うにこうるの根付話から あれこれ

  • 2012/12/18(火) 12:03:38

子母沢寛著の「新選組異聞」に

「根付(ねつけ)」の話が登場しますよね。




「八木為三郎老人壬生ばなし」での回想場面で、

隊士の佐伯亦三郎が、芹沢鴨が大事にしていた

煙草入れに付いている「うにこうるの根付」

を盗んだというくだりです。





江戸時代、「印籠」などを腰に提げるとき、

帯に印籠付きの紐を挟んだだけでは落ちてしまうので、

その落下防止に用いられたのが「根付」というものです。





江戸時代初期の頃は、

その実用性だけが重視されていましたが、

世の中が平和になり比較的安定してくると、

根付の細工も複雑になり、

美術品としての価値も生まれてきました。






そうして江戸時代後期から人気が高まってくるのですが、

それも大正から昭和になると、利用価値がなくなり、

衰退してしまったのです。





ところが平成のこの時代、再び人気が高まりつつあります。

今までにない素材などが登場し、また

江戸時代とは違ったモチーフも現われ、

「現代根付」などとも呼ばれるようになりました。





「根付が人気だなんて、意外だな」と思うかもしれませんけど、

かくゆう私も、実は「根付」は好きなんですよね〜

私のイメージですと、「水戸黄門」の印籠とか、

侍が腰にぶら下げているという感じなので(どちらもTVドラマ

「武士が持つ物」という印象ですけどね。






芹沢鴨の「うにこうるの根付」に話を戻しましょう





「うにこうる(ウニコール)」つまり「ユニコーン」は、

北極海に棲息するイッカク(一角獣=海獣)のことです。

神話伝説に登場するユニコーン(馬のような動物の額に角がある姿)

というのがありますが、その動物の角に「万病に効く」

という効果があるといわれていて、イッカクの牙がそれだと偽って

多数売買されていたそうです。(でも実際はセイウチの牙だったりもする)






それがオランダ経由で一部日本にも輸入され、

江戸時代の日本に広がっていたそうですよ。

当時その牙(角のようなものは実は牙)は

小さなものでも、ものすごく高価だったようです。







現代では江戸時代以上に、イッカクは希少動物で、

実物の映像を撮るのさえも難しいそうですよ。

ましてや牙なんて手に入る代物ではありません。





「新選組異聞」などは創作の部分も多いといいますが、

もし本当だったら芹沢さん、そんな高価なものを

どうやって手に入れたんでしょうね?





根付(の値段)は、今もピンキリです。

ウン十万円するのもザラです(ピンのほう)

私の持っているのなんて、だいぶ前に

高幡不動尊(日野)の「ござれ市」でみつけた

ホンのささやかな「根付」ですけどね(これはキリのほう

でもすごくデザインが可愛かったので、お気に入りなんです




根付 綱引きに勝ったウサギと負けた亀(かめ)
これと同じものを持っています^^




ウサギと亀がモチーフで、

亀がウサギに引っ張られているものです。

でも最近になって、同じデザインをネットで見つけました。

これってつまり大量生産ということなんでしょうか?






生産といえば、根付の生産地には、

江戸や京都、伊勢などがあったようです。

個人的には伊勢根付が好きですけどね





江戸時代、「お伊勢参り」に出かけた旅人が、

「コンパクトで軽く、長時間の旅でも腐らない物」として、

この根付をお土産にしたのだそうです。

つまり、庶民のための根付ですね。






絵柄も動物をあつかったものなどが多いです。

その辺りが、私の好きな理由なんですけど。

「丸ネズミ」は定番だそうで(すごくカワイイ)、

「草鞋とカエル」は「旅から無事カエル」という意味合いで

人気があったらしいですよ。






他にも生産地を調べていたら、

京都についてもあったので見ているうち、

根付の展示館をみつけました。

「どこだろう?」と探してみたら、壬生ですって!

なんと壬生寺の東側すぐの所。





京都 清宗根付館

京都市中京区壬生賀陽御所町46番地1




ホームページによれば、

京都市に現存する唯一の武家屋敷を修復し、

2007年秋に根付専門の美術館として開館したそうです。

四季の一定の期間に限定公開しているようです。





こんなステキな所が壬生にあったんですね。

そうとは知らず、5月の壬生訪問でも

素通りしてしまいましたよ

今度京都に行くことがあったら、是非 見学したいです。





ということで、壬生の新選組から始まった

とりとめのない根付話が、偶然にも壬生にたどり着いたので

この辺りで終わりといたしましょう





近藤さんや土方さん達も、

根付を身につけていたのでしょうか?

身につけていたとしたら、どんなデザインかしら?

気になりますね〜


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「うにこうるの根付話から あれこれ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
浅葱色で 新装しました♪ (2007/02/03)
JINが始まりました^^ (2011/04/18)
釜次郎さん、はじめまして (2010/12/11)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する