『新選組最強ヒーロー!斎藤一』観ました

  • 2013/04/27(土) 11:29:34


先日お伝えしました通り、4月24日放送の

「歴史秘話ヒストリア」を観ましたよ〜。

その日の主人公は、なんと斎藤一!






今まで歴史物の番組で、新選組や近藤勇、

土方歳三や沖田総司が取り上げられることはあっても、

斎藤一が単独で取り上げられることなんて

ありませんでしたよね。






ですからある意味、画期的な番組だった

といえるかもしれません

ちなみにタイトルはこんな風でした




新選組最強ヒーロー!斎藤一

〜会津藩・松平容保との絆〜





内容は、幾つかのエピソードで語られていましたよ。

エピソード1
「出会うはずのない二人が…
  新選組 斎藤一と会津藩・松平容保」







表題が「出会うことのない二人…」

なんてあったので、どんなスゴイことがあったの?

と思いましたが、特別なことではなかったですね。






試衛館のメンバーが、浪士組に加わって

京都へ上洛するお話です。ここでは、

斎藤一は試衛館の一員として紹介されていましたよ。






京に着いた彼らが、浪士組と袂を分かち、

京都守護職の会津藩にお預かりになった話の部分です。

容保様の御前で、斎藤一と永倉新八の立合いが行われた

という有名なお話も登場しました。





ここで、ホームページにあった

「新選組の中でも最強といわれた斎藤一」という

部分が登場するわけですね。納得。






他には「一・一八の政変」とか

「池田屋騒動」での話とかでまとめられています。







エピソード2
「斎藤 隊長に就任」





幕府が衰退の一途を辿っている頃、新選組でも

伊東甲子太郎らの隊の分離があります。

そこで斎藤一は近藤らのスパイとして、

伊東らと共に新選組を離脱するのです。

そして油小路の変。






その後、鳥羽伏見の戦いが起こり、

流山の地での、近藤との離別。

赴いた会津では負傷した土方に代わり、

斎藤が新選組隊長となるというのが、

ここでのお話。






鳥羽伏見戦の話の中で

「徳用向ぬ里物図」という絵が紹介されていました。

絵の中には新選組らしいダンダラの絵や、

長州・薩摩を表している絵もありました。

なかなか面白い絵なので、もっとじっくり見てみたいです。






エピソード3
「斎藤一 最後の戦い
 貫いた“誠”とは…」





(少し戻って)白河戦の話から、

会津戦争へと話が移り、斎藤が会津の地に留まるという部分。






「谷口四郎衛日記」の紹介があり、

「会津を去ろう」という人々の意見の中、

斎藤一が「それは正義にならず…」と言ったというのが

とても印象的な場面です。






斎藤一はその後、土方らと別行動をとり、

最終的には会津の人々と共に斗南の地まで行くのですよね。

この辺りが、「松平容保様(会津藩)との絆」という話ですね。





斎藤一のご子孫(藤田家)の家に、

容保様からいただいた和歌というのが、残っているそうです。

「ふみならで よまるるものは みつふたつ

        まどに にほへる 梅のはやざき」





時尾さんとの結婚式の仲人(形式上の)に

容保様がなられたということでも、

その絆が伺えるという話でした。

一応、話の流れはこんな感じだったと思います






さて今回、各場面で出演されていたのが、

霊山歴史館の木村さん、東大名誉教授の宮地正人先生、

そして先日の勇忌で講演されていた、菊地明先生でしたよ。






今回の、斎藤一が試衛館メンバーだったという話や、

後半で出てきた明治時代の警察隊や晩年の斎藤の写真は

以前読んだ、菊地明先生の著書

「新選組組長・斉藤一」に載っていましたね。



過去記事 ⇒ 「斎藤一 晩年の写真」




1枚目の警察の集合写真(たしか西南戦争凱旋時の)は、

斎藤が写っているといわれている

けっこう有名な写真ですが、本人だという確たる証拠がないので、

今回は名前は載せてありませんでしたね。






2枚目のほうは関係者が持っていた写真で、

写真自体にも本人の部分に彼の名が書かれているそうで、

こちらは間違いなく本人のようです。

でも、ぼやけていて分かりづらいです。





彼については以前に比べて、

かなり謎の部分がわかってきたようですが、

それでもまだ不明な部分は多いみたいです。





今回の番組では彼の歴史をさらりと紹介した感じでしたが、

それでも、なかなか面白かったです

今回の番組が、斉藤をもっと深く扱う番組のできる基石となり

これからもどんどん斉藤が取り上げられるといいな、

と思います







ところで…

次回(5月8日)はなんと坂本龍馬が登場です。

「坂本龍馬 暗殺の瞬間に迫る」だそうです。





実行犯の扱う剣術から、

犯人を割り出すらしいですよ。

初公開資料も登場するようですので、

こちらも見るのが楽しみです。



今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「『新選組最強ヒーロー!斎藤一』観ました」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ご当地サイダーって知ってます? (2011/08/25)
とうかん森が伐採!? (2011/01/24)
「土方歳三資料館日記」に つい… (2007/01/23)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する