「大久保長安と八王子」展

  • 2013/10/29(火) 00:25:22

チョッと前に、「大久保長安に関する

いろいろな企画が八王子で立てられているようだ」

というような話をさせていただきました。





もちろん長安は、活躍した時期も

新選組とは全く異なりますし、

直接関係もありません。





でも江戸時代の初期、

江戸幕府に深く関わっっていた人ですし、

八王子千人同心にも関係していました。





そして何より、八王子の町作りに尽力した方なので、

どのように関わっていたのか、とても興味がありました。

そんな理由から、長安のことが知りたくて

行ってみましたよ




平成25年度大久保長安没後四百年記念事業

「大久保長安と八王子」展

平成25年10月22日(火)〜
              11月24日(日)

           By八王子郷土資料館




大久保長安と八王子
大久保長安と八王子 posted by (C)ルンちゃん



特別展を行っているのは、

JR八王子駅南口から徒歩15分の

八王子郷土資料館です。

ルンちゃんも何かと利用させていただいている場所ですよ。

(高尾山とか新選組とか、他にもいろいろ^^)





展示は1階の特別展示室。

いつも特別展示はこちらで行っています。





今回の展示では、

八王子市内にある発給文書の他、佐渡や下田などの

長安ゆかりの地に伝えられた資料の展示も

ありました。





一番馴染みのあるのは「大久保長安像」ですね。

こちらは手のひらに乗りそうなコンパクトな坐像ですが、

何かと写真に載るので、親しみを感じます。





でもいつもは正面しか見られないので、

今回はじっくり裏面(後頭部)も見させて貰いました。

ところどころ表面が剥がれていますが、

古いものなので仕方がないのでしょうね。





今回の展示はもちろん、

大久保長安に因んだ物ですけど、

「へェ〜」とか言葉が出そうな物もありましたよ。





例えば「武蔵御嶽神社釣鐘」

青梅市にある御岳山は私も時々訪れる場所です。

(今年はふもとまで行った^^)





修験場として利用された場所で、

関東の幕府や武士からの沢山の武具が奉納されています。

じつは慶長10(1605)年に、

大久保長安が普請奉行となって、

本社を建立しているのです。





また「大久保長安制札」というのもあって、

これは高尾山の木を許可なく伐採する者を

捕らえるようにとの書状です。





これらはルンちゃんにとっては

とても身近な場所であり、

それらひとつひとつに長安が関わっていたことが、

驚きなんですよね。

(えっ?これもそうなの?っていう感じ)





長安ゆかりの展示品は、

そんなに多くはありませんでしたが、

新たな発見ができたので、よかったです




ちなみに長安関連のイベントは他にもあり、

そちらも体験してきたんですよね〜。

それは次回にお話ししますね〜


今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「「大久保長安と八王子」展」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する