バラ餓鬼のトシ!

  • 2010/04/20(火) 23:00:56


もう絶版されているコミックで、

古本屋さんでも見かけないかもしれませんけど、

もしあなたがこの本をどこかで見かけたなら、

チョッと読んで欲しいのです




バラ餓鬼(全4巻)
壬生ロビン/集英社






この本の主人公は、お題を見てもわかると思いますけど、

土方歳三
です それも15歳の、それこそ触れると

怪我をしそうなバラ餓鬼時代のトシですよ。





でも彼がそんな風になったのには、理由があるんですね。





彼は惚れた女性、

一番守りたかった彼女を救うことが出来なかった

という負い目を背負っているのです。

己の無力さを嘆き、身も心も傷つく歳三…






その歳三を一人の老人が介抱し、

彼に薬と共に希望も置いて立ち去ります。

歳三はその老人の言葉で、

誰よりも強くなろうと決意するんですね






ここでの歳三は15歳。まだ丁稚奉公をしています

また沖田宗次郎(=総司)も登場しますが、

歳三が15歳なら、宗次郎は5歳か7歳というところでしょうか。

(まだ試衛館入門前ですよ〜






全4巻ですが、1・2巻目はそんなバラガキ丸出しの

歳三が見られますよ。そして3巻からは

25歳の青年になった歳三が登場

なかなか、かっこいい♪

総司も試衛館の塾頭になっています。






一見すると、かなり大人しくなって

余裕が出てきたようにもみえますが、

心の中には熱いものを持っていて、

混血の少女を助けたり、天狗党の住処に

近藤勇や総司と一緒に乗り込んだりもしています。






そして第4巻では、思いもしなかった人との再会

読むほうも切なくなってくるようです。

(話したいけど、読む時のお楽しみということで…^^;)






試衛館には主だった剣客たちが勢ぞろいし、

いよいよ京へ…





でも4巻は、ここで終わりなんですよっ!

全4巻、面白かっただけにこの先がどうなるのか、

すごく知りたいところなんですよ。





ちなみに、作者の壬生ロビン先生、

名前に「壬生」がついてますよね。

実は新選組のいた壬生からきている

ネーミングらしいです。






ロビン先生も新選組が大好きで、

新選組の漫画が描きたくて、

漫画家になったそうですよ。





ということは、この「バラ餓鬼」を

絶対このままにはしておかないはず…

いつの日か、この先のお話を描いてくれると信じて

ひたすら待つといたしましょう


第1巻の表紙はこんなですよ^^


新刊は無理でも、古本ならまだ手に入るようです。 
 【中古】【古本】バラ餓鬼 第1部・完結セット(全4巻)/壬生ロビン



今日の記事はいかがでしたか?
「今日読んだよ、面白かったよ、役に立ったよ」の印に
応援クリックを頂けますと私の励みになります。

⇒ 歴史ブログ 幕末・明治維新

クリックをたくさん頂いた記事を、
今後の記事アップの参考にして、
もっと楽しい記事を作っていきたいです^^
 
                多摩人(たまびと)漫遊記 トップページに戻る

「バラ餓鬼のトシ!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
歳三 梅いちりん (2009/07/18)
天まであがれ! (2007/09/10)
北走新選組 (2007/03/27)

この記事に対するコメント

新選組のコミックス

こんばんは。
長い間新選組に興味をもっていながら新選組関連コミックスを一つも読んでいませんでした。我ながらビックリです。 白土三平さんのカムイやサスケを読んだ頃に、白土さんが土方歳三を描いたらサスケやカムイのようになるのかな?とイメージしたしたことはありましたが…。
中学入学以降テレビや漫画、劇画から離れてしまったことを痛感しています。
機会があったら読んでみたいですね。

新選組コミック

允@遊撃隊さん、こんばんは^^

コミックの中にも、新選組を題材にしたお話は沢山あります。
その中には名作もありますよ。
機会があったら是非読んでみて下さいね。

白土三平さんが描く新選組、あったら面白いですね。
手塚治虫先生など、有名な漫画家さんも新選組を描いていますよね。
これからもいろいろな漫画家さんの描く新選組を見てみたいです^^

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する