですね。

しかも豆の形も残っているので、味が濃くて美味しいですよ。

天狗の形もかわいいでしょ。

お客さんが並んでも買う理由がわかる気がします。






こうして、しっかり腹ごしらえして山頂へGO!

(お腹がいっぱいでチョッと苦しいけど^^;)






40分後、山頂へ到着〜!

今回は山頂にある「ビジターセンター」に寄ってみました。

ビジターセンターは高尾山の自然情報の発信基地です

チョッと知りたいことがあったので立ち寄ったのですが、

面白い発見もありましたよ。




高尾山ビジターセンター
高尾山ビジターセンター posted by (C)ルンちゃん




ここにあるのは自然についての情報だけと思っていたのですが、

昔の高尾山の歴史についても展示されていたのです。

例えば昔の山頂は木々が少なく、もっと遠くまで見ることができたとか、

旧道の話だとか、それから大正時代の高尾山の名物だとか…。





昔から高尾山は、大山まいりや富士登山の信仰に

深く関わりがあったといいます。

このお山が、昔から人々に親しまれていたことを

あらためて身近に感じることができました






高尾ビジターセンターでは季刊紙(ニュースレター)の

のぶすま
というのも発行していて、

希望するとバックナンバーももらえます。

私も知りたいことが載っていた記事があったので、

しっかりいただいてきましたよ。

情報が貰えて良かったです




1号路登山道
1号路登山道 posted by (C)ルンちゃん




そしてもちろん、健康登山のご朱印もいただいてきました。

今回でやっと7回目。

満行(21回)は、いつになることやら〜^^;

高尾山にて
高尾山にて posted by (C)ルンちゃん

今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「高尾山の冬そば」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
高尾山には、いろんな音があります^^ (2011/07/26)
高尾山の蛸杉なるもの^^ (2010/05/28)
高尾山で必ず寄るお店 (2012/06/19)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する