シモバシラの話

  • 2013/01/08(火) 23:23:40

街道歩きの先輩Oさんと、街道を歩きながら

高尾山の話をしていたときのこと。Oさんが私に 

「高尾山のシモバシラを 見たことがある?」

と尋ねました。





「しもばしら…ですか?」

「しもばしら」って、これのことですよね 

サクサクしもばしら
サクサクしもばしら posted by (C)ルンちゃん
一応、高尾山で撮った「しもばしら」です




土中の水分が凍って表面に氷の柱ができるもの。

高尾山でも見ましたが、寒い季節なら関東のどこでだって見られます。

「Oさん、なんでそんな話を?」 チョッと不思議に思いました





ところがその後の話のニュアンスから、

どうも私の知っている「しもばしら」じゃないらしい。

よく聞いてみると、それは植物のことだったのです。

なんでも「シモバシラ」という名の植物があるみたいなんですよ。





それは寒い季節になると、植物の茎が凍って、

綺麗な「氷の花」を咲かせるのだとか。

「寒い季節になったら(高尾山に)行ってらっしゃいよ」

との話でした。






「氷の花」は見たいな〜とは思いましたけど、

それを見ることができるのは、寒い時期の午前中なんだとか。

「氷の花」目的の人も多くて、写真撮りの列もできるらしい。





寒さがチョー苦手なルンちゃんには、

シモバシラを見るのは、皆無にも等しいものですよ
(既にあきらめ状態)





でも興味はあったので、いろいろ調べてみました。

シモバシラはシソ科の植物のようです。他の植物と同様に

秋に花を咲かせ冬には枯れてしまいます。





でも上部は枯れても、シモバシラの茎の水分は

完全にはなくなっていません。地中の根はまだ壊れずに、

毛細管現象によって地中の水を吸い上げるのです。





それが寒い季節になると枯れた茎の割れ目からしみだし、

冷たい外気に触れて、少しずつ凍っていくのです。

それがシモバシラの「氷の花」の正体なんですよね





気温が氷点下でなければできないものですが、

雪が降っていても見られないし、

風が強くても氷花は上手くできません。





しかも一度凍ってと茎が破壊されると、

氷が解けて再び同じ気温になっても

もう氷の花はできないのです。

注…その後の観察で、破壊されなければ
  何度でも氷花は咲きました^^






つまりタイミングが良くないと見られないものなんですよ。

こうなると、ますます見るのが難しそうですよね





でもね、調べているときに

じつはいいことを思いついたんです。

このシモバシラ、山野草として販売していたのですよ。

つまり自宅で栽培が可能なんですね





もしかしたら自宅で「氷の花」が見られるかもしれないのです。

街と山では条件が違いますけど、

反対に条件をあわせることができれば、

見ることも可能ではないか…なんて思ってしまったんですよね。





そこで、インターネット経由で苗を購入!

できるだけ条件を合わせるという理由から、

苗は職場のベランダで育てることにしました。

職場は高尾山と同じ八王子なんですよね。街中だけど…

(ベランダはだれも来ないから好都合^^)





私のよこしまな願いが届いたのか

苗は順調に育ち、夏から秋にかけて可愛い花が咲きましたよ。


夏のシモバシラ
夏のシモバシラ posted by (C)ルンちゃん


初冬には葉が落ち、茎だけになりました。

いよいよ氷の花の時期に突入!






でも特に変化はなく…






高尾山では12月初旬に、

氷の花が咲いたとの噂も流れてきましたが、

こちらのシモバシラには何の変化もありません。







「やはりベランダじゃ無理なのかな」と思っていた矢先、

1月4日にやっと「氷の花」が咲きましたよ〜♪

それがこちら。



冬のシモバシラ
冬のシモバシラ posted by (C)ルンちゃん


数日後のシモバシラ
数日後のシモバシラ posted by (C)ルンちゃん


どうですか。これがシモバシラの花ですよ。

この模様、なんて不思議なのでしょうね。

まさに自然が作り出す芸術ですね。

最初に見たときは一ヵ所でしたが、

その後、他の場所にもできましたよ。






今回育ててみて、いろいろなことを知りました。

葉や花の形とか、生長過程とか。氷の花の模様も、

茎の割れ方や風の流れなどの諸条件で変わるみたいです。





それにシモバシラの花は1日で出来るものではなく、

何日もかけて大きくなるみたいなんですよ

注…寒い日の場合。暖かい場合は解けて、
  また最初から作り直し^^;






つまり、午前中じゃなくても条件さえ揃えば、

日中でも見られそうなんですよね。

これなら高尾山のシモバシラも見に行かれそうです

シモバシラの苗を育ててよかったです。






もし高尾山のシモバシラに興味があったら

あなたも行ってみて下さいね。高尾山のシモバシラは、

ふもとのケーブルカー乗り場、改札入ってすぐ右側の土の所にあります。

(お正月三が日に行ったときには、まだ咲いてなかったみたい)

それから山頂近くの「江川スギ」周辺にあるそうです(こちらは未確認)





あっ、それからシモバシラつながりで

もうひとつ





シモバシラを調べていたら、

「霜ばしら」というお菓子があることも知りましたよ。

こちらも繊細で美しく、まさしくシモバシラの氷の花のようです。




九重本舗玉澤 霜ばしら
ホームページにとびます





今のルンちゃんの興味は、もっぱらこちらに移行中。

期間限定なので、近日購入しようと思っています


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「シモバシラの話」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
12月の高尾山 (2012/12/10)
高尾山の節分会 (2013/02/05)
そして満行 (^0^) (2013/06/06)

この記事に対するコメント

シモバシラの花

NHK総合首都圏845で映りましたよ♪。

ニュース

允@遊撃隊さん、情報ありがとうございます。

どんな風に映ったのですか?
私も見たかったです^^

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する