菅野新選組ワールド再び (^0^)

  • 2013/03/06(水) 00:34:43

先日、書店に行った時、

チョッと気になる表紙のマンガ雑誌をみつけました。

青系の表紙に浅葱色のダンダラ。





それが新選組だとわかるのに、

もちろん時間はかかりませんでしたよ。





そして右上に、なつかしいお顔が!?

「あっ、これ、菅野文先生の(新選組)マンガだ!

そのまま雑誌を手に取り、レジに直行したのは

言うまでもありません。





菅野文先生といえば、こちらでも紹介した

「北走新選組」や「凍鉄の花」の新選組マンガを描かれた

私の大好きな漫画家さんです


ちなみに過去記事 ⇒ 「北走新選組」 「凍鉄の花」






どの作品にも、菅野先生独自の視点があり、

史実的にはわかっている事柄なのに、

その斬新な話の展開に胸おどる作品の数々でした。



いつか再び、菅野先生の新選組を見たい





そう思っていたものですが、

その日が本当に来たのですね。とても嬉しいです





さて、8年ぶりの新選組。そのタイトルは


『誠のくに』





今回は土方歳三と斎藤一がメインのお話です。

ここではストーリーの具体的なお話はしませんけど

(だって読むとき、面白くなくなりますからね)


二人の出会いが衝撃的です。





「あっ、こう(もって)くるのか

という感じの、嬉しい場面ですよ。

やはり菅野先生、私の期待をうらぎりませんね〜。






そして、あの土方さん 健在♪

なんて凛々しいのでしょう。

「北走新選組」や「凍鉄の花」のファンは

絶対必見ですよ!





連載は別冊「花とゆめ」

この4月号からのスタートですが、今回の雑誌には

以前の書き下ろしイラストと今回新たに書き下ろしたイラスト

計4枚の大判ポストカードも付いています。

もちろん、どれも新選組





短期集中連載のようですが、チョッとだけでも

お楽しみができたのが嬉しいです。

これからどんな展開になっていくのでしょう?

来月号(3/26発売)にも期待しています




あっ、そうそう。

最初にお話した、雑誌・右上のなつかしいお顔とは

土方さんですよ。「北走…」でも見た凛々しいお顔です


北走新選組 

凍鉄の花 [ 菅野文 ]
菅野先生の新選組ワールドを知らなかったら、
こちらから読んでみて下さいね♪



今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「菅野新選組ワールド再び (^0^)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
歳三登場の松本漫画を読んだところ… (2012/01/12)
月明星稀 〜さよなら新選組〜 (2008/12/11)
黒猫DANCE 2 (2012/10/05)

この記事に対するコメント

お久しぶりです

書き込みはいつも久しぶりの気がしますが(−−;)
来ましたね!菅野ワールド!
ご本人がもう描かない、とおっしゃっていたので、もう見られないかと思っていましたが…ますます色っぽい土方さんやら斎藤さんやら。
ムフムフしなが読みましたよ(笑
あれはも少女漫画の中の劇画ですね。
新ジャンルの確立のような気がします。
話がどうまとまるのか、見逃せません。

昨年は手術とリハビリの一年でした。
311の今日、気を引き締めなおしましたよ。

ご無沙汰してます^^

味のりさん、お久しぶりです!
コメントありがとうございました。
昨年は大変だったのですね。もう大丈夫ですか?

菅野ワールドの復活、嬉しいですよね。
実は、いの一番に味のりさんに報告したいと思っていたのです^^
(ブログを)見ていただいて本当によかったです。
これからしばらく楽しみですよね。
また一緒にブログで語り合いましょう♪

春先は陽気の変動が激しい時です。
どうぞ充分ご自愛なさって下さいね。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する