お子様には絶対読ませ…

  • 2009/04/02(木) 13:38:59

子供の頃、誰でも1冊は

「伝記」を読んだことがありますよね




伝記とは、日本や世界の実在した人物の

おいたちから大人になって業績を遂げるまでを

物語のように叙述したものです。





大抵は偉業を成した「偉人」と呼ばれる人について

書かれるものがほとんどです。

「野口英世」や「ガリレオ」「キュリー夫人」などは

教科書にも載っているので知っている方も多いですよね。





そんな伝記のジャンルに

「勝海舟」や「坂本龍馬」が登場したとき、心密かに

「新選組のメンバーは登場しないものか」


と願っていました





確かに贔屓目にみても、

新選組は偉業を遂げたというものでもなく

勝や坂本の次に登場しそうな人物は

ゴロゴロいると思います。





でも大河ドラマにも「新選組!」が登場したのですから、

今の時代ならあってもいいのでは?

そう期待してもいいかもしれない




これがファン心理というものですよねっ!




さて私の密やかなる願いは、

その後どうなったと思いますか?




はい、こうなりました!



その名は新選組
砂田弘・著/伊藤勢・絵
ポプラ社






児童文学書で有名な「ポプラ社」様が

出版して下さいました。

広い意味での「伝記」と考えれば、

私の密かな望みも叶えられたのではと思います





やはり大河ドラマ「新選組!」放映で

新選組ブームが来たおかげといえるかもしれません。

あの時期を逃したら、たぶん出版はなかったでしょうね。





さて中身は、四章とあとがきに分かれています


第一章は「ゆれ動く日本」

多摩の少年剣士近藤勇が、

青年になって浪士隊として京都へ行く場面です。





第二章は「その名は新選組」

新選組誕生の部分です。

ここでは芹沢鴨暗殺の話も出てきますよ。





第三章は「池田屋の決闘」

もちろん池田屋事件の話です。





第四章は「新選組のさいご」

伊東甲子太郎も登場しています。

そして近藤・沖田・土方の最期の部分。





多少作り話の部分も出てきますが、

子供達に新選組のことを知ってもらうには

このくらいが丁度いいかもしれません。




漢字にはカナもふってあるので、

低学年のお子様にも充分読めます。




新選組のファンは老若男女、

幅広い層に指示されているといいます。

お母さんが土方歳三のファンだから、

といって歳三のファンになる子も多いですよ。





その子供達が大きくなって

新選組の真の姿を研究してくれる
わけです




そんな貴重な人材育成のきっかけとして、

どうぞこの本をご利用下さい。

あなたのお子様には、絶対読ませて欲しいです




その名は新選組
砂田弘・著/伊藤勢・絵
ポプラ社

じつは他にも新選組の児童本を
ポプラ社さんは出してます^^

新選組の大常識 /ポプラ社

rwn3.bana
歴史ブログ 幕末・明治維新
お楽しみ頂けましたら
青文字をクリック願います。
ブログランキング参加中!
あなたの応援が私の励みです!
                 多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「お子様には絶対読ませ…」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
太宰治のえがく新選組 (2012/11/28)
FIGHTER(ファイター) (2009/07/08)
幕末新選組拾遺帖 (2008/09/02)

この記事に対するコメント

みたみた^^

本屋でみかけましたよ、だいぶ前にwww
うちの子はこれらもすっとばしていきなり「燃えよ剣」から入りました。
でも今はぜんぜんですけどね^^;
孫には読ませようかな(笑

レキジョ

味のりさん、お久しぶりです^^

へ〜、味のりさんのお子さんは、
初めから「燃えよ剣」ですか?
さすが味のりさんのお子さんですね^^

最近では「レキジョ」なる歴史好きな女性が増えているようですね。しかも戦国時代好き。
是非、幕末好き女性も増えて欲しいですね♪

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する