あの日を新暦で換算すると?!

  • 2007/12/25(火) 13:47:52

「新選組版 今日は何の日」

の記事をアップするようになり、

この日は新暦のいつ頃になるのかな?


って、とても気になるようになりました





本当の季節はどうだったのか?

事件の時、当事者たちは

どんな風や空気を感じていたのか?


そんなことが気になるのです。





例えば、
明治元年10月20日の「榎本軍 北海道上陸の日」




吹雪の中、海がしけて「はしけ」すら思うように接舷できず、

一部の隊員は海に投げ出され命を失ったといいます。




10月の海で…?




?と思うかもしれませんが、

その日を新暦に換算すると

1868年12月3日
なんですよ。




なるほど〜って思いますよね。






ウォーキング仲間のIさんに

「なにか暦のわかる良い本はありませんか?」

とお尋ねしたとき、

教えて下さったのがこの本でした。




江戸幕末・和洋暦換算事典
釣洋一著/新人物往来社








この本の著者 釣洋一先生は

新選組研究でも有名な方で、

昭和の頃、戸籍などを調べて

隊士のご子孫や

隊士のお墓をつきとめたりした方です。

(今は個人情報保護でできない方法ですけど)





そして暦についてもご研究深く、

講演会のたびにいろいろお話されます。




この本は平安時代とか幕末とか

時代によって数冊に分かれているので、

好きな時代が買えるのがいいです。




それぞれの有名な事件についての

新暦がしっかり載っているそうですよ。




まだ実際に中身を見ていないので、

詳しいことはわかりませんけど。




私はとりあえず幕末編を購入するつもりですが、

興味があれば別の時代を買ってもいいですね。




できれば早く購入して、「今日は何の日」を

パワーアップさせたいところです。




あの○○を新暦で換算すると?!

興味は尽きないです






江戸幕末・和洋暦換算事典
釣洋一著/新人物往来社






その他の釣洋一氏 新選組本


rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「あの日を新暦で換算すると?!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
月下と花天 (2011/04/27)
探偵沖田総司? (2010/03/30)
新選組一番隊 沖田総司 (2006/11/24)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

確かに・・旧暦から新暦が簡単にわかると
季節がわかってイイですよね〜。

紹介されている本は、
時代別に売り出していて、便利ですね☆

ちなみに、旧暦→新暦に変換できるプログラムあるので
コチラを私は利用してます ↓
http://koyomi.vis.ne.jp/9reki/9rekicgi.htm

最初は、自分で作ろうっと思いましたが(笑)

大御所

釣先生はもう大御所ですよね〜。
日付で混乱するのが「命日」どっちの命日をとるかでずいぶん迷いますが、大体の慰霊祭は旧暦でも日付でやってるんじゃないですかね?
季節はイメージを膨らませるのにも大事ですよね(^^)

いいですね^^

けろっぴ姫さん いつもコメントありがとうございます。

これはなかなかいいですね。
こんなプログラムがあるなんてびっくりです。
さっそく使わせてもらいますね。
情報ありがとうございました^^

^^

味のりさん、こんばんは。

大体は旧暦の日付ですよね。
新暦で言われてもピンときませんしね。

けろっぴ姫さん紹介のプログラムは便利ですよ。
ブログ記事アップのとき、
換算することがあったら使ってみてくださいね。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する