八王子千人同心を作った男

  • 2013/10/04(金) 01:10:10

以前にもこのブログでご紹介しました、

八王子市内(R16)のウェルカム看板

ウェルカム八王子



ここに登場しているのは、江戸時代に八王子代官だった

大久保長安です。






長安の業績はたくさんあります。

八王子でも浅川土手の整備の他、いろいろ行っているのですが、

今回取り上げたいのは、長安が

八王子千人同心の生みの親
だってことですよ





「八王子千人同心」は江戸時代初期、

武蔵と甲斐の国境警備の必要性を感じた長安が、

家康に警備組織の創設を申し述べ、

それが認められたことから誕生しました。






最初は旧武田家臣団を中心とした五百人の組織でしたが、

慶長4(1599)年には人員を倍に増やすことが認められ、

近在の地侍や豪農なども交えて千人隊が組織されたそうですよ。






彼らは平素は農業に従事し、いざ有事の時には

幕府の一組織として戦うというのが、その役割でありました。

1652年以降には日光東照宮を警備する

日光勤番が主な仕事ともなっていたようです。






そんな八王子千人同心の中には、幕末期

新選組に縁のある人もいました。例えば新選組隊士の中島登は

一時、千人同心に所属していたともいいますし、

井上源三郎の兄・松五郎も同心のひとりでした。






それから、土方歳三とは何かと近い間柄だった土方勇太郎も

八王子千人同心でありましたしね

天然理心流もまた、千人同心達の手で伝えられてきたのです。






そんな風に考えると、

八王子千人同心を作った大久保長安という人が、

私の中ではけっこう親しみを感じる人物に

なっていくから不思議なんですよね〜





さて、最初の看板に戻りますが、

最近看板の周辺に、新たに長安のステ看が取り付けられました。

しかも大量に!


cyouan
これはごく一部です^^;





これは何を意味するのでしょうか?

(その辺りはよくはわかりません)






じつは今年2013年は

長安の没後400年にあたるのだそうですよ。

それで長安の命日の4月25日(偶然にも近藤勇と一緒)には

「大久保長安400年帰幽祭」なども開かれたようです。






その前後にもいろいろな企画が組まれていて、

八王子ではなにかと長安がらみのイベントが

行われているようです。





長安については数年前には名前くらいしか知らなかったので、

もう少しいろいろ知りたいなって思います

時間がなくて参加は難しいのですが、

機会があればイベントにも顔を出したいと思っています。


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「八王子千人同心を作った男」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
JINが始まりました^^ (2011/04/18)
初公開の歳三書簡 (2011/04/30)
幕末の松前藩について (2007/11/08)

この記事に対するコメント

佐渡金山

大久保長安って、佐渡金山の功績の方が有名だと思いますが。八王子にもゆかりがあったですね。

長安さん

やぶひびさん、こんばんは^^

そうですね。
長安といえば、金山・銀山に深く関わっていた人ということで有名ですよね。
その長安は実は「八王子を作った男」でもあるのです。

ただ、この方の死後はあまりにも悲惨ですけどね。
知れば知るほど、奥が深いです。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する