長安ゆかりの史跡めぐり その1

  • 2013/11/09(土) 23:58:45


八王子にある大久保長安の史跡の一覧を、

偶然にも入手したので、先日思い切って

史跡を訪ねることにしました。







しかも「大久保長安 スタンプラリー」というのも

開催していたので、ついでに記念品もいただくつもりで

各史跡を見てまわりましたよ。

少し記事が長いので、2回にわけてお伝えしますね。







最初に訪れたのは、JR八王子駅南口から徒歩2分の

「興林寺」です。


1.興林寺


創建は天文12(1543)年と伝えられるお寺です。

駅から近いお寺で、私もよく通った場所ですが、

ここが長安ゆかりの寺だということは、知りませんでした。


興林寺
興林寺 posted by (C)ルンちゃん
この左方向に燈籠があります



こちらにはゆかりの燈籠(とうろう)があります。

長安が佐渡金山奉行を勤めていた頃に、

上杉謙信が愛用していた燈籠を手に入れたそうで、

それがこの燈籠だったようです。






長安が八王子に来た際に、

この興林寺に寄付したと伝えられています。

長安が次々に出世したことから、当時は

「出世燈籠」と呼ばれていたそうです。






でも不正疑惑により、長安の死後

大久保家がお家断絶となったことで、

お上にはばかって燈籠も竹やぶに隠され、

いつしかそのまま忘れさられてしまいました。






江戸時代末期の頃、

宿場の甲州屋伝衛門という商人が

この燈籠を見つけた際に擦ったところ、

急に運が開けたそうで、それからは

「開運燈籠」と呼ばれるようになりました。






そんなわけなので、私もその運を授かろうと、

燈籠を探してみましたよ。でも、それらしい物がない。

おかしいなぁ〜。






もう一度地図を見ながら、

「行き過ぎたかな?」と思って引き返そうとしたら、

お寺の方が家から出てこられました。そして

「燈籠ですよね」との言葉に返事をしたら、

お目当ての燈籠まで案内して下さいましたよ。

(ありがとうございました^^)




はい、こちらが燈籠です。

開運の燈籠
開運の燈籠 posted by (C)ルンちゃん
本体全部じゃなくて、一部らしい――



見た感じがあまり燈籠らしくなく、

看板もありませんでしたので、

これは姿を知らないと見逃しますね。

お寺の方がいらして、本当によかったです。





写真を撮った後は、もちろん

しっかりお擦りさせてもらってから、

お寺を退出しました。

そして次の場所へと進みます。






2.浅間神社


こちらは八王子市民の憩いの場であり、

春にはお花見、夏には花火大会のある富士森公園です。

このひとすみにあるのが浅間神社です。





ここもよく私が訪れる場所なんですよね〜。

でも神社にまではなかなか立ち寄れなくて、

じつは今回が初めてでした。

神社は森の中に、ひっそりと佇んでいます。




八王子の浅間神社
八王子の浅間神社 posted by (C)ルンちゃん
この裏手に富士塚がありますよ




ここには都内最古の富士塚があります。

富士塚は「富士講」に利用されるものです。





その昔、富士山の霊験を授かるため、

庶民は「富士詣で」というものを行いました。

でも高齢者や子供は、体力的に

富士山まで行くことは無理だったので、

その人々のために各所に富士山を真似た

「富士塚」というものができました。

ここに登ることで、富士山のご利益をいただくのです。





「富士講」は江戸時代半ば頃が一番盛況だったそうですよ。

でもこちらの塚は、それよりももっと古いのだそうです。

ちなみにこの地名「富士森」は、「富士塚のある森」

という意味でつけられたらしいです。





なるほど〜。前から

なんで「フジモリ」っていうのかと思っていましたが、

納得しましたね。






って、こうしてお話していますが、これらの話

実は、ある方々の受け売りなんですよね^^

ちょうどこの浅間神社を訪れたときに、現地にいらしていた

「大久保長安の会」の方から聞いた話です。






「大久保長安の会」とは、以前こちらでも紹介した

国道16号線沿いにある看板を設置した団体です。

長安没後400年にあたる今年、

いろいろな行事を企画して、

長安の功績を広めているそうです。






この日も長安のことを知って貰うために、

ゆかりの地各所にメンバーが待機し、訪れる人々に

史跡解説をしているとのことでした。

長安に関しての詳しいお話が聞けて、

とても勉強になりました。ありがとうございます。





「富士森公園」から5分ほどの場所には

八王子市郷土資料館があります。

ちょうどこちらでは、前回ご紹介した

大久保長安の特別展示を開催中です。





3.信松院


こちらは「八王子七福神」のひとつでもあるお寺です。

武田信玄の娘・松姫を開基とするお寺ですよ。

武田家が滅び、武田家ゆかりの姫たちを伴い、

八王子に落ち延びてきた松姫は、

この地で長安に守られ暮らします。




松姫ゆかりの信松院
松姫ゆかりの信松院 posted by (C)ルンちゃん
門前には松姫様の像が…



以前来たときに、松姫様の墓前にお参りしましたが、

今日はそちらへは参らず、お堂にてお参りして

退出します。










4.産千代稲荷神社


産千代稲荷神社は、「うぶちよいなりじんじゃ」

と読みます。じつは私も最初は読めなかった〜^^;

昔、この辺りに長安の陣屋があったそうです。

敷地は、かなり広かったみたいですね。





その陣屋内に鬼門除けの守護神として、

神社が建てられたのが、この稲荷神社ですよ。

今は、この神社に「大久保長安陣屋跡の碑」が

建てられています。





ここで今年の春、大久保長安の法要が行われたそうですよ。

こちらにも「大久保長安の会」の方が待機していて、

説明をしてくださいました。

神社内には長安が使用した井戸も残されていて、

この井戸がまた色々な意味で、貴重な資料らしいです。



続く…




今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「長安ゆかりの史跡めぐり その1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
あなたも挑戦? 大河ドラマ検定 (2008/03/03)
本当の「ラストサムライ」 (2007/02/13)
「五稜郭の赤い松」と「歳三嘆きの黒い松」 (2009/07/13)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する