高尾山の人気

  • 2012/07/24(火) 11:29:39

高尾山がミシュランで紹介されてから

だいぶ経ちましたね

当時より人出も幾分落ち着いたようにも思いますが、

人気の程はどうなんでしょう?






私の周辺で「高尾山に登りたい」という人は

けっこう多いです。

先日も高校時代からの友人達と「お食事会」をした時、

高尾山の話題が出て「高尾山に登ってみたいんだ〜」

と言っていました。






私にとっては子供の頃からの遠足等の場所ですけど、

友人知人の中には「全く行ったことがない」とか、

「1度だけ行った」という人がいて、

「機会があったら高尾山に登ってみたい」

と思っているようなんです。





ということは、やはり高尾山て

まだまだ人気があるのかな





さて、その友人の「機会があったら…」

の望みを叶えるべく、今回私がナビゲーターになって

高尾山に登ることになりましたよ

善は急げっていうもんです。





「足に自信がない」という友人に、

ルンちゃんとっておきの「高尾山体験1回目コース」

を選んであげました。





そのおススメのコース(往路)とは、

ケーブルカーの左横にある道(6号路)を通り、

川のせせらぎを聞きながら歩くコースです。

四方を木立に囲まれ、自然を充分堪能できますよ。

また途中から沢の中にも入るので、変化も楽しめます






頂上直前までは、比較的緩やかなアップダウンの道です。

最後に超長〜い階段がありますけど、そこさえがんばれば

全体的には初心者さんでも充分楽しめる

約90分(高尾山のパンフレットより)のコースです。





軽くストレッチをして出発!

友人とおしゃべりしながら歩くのは楽しいですね。

しばらく歩いて「びわ滝」に寄り道。

ここは修験者が滝にあたる勤行をする場所です。



びわ滝
びわ滝 posted by (C)ルンちゃん



この日は修験者の姿はありませんでした。

以前見たことがありますが、水量はそんなにありませんけど、

やはり滝にあたるのは大変みたいです。

特に冬場はね。

少し戻って、再び頂上を目指します。






今回の天気は曇りで、時々霧雨もあったようですが、

かえって涼しくて、登るのには好都合でしたね。

山の天気は街とは、やはり違っていて

霧が多少かかっていましたよ。でもそれがすごく幻想的で、

いつもと違う高尾山に出会えた感じです。






途中、細い道を歩いたり沢の中を歩いたりします。

そして頂上近くになり長い階段を上ります。

でも覚悟していたせいか、思ったよりラクに登れたみたいです。

結局90分のところ70分位で登りました。

それでもゆっくり歩いたんですけどね。






今回は頂上にある「大見晴亭」にてお食事です

とろろそばのあったかいのと、冷たいのを注文します。

それにみそ田楽もつけて…っと。

大見晴亭でお食事
大見晴亭でお食事 posted by (C)ルンちゃん
連れの分も載せています^^




しばし山頂で休憩してから下山です。

今度(復路)は4号路を通ってつり橋を渡り、

チョッと薬王院まで戻っておまいり。

その後は1号路で下山のコースです。


高尾山のつり橋
高尾山のつり橋 posted by (C)ルンちゃん





往路が自然いっぱいの空間なら、復路は

人と自然の共存の空間ですね






この季節にお目にかかれる花々が

訪問者を迎えてくれます。

例えば今ならオカトラノオや山百合など。







特に山百合は1号路の薬王院や

ケーブルカー乗り場でよく見られます。

アジサイも街では既に色あせていますが、

山の中では、まだ色あざやかな花が残っていますよ。






そして今回初めてお目にかかった動物。

リスです♪

他の登山者が見つけて写真を撮っていました。

私も撮ってみましたが、ちっちゃくて可愛い。

高尾山のリス
高尾山のリス posted by (C)ルンちゃん
ちょこんと リス^^
ちょこんと リス^^ posted by (C)ルンちゃん






こんな風に、自然を充分満喫したところでふもとに到着。

「四季の桜」で桜ソフトを食べ、「有喜堂本店」で

できたてのあったか高尾まんじゅうとお茶をいただき、

しっかり「ルンちゃん流高尾山の味わい方」を

友人に伝授したのでした






「どうだった?」と尋ねたら、

「また来たい」と満足している様子

気に入ってもらえてよかったです。今回は曇っていたため

きれいな風景は見る事ができなかったので、

紅葉の季節か、空気の澄んだ冬の日でも

また一緒に登りたいと思っています。





ちなみに8月は新選組仲間のKちゃんと一緒に

高尾山に登ることになっているんですね〜

Kちゃんは今回のコースに、

少し変化を加えたコースを歩いてもらう予定。





次回の様子もまたご紹介しますので、

あなたが高尾山に行くときに、

よかったら参考にしてみて下さいね。

どうぞ、お楽しみに〜

オカトラノオの花
オカトラノオの花 posted by (C)ルンちゃん




今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「高尾山の人気」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
切符の穴は どのタイプ? (2013/02/19)
高尾山で必ず寄るお店 (2012/06/19)
高尾山の6号路(その1) (2012/10/13)

この記事に対するコメント

高尾山

高尾山、楽しいですね。先日のむささびの番組もしっかり見ました。
観察する時は懐中電灯に赤いフィルターをかぶせる。思い出しました。以前テレビで関野吉晴さんが子どもたちと一緒に観察している姿を見ていました。
むささびからなかなか卒業出来ない私ですが、高尾山魅力いっぱいですね。

ムササビ

允@遊撃隊さん、こんばんは。
私も後半だけですが、あの番組を見ましたよ^^

実はTVの画面で撮影現場がすぐわかってしまったので(笑)、
今回の高尾山登りの際に現地を見てきました^^
屋根裏への穴は人の手が加えられ、直接は見えなくなっていましたね。
もちろん昼間だったので、ムササビの姿はありません。
昼間は人の多いあの周辺も、夜は彼らの世界なんでしょうね。

花見も

桜の季節もいいと思います。行った事あります。夏休みだから、家族連れが多いでしょうか。☆松尾由美の小説「煙とサクランボ」では高尾山で登山デートの場面があります。

四季折々

やぶひびさん、
コメントありがとうございます。

先日行った時は、老若男女折り混ぜ、
いろいろな方がいらっしゃいましたよ。
どんな人からも親しまれている証ですね^^

もちろん四季それぞれに味わいがあります。
またどうぞ機会があったら行ってみて下さいね^^

暑さが気になる!

ルンちゃん、こんばんは〜

高尾山の紹介をありがとうございます。まだ一回も行ったことのない者には、とても魅力ですよ〜。あのぶっといお蕎麦も美味しそうですね。食べてみたい…

でも、近頃の酷暑を考えると、真夏の高尾山が魔夏の高尾山になりそうですね〜

行ったことないので分かりませんが、やっぱり山だから、上の方は涼しんでしょうか?

同感

カオリン、コメントありがとうございます♪^^

確かに先日の高尾山登山の時も、「暑さ」が一番の問題でした。
でも、こればかりは当日になってみないとわかりませんね。
山なので街よりは若干気温は低いです。
また6号路は木々に囲まれているので、チョッとだけしのぎ易いです。
でも涼しいとまではいかないかな〜^^;

お蕎麦はお店によって違うので、
メニューを見比べてみてくださいね。
でも沢山お店があるので、迷ってしまうかもしれませんね。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する